ハゲやすい髪質はあるにはある。しかもハゲると目立ちやすいデメリット

ハゲやすい髪質や、ハゲに見られやすい髪質などについて解説しています。

ハゲやすい髪質はない

髪が柔らかい軟毛、細くて柔らかい猫っ毛、くせ毛、剛毛など多くの髪質がありますが、ハゲになりやすい髪質はありません。

ハゲになると目立ちやすい髪質はあります。例えば、剛毛の人と軟毛の人が同じ本数の抜け毛があったとしたら、軟毛の人の方がハゲて見えやすいです。

ハゲに見られやすいため「髪質によってはハゲる」とのイメージが定着していると考えられます。

ハゲに見られやすい髪質はある

ハゲになりやすい髪質はありませんが、ハゲに見られやすい髪質はあります。特に軟毛・猫っ毛・一部のくせ毛の人は、ハゲに見られやすい傾向があります。

軟毛の場合

髪が柔らかい軟毛だと、髪がぺたんこになりやすくボリュームが出しにくくなります。

同じ髪の本数であっても一般的な髪質の人よりも、ボリュームがないため、ほんの少し抜け毛がでるだけでハゲているように見えます。

猫っ毛の場合

髪が細くて柔らかい猫っ毛だと、抜け毛が増えると地肌が目立ちやすくなります。

頭皮が透けて見えると、毛がスカスカ状態になりハゲているように見えます。

髪が濡れると地肌が見えやすくなる・光の下で頭皮が透けるなどの状態になると、ますますハゲに見られてしまいます。

くせ毛の場合

くせ毛の種類によっては、地肌が見えやすくなる、ボリュームが出せない、髪が束になりやすいなどの理由から薄毛に見えることもあります。

以前と髪質に変化があったらハゲる可能性あり

以前は剛毛だったのに、急に髪質が細く柔らかく変化したのなら、薄毛のサインの場合もあります。

特に思春期以降、大人になってから髪質が変化した場合は、すでに薄毛、つまりAGA(男性型脱毛症)になっている可能性もあります。

AGAでなくとも、年齢とともに髪は少しづつ細くなっていきます。自分の髪質に変化を感じているのなら、薄毛対策を行っていきましょう。

加齢による変化であれ、AGAであれ、何も対策を行わないと髪はどんどん細くなっていきます。細い髪は、刺激に弱く簡単に抜け落ちてしまうため、抜け毛の本数が増えていきハゲが進行していきます。

髪質が変わる時期については下記の記事も参考になさってください。

髪質が変わる時期は人生で3回!年齢に応じた対処方法
髪質が変わる時期について解説しています。年齢に応じた対応策などを知ってケアを始めていきましょう。

髪質が変化したときの対策

  • 生活習慣の見直しが大事
  • 頭皮環境の改善
  • AGAならば治療を開始

生活習慣の見直しが大事

生活習慣を見直し改善させることでも薄毛対策なります。脂質の多い食生活、睡眠不足、喫煙、ストレスなどは、髪を細くする原因です。

育毛剤などで薄毛対策をしたとしても、生活面の改善ができていないと原因部分が残ったままとなるため、薄毛も改善されません。

全ての生活面を改善させることは難しいですが、できる点からでも始めていきましょう。

特に髪の成長ホルモンは寝ているときに分泌されますので、最低でも6時間は睡眠時間を確保してください。

頭皮環境の改善で髪を育てていく

頭皮の環境を改善して、髪を育てる土台作りをしていきましょう。頭皮が健康でなければ、髪も太く育つことはできません。

簡単な方法としては、シャンプーの見直しや、育毛剤の使用などのセルフケアがあります。

一般的なシャンプーを使っているのであれば、頭皮に負担なく洗髪でき、なおかつ髪を育てる成分が配合されたアミノ酸系の育毛シャンプーなどを選んでください。

加えて育毛剤を使用すると、丈夫に簡単に抜けない毛を育てる手助けになります。

AGAならば治療を開始しないと症状は進む

AGAは進行性の脱毛症ですので、治療を開始しないと髪は細くなり続け薄毛の症状は進行していきます。

シャンプーの変更などのセルフケアでの対策では、症状を抑えることはできても改善はできません。

AGAの治療には個人の症状に合わせた薬を用いますので、薄毛対策としての効果も高いのが特徴です。

まずはAGAの発症を判断する

AGAの治療を開始する前に、自分がAGAを発症しているのかを判断していきましょう。

髪質が以前よりも細く柔らかくなっているのならば、AGAを発症している可能性があります。

ただし、AGAの発症には明確な基準がないため自己判断は難しいのも現状です。正確に判断するには、薄毛専門の医師から診断を受けることが最も確実であり正確です。

AGAでなければセルフケアで薄毛対策を行い、AGAであれば治療を開始していきましょう。

今ではオンラインからでも無料相談ができるクリニックもありますので、まずは気楽に医師に自分の髪の状態を相談してみてください。

\以前よりも髪質が変化してハゲの傾向がある人へ/

※まずは自分がAGAであるかを知るのが大事です

 

禿げる髪質はないがハゲには見られやすい

ハゲになりやすい髪質はありませんが、ハゲに見られやすい髪質はあります。

軟毛や猫っ毛の人は、少し抜け毛が増えただけでも、普通の髪質の人と比べてハゲに見られやすいです。

また、昔の髪質から、細くて柔らかい髪質に変化した人は薄毛の傾向があります。男性であれば、すでにAGAを発症していることもありすので、早期に対策を開始しないといけません。

自分が取るべき薄毛対策を知るためにも、まずは自分がAGAを発症しているのかどうかを判断していきましょう。

AGAであればクリックなどで治療を開始し、AGAでなければセルフケアで対策を開始してください。

タイトルとURLをコピーしました