おでこはげの基準。俺は広いだけ?それともハゲなのかを確認

おでこはげがどうかの明確な基準はありません。おでこの広さだけでは判断できませんし、してはいけません。

おでこ周辺の髪の状態、抜け毛の状態が、細く短ければ要注意です。おでこはげになっている可能性があります。

おでこはげの兆候にあてはまるのならば、育毛剤でのケアを開始しましょう。

  • 生え際の細い髪を強く育てることができる
  • 頭皮環境を改善し抜け毛を予防できる
  • 誰にもバレずにケアを開始できる

などのメリットが育毛剤にはあります。ですから

  • おでこがどんどん広くなっている
  • 髪質が細くなってきた
  • ハゲになるのだけは避けたい
  • と悩んでいるのなら、育毛剤でのケアを開始しましょう。悩んで放置していてもおでこはげが改善されることはありません。

    まだ育毛剤でのケアができるうちに、おでこはげ対策を行っていきましょう。

    \おでこの広さが気になったらケア開始/

    ※おでこを今以上に広くしないためにも、まずはできるケアから!

     

    おでこはげの基準。総合的に判断するのが大事

    おでこはげには明確な基準はありません。目安の判断方法としては、眉毛の上から生え際までの広さが7センチ以上あれば要注意とされています。

    または、眉毛の上から生え際まで指が4本以内に収まれば、おでこはげでないとされています。

    ですが、生まれつきおでこが広い人もいますので、確実な判断基準とはなりません。おでこが7センチ以上ある人でもハゲではない人も多いです。

    おでこの広さではなく、生え際の髪の状態からはげかどうかを判断していきましょう。

    以前と比べてのおでこの広さ

    おでこの広さが前よりもあきらかに広くなっている場合も要注意です。生え際が後退し、おでこが広くなっていると考えられます。

    大事なのは自分の直感や感覚で「広くなった」と判断しないことです。自己判断で決めつけるはよくありません。

    生え際の髪の状態から判断しよう

    生え際の髪が他の部分と比べて細くないか、短くないかをチェックします。

    髪がしっかりとコシがあり太い場合は心配することはありません。しっかりと成長している髪が生えている証拠です。

    逆に髪が細く短い場合は、髪が成長できずに細くなり長くなれない毛である可能性があります。髪質も柔らかくなっているのならハゲになっている可能性があります。

    抜け毛の状態からも判断できる

    抜け毛をチェックし、細い毛や短い毛が抜けていたら薄毛になっている可能性があります。

    細い毛は太く育ちきれていない毛、また短い毛は本来ならまだ寿命があるはずなのに長くなる前に抜けてしまっている毛です。

    どちらの場合も髪の栄養不足が原因として考えられます。薄毛によって髪にうまく栄養を運べていないため、抜け毛が細く短くなっています。

    おでこはげの兆候があれば今すぐにケアを開始

    おでこはげの基準にあてはまるのなら、放置はせずに今すぐにでもケアを開始しましょう。早いスピードでおでこが広くなっているのであれば、薄毛専門の病院での治療が効果的です。

    病院に通うのに抵抗がある人や、おでこが広くなってきたと感じ始めたばかりの人は、育毛剤でのケアもあります。

    育毛剤は毛を丈夫に育て抜け毛の予防をしてくれます。生え際だけでなく、髪全体をケアできるのも特徴です。

    頭皮は1枚でつながっていますから、おでこだけを対策するのではなく頭皮全体からケアをしていきましょう。

    放置していてもおでこの広さが狭くなることはありませんから、早めに対策を行っていかないといけません。

    あなたのおでこをチラチラ見ながら話されてしまう

    おでこをそのままにしておくと・・・・

    • 生え際がどんどん後退し抜け毛の量が増加する
    • 会社の女性職員からおでこをチラチラ見られ集中できない
    • おでこが広くハゲた見た目では女性からモテず彼女ができない

    何も対策をしないで放置していると、どんどんおでこが広くなっていきます。

    人と対面で話すと、あなたのおでこに視線を感じるようになり「自分のハゲの部分を見られている」と感じるようになるでしょう。

    おでこが濡れてもハゲを気にする必要がなくなる

    育毛剤を利用すると得られる未来・・・

    • 女性に好まれるヘアスタイルができファッションも楽しめる
    • 見た目も好印象になり取引先とも積極的に交渉できる
    • おでこはげを気にすることなくマリンレジャーやプールを楽しめる

    髪が濡れるとおでこはげも目立ってしまいますが、おでこはげが改善されると、髪が濡れることを気にすることなくレジャーを楽しめます。

    すでにハゲたおでこからは毛は生えないが抜け毛は予防できる

    育毛剤にもデメリットはあります

    • どんな状態の薄毛にも効果があるわけではない
    • 直接的な発毛の効果はない

    絶対におでこはげが改善される?

    育毛剤を使っても必ずおでこはげが改善されるとはいえません。効果の出方には個人差がありますので、絶対に効くとは言える育毛剤は存在しません。

    ですが、育毛剤には多くの種類があります。抜け毛の予防に特化したタイプや、頭皮の環境を改善することに特化したタイプなどがあります。

    自分の悩みに特化した育毛剤を選んで使っていけば、効果も期待できます。

    ハゲたところからも毛が生える?

    育毛剤は、おでこはげになってしまったところから毛を生やす効果はありません。頭皮の環境を改善し、毛を丈夫に育て、抜け毛を予防するのが育毛剤の効果です。

    ハゲてしまったところから毛を生やすことはできませんが、抜け毛の防止、毛を太くすることでボリュームアップします。

    初めて薄毛対策をするには育毛剤はあらゆる面でピッタリ

    あなたが育毛剤を使用するメリット

    • 始めての薄毛対策としては育毛剤がやりやすい
    • 将来のハゲることへ予防的にケアできる
    • 頭皮環境が良くなり髪が育ちやすくなる

    育毛剤はサッと頭皮に付けるだけの簡単なケア、薬局や通販で気軽に購入できる手軽さ、薬でないことでの安心感などから、薄毛対策を初めて行う人には最適なアイテムです。

    おでこはげの明確な基準はないからこそ早めの対策が大事

    おでこはげかどうかを判断する明確な基準はなく、広さだけでは判断できません。

    生え際の髪の状態が細いくないか、抜け毛の状態が短く細い毛でないか、以前と比べておでこが広くなっていないかなど、総合的に判断しないといけません。

    もしあなたにおでこはげの兆候があるのなら、今すぐにでも対策を始めないと、どんどんおでこが広くなってしまいます。

    おでこはげになるスピードが早く、抜け毛の量も多いのであれば、一度薄毛専門の病院へ受診することがおすすめです。

    まだ「おでこはげかな?」と悩む程度ならば、とりあえずは育毛剤でのケアを開始しましょう。

    育毛剤ならば、髪を丈夫に育て抜け毛を予防する効果があります。生え際の髪の毛を長く育てることができれば、おでこはげの改善に繋がります。

    まだ大丈夫と放置しておいても、自然とおでこか狭くなったりはしません。自分がおでこはげかもしれないと悩んだときから、育毛剤での対策を始めていきましょう。

    \おでこの広さが気になったらケア開始/

    ※おでこを今以上に広くしないためにも、まずはできるケアから!

     

    タイトルとURLをコピーしました