髪が生える前兆とハゲる前兆を間違えない!かゆい場合はどちらのパターン?!

髪が生える前兆としては、頭皮のかゆみ、産毛が生えてくる、初期脱毛などがあります。あなたが何かしらの薄毛対策をしているのならて、対策の効果が発揮されている証拠であり何の問題もありません。

一方、

  • ずっと頭がかゆい
  • 薄毛対策をしていないのに産毛が増えた
  • 頭皮が透けて目立つことがある

という男性の方で何の薄毛対策もしていないのに、常に頭がかゆい状態であり、且つ薄毛の傾向を感じているのであれば、すでにAGA(男性型脱毛症)を発症している可能性があります。

実は生える前兆とハゲる前兆は似ているものが多く、正確に判断するのが難しく正しく判断したいのであれば、薄毛専門のクリニックで診断を受けるのが正確です。

早期のうちにハゲの確認をしておくメリットとしては、

  • 早期に対策を開始するほど効果も発揮されやすい
  • 医学的根拠のある治療を受けられる
  • 自分の症状に合わせたAGA治療ができる

などがあります。

ですので、あなたが

  • 頭がかゆく抜け毛も増えた
  • 周りからハゲだと思われたくない
  • でも、ハゲたくない

と悩んでいるのであれは、今の段階でAGA発症の有無を調べていき、生える前兆なのかハゲる前兆なのかを判断していきましょう。

判断を間違えてしまうとハゲが進行する可能性もありますので、早期に対策に動き出してください。

まずは薄毛専門のクリニックの医師に、自分の髪の状態を確認することから始めていきましょう。

\ずっと頭にかゆみがあり薄毛の傾向もある人へ/

※ハゲの傾向がない人は確認する必要はありません

 

髪が生える前兆を見逃さないで

  1. 頭皮のかゆみ
  2. 初期脱毛
  3. 産毛の増加

髪が生える前兆で「かゆい」と感じる

薄毛対策をした結果、頭皮の血行が良くなると痒みがでることがあります。

薄毛対策の結果、髪が生えるときに痒みがでているのであれば、問題はありません。髪が生えてしまえば痒みも治まっていきます。

痒みを覚えるの感覚は様々あり、むずむずとした感覚の人や、ちくちくとした痒みを感じる人もいます。

血行が良くなった結果、頭皮の乾燥が進み痒みを生じている場合もあります。頭皮の乾燥は、抜け毛の原因ともなりますので、頭皮の保湿もしっかりと行っていきましょう。

薄毛対策をしていないのに、かゆみがある場合は薄毛の前兆としてのかゆみである可能性があります。

初期脱毛の場合なら抜け毛が一時的に増える

AGAの治療や育毛剤を使用し始めのころは、一時的に抜け毛が増えることがあります。薄毛対策を行っているのに抜け毛が増えると「むしろハゲが加速した?」「使っている育毛剤のせい?」と不安にもなります。

育毛剤などの効果で、頭皮環境が整い新しい髪が内部で生成されたため、古くなった髪が抜けている現象と考えられます。

頭皮のかぶれなどのトラブルが見られない限り、好転反応と信じてケアを続けていきましょう。

ケアを始めて1~3ヶ月は初期脱毛が起こるとされています。3ヶ月以上、初期脱毛が続くようならば他の原因で抜けていると考えてください。

産毛が生えてくる

薄毛対策を行って3~6ヶ月立つと産毛が増えてきます。髪の毛が生えるにはサイクルがあり、抜けた毛が生えるまでには約3ヶ月かかります。

生え際や、薄くなってきた部分だけでなく、自分では気が付かない部分でも産毛が増えてきて、結果髪全体でボリューム感が出てきます。

薄毛対策していないのに産毛が増えたり、いつまでも産毛のまま伸びないときは、逆に薄毛の傾向があるかもしれません。

髪が生える前兆かハゲる前兆かの見極めが大事

髪が生える前兆は、ハゲる前兆と同じ症状であるものも多いです。

例えば、頭皮のかゆみや、産毛の増加は、生える前兆のサイン・ハゲる前兆のサインである場合があります。

自分の症状が髪が生える前兆だと思い込み放置していると、ハゲが進行することも考えられますから、髪が生えるサインなのかハゲるサインなのかを見極めないといけません。

「かゆみ」での見分け方

自分のかゆみが、生える前兆なのか、ハゲる前兆なのかの見分け方としては

  • 頭皮に炎症がないか
  • フケが出ていないか
  • 髪がベタついていないか

などがあります。

髪が生えるときにかゆみが起こる場合は、頭皮も白っぽい健康的な色をしており炎症などない状態です。

逆にハゲる前兆としてかゆみが起こる場合は、頭皮に炎症などがあり、頭皮の色も赤っぽい色をしていることが多いです。

また、フケが出ている状態・髪がベタ付いている状態でもかゆみが生じやすいです。

生える前兆と勘違いしていたらハゲが進行する場合もある

例えば産毛がたくさん生えてきた場合は、ハゲの症状であることもあります。

産毛が生えてきたからと安心していると、ハゲの症状により産毛のまま成長せできずにいる毛であったということもあります。

髪が生える前兆なのか、ハゲる前兆なのかの判断は難しいのも現状です。

自分が何かしらの薄毛対策をしていて産毛が生えてきたのなら、対策の効果がでてきたと考えられハゲの心配はありません。

ですが、何も薄毛対策をしていないのに産毛が増えたりするサインがあれば、ハゲの兆候である場合もあります。

もしハゲる兆候のサインであれば、何かしらの薄毛対策をしていかなければハゲは進行してしまいます。

ハゲる前兆だったときにすべき行動

  • 薄毛対策をしていないのに産毛が多くなった
  • 頭のかゆみがずっと続いている
  • 抜け毛の状態が細くて短い

という方であれば、すでにAGA(男性型脱毛症)を発症している可能性があります。

AGAは進行性の脱毛症ですので、かゆみなどの前兆のサインを放置しているとハゲの症状が進行し、最悪の場合は治療効果もでないほどハゲてしまいます。

ハゲを進行させないためにも、早期のうちに自分がAGAを発症していないのかを薄毛専門のクリニックで確認してもらいましょう。

早期のうちにAGAの判断をしておくメリットとしては

  • 早期に対策を開始するほど効果も発揮されやすい
  • 医学的根拠のある治療を受けられる
  • 自分の症状に合わせたAGA治療ができる

などがあります。

ですので、あなたが

  • 頭がかゆく抜け毛も増えた
  • 頭皮が透けて目立つときがある
  • でも、ハゲたくない

と悩んでいるのであれは、今の段階でAGA発症の有無を調べていき、生える前兆なのかハゲる前兆なのかを判断していきましょう。

AGAが原因ならばセルフケアでは改善はできません

※ハゲの傾向がない人は確認する必要はありません

 

髪が生える前兆とハゲる前兆は似ている

髪が生える前兆は、かゆみ、産毛の増加、初期脱毛などがあります。クリニックでの薄毛治療を受けている人、何かしらの薄毛対策をしていて、生える前兆を感じているのなら効果が発揮されている証拠です。

逆に何も対策をしていないのに、かゆみ、産毛の増加を感じているのであれば、生える前兆ではなくハゲる前兆である可能性があります。

生える前兆とハゲる前兆は似ているので、見分けることが重要です。自分の抜け毛の状態が細くて短いものが多い、頭皮に炎症などのトラブルがあるのなら、ハゲの発症つまりAGAの発症も疑われます。

まずは自分の状態が、生える前兆なのかハゲる前兆なのかを知るためにも、AGAを発症していないのかを判断していきましょう。

AGAでなく生える前兆であったのなら、シャンプーの変更や育毛剤の使用などセルフケアを行い、生える本数やスピードアップを狙っていきましょう。

AGAであったのなら、クリニックなどでハゲの治療を開始してください。

タイトルとURLをコピーしました