はげの予兆をおでこから見分ける方法

はげの予兆をおでこから判断し見分ける方法などを解説しています。

はげの予兆【おでこ編】

はげの予兆はおでこからもわかります。

昔と比べて、おでこが少しづつ広くなる、左右の生え際がM字型に剃り込んでくるなどがあれば、はげの予兆と言えます。

はげの予兆を感じたら早期に薄毛対策を開始しないと、頭頂部までハゲが進行する可能性もあります。

このまま進行すると頭頂部まで薄毛が広がる恐れがあるため、早めの薄毛対策を心がけましょう。

少しずつおでこが広くなる

おでこが少しづつ広くなり、生え際が後退しているのならはげの予兆です。

男性に多く見られる薄毛の原因であるAGA(男性型脱毛症)は生え際にハゲの症状が出やすい特徴があります。

進行スピードには個人差はありますが、少しずつ緩やかに進行するのが一般的なため、自分では気が付きにくい予兆であるとも言えます。

生え際の髪が細い

後頭部などの髪に比べて、生え際の髪が細い場合は、ハゲの予兆であると言えます。

以前よりも細く柔らかく髪質が変化しているのであれば、ハゲの症状により髪が細くなったと考えられます。

ハゲの症状によって、髪に栄養が行き渡らず太く成長できないため髪が細くなります。

前髪がスカスカになってくる

以前と同じヘアスタイルをしているのに、前髪が透けて頭皮が見えるようになった場合もハゲの予兆と言えます。

ハゲの症状により髪が細くなり、前髪がスカスカに透けるのようになったためです。

髪が細くなるとコシもなくなり髪質も柔らかくなるため、ヘアスタイルがしづらくなる特徴もあります。

以前と比べてヘアスタイルに時間がかかるようになった、髪型を整えてもキープできなくなった場合もハゲ予兆である可能性があります。

はげの予兆がおでこから起こる原因

  • 生活リズムに乱れがある
  • 歳を取ると誰しも禿げやすくなる
  • AGA(男性型脱毛症)の発症

生活リズムに乱れがある

髪には直接影響はないと思われがちな生活環境ですが、実は薄毛の原因となっています。

食生活の乱れ・睡眠不足・ストレスなどが慢性的にあると、髪にも悪影響がでてしまい抜け毛の増加や、おでこの後退などを見られます。

髪の成長ホルモンの分泌に関係する睡眠や、自律神経が乱れることで影響がでやすいストレスが、長期間にわたりあると、おでこがハゲていく原因ともなります。

歳を取ると誰しも禿げやすくなる

歳を取るとに髪は細くなっていく傾向がありますので、年齢が上がるたびにおでこもハゲやすくなります。

髪に十分な栄養を運べていない・成長サイクルに乱れが生じるなどの理由から、髪が細くなっていきます。

細い髪は刺激に弱くなり簡単に抜け落ちてしまい薄毛が加速します。

男性であれば、20代から髪が細くなっていきますので、ハゲたくないのであれば若いうちから頭皮ケアなどの薄毛対策が必要です。

AGA(男性型脱毛症)の発症

AGA(男性型脱毛症)を発症すると、髪は細くなり抜け毛が増えハゲが進行していきます。

AGAの場合、前髪部分・つむじ周辺に症状が出やすい特徴ありますので、おでこにハゲの予兆を感じているのであれば、AGAの発症も疑われます。

AGAは思春期以降の男性であれば、誰でも発症する可能性のある脱毛症です。

AGAであった場合は、セルフケアでの改善は難しく、症状の改善のためにはクリックなどで治療を行なわないといけません。

予兆を感じたときのすべき対策

  • 睡眠時間の確保とストレス発散
  • 加齢ならセルフケアで髪をキープする
  • AGAならば治療しないとおでこハゲは進む

睡眠時間の確保とストレス発散

髪の成長ホルモンは就寝中に分泌されますので、睡眠不足が続くと成長ホルモンの分泌が減少し髪が育ちにくくなります。

おでこの髪が産毛のまま成長しないと感じているのは、成長ホルモンが影響しているとも考えられます。

成長ホルモンは就寝後、約6時間は分泌され続けますので、最低でも6時間は睡眠時間を取るようにしましょう。

また、ストレスを感じると自律神経が乱れがちとなり頭皮の血行が悪くなることで、髪の成長にも悪影響を及ぼします。

さらにストレスから不眠に陥ったり、精神的な病気にもなると新たな薄毛の原因を作り出すこともあります。

全てのストレスをなくすのは難しいですが、気分がリフレッシュできることを見つけてストレス発散につなげていきましょう。

加齢ならセルフケアで髪をキープする

加齢によって年々髪が細くなっていきますから、何も対策をしないでいるとおでこは広く後退していきます。

「年齢だから」と諦めるのではなく、髪を育て守っていくセルフケアを開始しましょう。

髪が育つ土台がないと髪は十分に育たたないため、まずは頭皮環境を改善していきましょう。

頭皮マッサージをして頭皮の血行を改善する、シャンプーを変更して髪が育ちやすい環境作りをする、育毛剤を使用してハゲ予防を行うなどのセルフケアがあります。

自分が取り組みやすいところから、ハゲないためのセルフケアを開始していきましょう。

AGAならば治療しないとおでこハゲは進む

  • おでこからハゲの予兆を感じている
  • おでこが広くなってきた
  • 生え際の毛が細くて柔らかい

という方であれば、すでにAGAを発症している可能性があるため、早期にうちに薄毛専門のクリニックでAGA発症の判断をおこないましょう。

AGAは生え際、つまりおでこにハゲの症状がでやすい特徴があるためです。

AGAの発症の有無をを早期のうちに行うメリットとしては

  • おでこはげは早期に対策をするほど回復が期待できる
  • ハゲが進むほどに回復が困難になる
  • 自分のおでこの症状にあわせた医学的根拠のある治療ができる

などがあります。

育毛剤などのセルフケアでは、すでに広くなったおでこを発毛により狭くすることはできませんが、AGA治療では発毛効果のある治療が可能です。

ですので、あなたが

  • おでこが後退してきてハゲないか不安
  • 昔よりも明らかにおでこが広くっている
  • でも、ハゲたくない

と悩んでいるのなら、放置していてもおでこの後退は止められず、むしろ広くなる可能性が高いですので、早々にAGAの発症の有無を判断していきましょう。

AGAであるかどうかに明確な基準はありませんので、正確に判断するためにも最終判断は薄毛専門の医師から判断してもらってください。

今ではオンラインからでも診察が可能なクリニックもありますので、まずは気楽に自分のおでこの状態を相談することから始めていきましょう。

AGAが原因ならばセルフケアでは改善はできません

※おでこの広さが気にならない人は相談する必要はありません

 

はげの予兆をおでこから見分ける方法・まとめ

  • 少しずつおでこが広くなる
  • 生え際の髪が細い
  • 前髪がスカスカになってくる

などをおでこから感じているのであれば、はげの予兆といえます。

はげる原因は生活環境の乱れや、加齢によるものなど多くありますが、男性であればAGAの発症も疑われます。

AGAによるハゲの症状は、おでこやつむじ周辺に出ることが多く、すでにおでこからハゲの予兆が見られるのであれば、すでにAGAを発症している可能性もあります。

まずは自分のおでこの状況を冷静に判断し、ハゲなのかそうでないのかを正確に見分けていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました