1ヶ月ではげるなんてある?急に禿げたときの原因と対処方法

急激に禿げたと感じた場合、考えられる原因は複数あります。はげは少しずつ進行していくパターンだけでなく、1ヶ月の短い期間でも急にはげることもあります。

ですが、急にハゲたと感じている時点で以前よりも薄毛になっている可能性が高いです。

AGA(男性型脱毛症)を発症していれば、病院で治療を行わないとハゲは進行していきます。AGAでなければ、育毛剤などでセルフケアを開始してください。

まだ何も対策を開始していないのなら、適切な対策を行うためにも自分がAGAであるかどうかを判断していきましょう。

自分がAGAであるかを知るメリットとして

  • 早くケアを開始するほど効果も出やすい
  • 自分にあった薄毛対策を選べる
  • オンラインで無料カウンセリングから気軽に相談できる

があります。ですから

  • 急にはげたと自覚している
  • 昔よりも抜け毛が増えたと感じている
  • このままのスピードでハゲていくのかと不安

と悩んでいるのなら、まずはAGAであるかを専門の医師から判断してもらいましょう。

1ヶ月でハゲたと感じている時点で、薄毛になっているサインです。自分で感じたサインを見逃さず、今から対策を行っていきましょう。

\1ヶ月ではげたと感じたのなら行動を開始!/

※AGAであるかどうかで薄毛対策も変わってきます

 

急に禿げたときに考えられる5つの原因

  1. 円形脱毛症などの病気
  2. ストレス
  3. 過激なダイエット
  4. 勘違いと気にしすぎ
  5. AGA(男性型脱毛症)の発症

1.円形脱毛症などの病気

  • 髪の毛がゴソッと急に抜けた
  • 一箇所だけが抜けている
  • 頭皮に赤みなどのトラブルがある

など、あきらかに髪の毛の抜け方がおかしい場合は、円形脱毛症などの病気の可能性があります。早めに病院を受診をし医師からの診断を受けましょう。

2.ストレス

過度なストレスを感じると自立神経に乱れが生じ血行が悪くなります。頭皮の血行が悪くなると髪の成長に悪影響を及ぼします。

さらにストレスにより、ホルモンバランスが崩れることでも薄毛が進行する可能性があります。

すべてのストレスを回避することは難しいですが、気分をリフレッシュできる方法を見つけていきましょう。

3.過激なダイエット

過激な食事制限によるダイエットは、体だけでなく髪の毛も栄養不足に陥ります。髪に十分な栄養が行き渡らないと、髪を成長させることができず細くなり、簡単に抜け落ちてしまいます。

ダイエット中であっても、栄養バランスを考えて食事を摂っていきましょう。

4.勘違いと気にしすぎ

今までは気にしていなかった薄毛を、周りに指摘されたなどのキッカケから「ハゲている」と思い込みすぎている人も多いです。

髪の毛は平均で1日に100本抜けるとされています。単純に100本以内ならOKとは言えませんが、まずは自分の抜け毛の量を確認してみましょう。

抜け毛の量が少なく、以前から変わらなければ気にしすぎであることが多いです。薄毛の量に問題がなければ、セルフケアでの薄毛対策を行っていきましょう。

5.AGA(男性型脱毛症)を発症した

AGA(男性型脱毛症)を発症すると、髪が細くなり抜け毛の量が増えていきます。AGAは進行性なので、少しずつハゲていくパターンが多いですが、急激にハゲる場合もあります。

症状の出方は、

  • 年齢
  • 喫煙している人
  • 脂っこい食事が好きな人
  • 睡眠不足気味の人
  • ストレスを感じている人
  • 遺伝

などで違ってきます。

自分が急激にハゲた原因がAGAなのかを知ることが大事です。ですが、AGAの発症の基準に明確に決まりがなく自己判断では難しいのが現状です。

間違った判断をしては薄毛が進行する危険性がありますから、正確に判断するためにも薄毛専門の医師から判断してもらいましょう。

今ではオンラインで無料カウンセリングを受けられるクリニックもありますので、まずは気楽に医師に自分の髪の状態を相談してください。

AGAへの対策に関しては後述する【AGAであればクリニックでの治療を開始】もご参考になさってください。

急に薄毛になったときにチェックすべきポイント

急にハゲたときは、自分の状態が異常であるのかをチェックしていきましょう。

頭皮の状態から病気であるかをチェック

  • 一部分だけハゲている
  • 頭皮に炎症などのトラブルがある

上記の場合は、病気の可能性がありますので皮膚科など病院を受診しましょう。

抜け毛の状態からハゲかどうかをチェック

自分がハゲかどうかは、抜け毛の状態が細くて短くないかを確認してください。

細くて短い毛が抜けているのであれば、薄毛の症状により太く長く成長できずに抜けてしまっていると考えられハゲの傾向があると言えます。

さらに毛根の色が白っぽくなく、形も丸みがなく細い・いびつであれば、なお注意が必要です。毛根自体が栄養不足に陥り、髪に十分に栄養を運べていない可能性が高いです。

抜け毛の状態からハゲの傾向があるのならば、自分がAGAを発症していないかを判断していきましょう。

1ヶ月ではげる…と急に禿げたときの対策方法

1ヶ月で急にはげることは普通にありえます。ですが、原因は複数あるので自分がはげた理由を判断しないと適切な対策ができません。

あきらかに髪がごそっと抜けている、抜け毛の量が異常ならば病院を受診してください。そうでなければ、対策方法はAGAを発症しているのかどうかで変わってきます。

AGAでなければ育毛剤などのセルフケアで対策、AGAであればクリニックで治療を開始しましょう。

どんな対策を選ぶにしろ、何もしないで放置しているとハゲが進行する可能性は高いですので早期に行動を開始しましょう。

AGAでなければセルフケアで薄毛対策

急にはげた原因がAGAでなければ、セルフケアでの対策を行っていきましょう。

  • 生活習慣の見直し
  • シャンプーの変更
  • 育毛剤の使用

が主な方法となります。

生活習慣の見直し

偏った食事や、睡眠不足など生活習慣の改善を行いましょう。

脂質の多い食事は皮脂を増やし抜け毛の原因となります。髪の成長に必要なホルモンは睡眠中に分泌されますので、最適でも6時間は寝るようにしましょう。

生活習慣が原因で薄毛となっている場合、改善しないと薄毛の進行は止まりません。まずは自分ができる範囲からでも、生活習慣を見直していってください。

シャンプーの変更

薬局などで売っている一般的なシャンプーだと洗浄力が高すぎるものが多いです。洗浄力が高すぎると汚れだけでなく、必要な皮脂まで洗い流し頭皮が乾燥してしまいます。

頭皮の乾燥が続くと抜け毛の原因ともなりますので、薄毛対策としては不向きと言えます。薄毛対策としてシャンプーを選ぶのなら、頭皮優しく保湿しながら洗浄できるアミノ酸系のシャンプーがおすすめです。

特にアミノ酸シャンプーの中でも育毛系シャンプーを選ぶと、より薄毛対策に繋がります。シャンプーを変更するだけですので、手軽に行える薄毛対策です。

しかし、シャンプーだけで完璧な薄毛対策ができるのではなく、あくまでも頭皮環境を整え、髪が育ちやすい土台作りができると考えてください。

育毛剤の使用

生活習慣の見直しやシャンプーの変更で髪が育つ環境が整えば、加えて育毛剤を使用することでより効果的に髪を育てることができます。

育毛剤は、

  • フケや痒みを抑えるタイプ
  • 頭皮環境を整えるタイプ
  • 育毛に特化したタイプ

などに分かれています。

薄毛対策に使うのであれば、育毛に特化した育毛剤を選んで使っていきましょう。

AGAであればクリニックでの治療を開始

薄毛の原因がAGAであれば、セルフケアで進行を遅らせることはできても完治はできません。AGAは進行性の脱毛症ですので、クリニックなどで治療を行わないと薄毛は進行していきます。

クリニックでは医師の判断のもと、自分の症状にあった治療法が行われますので薄毛への効果も高いです。

クリニックの治療のデメリットもある

保険適用外になるため金銭的負担がある程度かかること、通院に時間が取られれることのデメリットもあります。

しかし、薄毛の初期段階で治療を開始すれば効果も発揮されやすく、薬の量も少なくなるため治療費も抑えられます。将来ハゲてしまってから治療を開始すると、治療費も高くなってしまいます。

また、最近ではオンラインで治療ができるクリニックもありますので、自分の隙間時間に診察を受けることも可能です。オンライン診察のメリットは、全国どこに住んでいても高レベルの治療を受けられる点です。

自分がAGAを発症しているかの判断が大事

本気で「ハゲたくない」と思っている人こそ、クリニックでの治療を検討していきましょう。そのためにも、まずは自分がAGAであるかどうかの判断から行わないといけません。

診断の結果、AGAでなければセルフケアで薄毛対策を行い、AGAであればクリニックでの治療を開始しましょう。

\急にはげたと感じている人へ/

※自分がAGAであるかを知ることが大事です

 

急に禿げた原因を知ることで有効な対策ができる

1ヶ月で急にはげる原因や急激に禿げる原因は複数あります。明らかに病気の可能性が高いのなら、早めに皮膚科なりを受診しましょう。

病気ではないとはいえ「1ヶ月でハゲた」と感じたのは、自分の髪に何かしらの変化を感じたからでしょう。まだ大丈夫と何もしないでいると、ある時気がついたら本当にハゲていたという状態にもなりかねません。

はげた原因がAGAであるかどうかで行うべき対策も変わってきます。病気の可能性がなく、AGAも発症していないのであれば、まずは育毛剤などでセルフケアを開始しましょう。

AGAであれば育毛剤などのセルフケアでは改善は難しく、クリニックで治療を開始しないと薄毛は進行していきます。

自分にあった薄毛対策をおこなうためにも、まずは自分がAGAであるかどうかを適切に判断していってください。

タイトルとURLをコピーしました