髪の毛が細い男は太くする方法を実行しないとハゲていくだけ

  • 髪の毛が細い・柔らかいことが気になる
  • 頭皮が透けて見えるようになった
  • ハゲたくない

という方であれば、ハゲを進行させないためにもAGAクリニックで髪の状態を専門の医師から確認してもらい治療を開始しましょう。

なぜなら、髪が細くなる症状はAGAの特徴でもあり、AGAであった場合は早期にケアをしないと髪が細い分だけ進行が進みやすく、且つハゲが目立ちやすいためです。

AGAの治療を行うメリットとしては、

  • 医学的根拠のある治療が行える
  • ハゲは早期に治療を行うほど症状を改善しやすい
  • 自分の症状に合わせた髪を太くする治療ができる

などがあります。

ですので、あなたが

  • 髪が細くてハゲるのではないかと不安
  • 前よりもさらに髪が細くなってきた
  • 髪も柔らかくなりボリュームが減りヘアセットが決まらない

などと悩んでいるのなら、早々に薄毛専門の医師にAGAの相談をして髪を太くする治療を行ってください。

まずは薄毛専門の医師に自分の髪の状態を相談することから始めましょう。

※髪が細くてもハゲる心配をしていない人は相談する必要はありません

まずは自分がAGAであるかどうか判断するのが大事です

 

男の髪の毛が細い3つの原因

  1. 生まれつき
  2. 加齢によるもの
  3. AGAの発症

1.生まれつき髪が細い・柔らかい男もいる

髪の太さには個人差があり、生まれつき髪が細い人もいます。日本人の髪の太さの平均は、

  • 約0.07~0.1ミリ

ですので、髪が細いのは0.06ミリ以下と言えます。

ですが、実際に髪の太さを測定するのは難しく、また髪の太さは個人差があるので数値からが髪が細いとは判断できません。

あくまでも日本人の平均の数値であるだけですので、以前の自分の髪の太さよりも細くなってきたのかどうかで判断しないといけません。

自分の髪が細いかどうかの確認方法

自分の抜け毛を横に持ってみて、持った髪の毛が下に垂れるようであれば、髪が弱くなり細くなっている可能性があります。

細くてもハリやコシがあれば、ピンと横に立ったままキープされますのでハゲの心配は過度には必要ありません。

髪の毛が下に垂れた場合は、薄毛の兆候であると言えます。

2.加齢によって髪は細くなっていく

髪の毛の太さは男性だと20歳前後ピークに、歳を重ねるごと細くなっていきます。

思春期以降に男性ホルモンが活発に分泌されるようになると

  • 毛母細胞の分裂を抑制する
  • ヘアサイクルの成長期を短くする指令が出る

などが理由となり、髪が細く短くなる傾向があります。

髪の毛はヘアサイクルの期間を経て生えてきますが、年齢を重ねるとヘアサイクルに乱れが生じやすくなり、成長する段階のヘアサイクル期間に問題が生じると、髪を太く育てることができなくなるためです。

髪が細くなると、ハリやコシがなくなり髪もぺたんこになりやすくボリューム感を出しにくくなります。

がんばってヘアスタイルをセットしても、すぐに崩れるのは髪が細くなっていることも原因の一つです。

3.AGA(男性型脱毛症)を発症すると髪が細くなる

AGA(男性型脱毛症)には髪が細くなる症状があります。そのため、

  • 明らかに以前よりも髪が細くなった
  • 抜け毛の量が増えたと感じている
  • 頭皮が透けて見える

などの状態があるのならば、すでにAGAを発症している可能性もあります。

AGAは進行性のため発症した場合、ハゲの症状は進んでいきますので病院での治療などの早期の対策が必要です。

特にもともと髪が細い人は、ほんの少し症状が進んだだけでもハゲに見られやすいですから、普通の髪の太さの人よりも早期に対策を行わければいけません。

AGAへの対策については、後述する【すでにハゲてきているのならAGAクリニックで治療する】をご参考になさってください。

急に髪が細くなったは男性は要注意

AGAは徐々に進行することが一般的であり、発症したとしても急に髪が細くなることは稀です。

異常なほどの短期間で急に髪が細くなったの場合は、他の病気の可能性もありますので、一度病院を受診してください。

髪の毛が細くなった男性の対策

  • ヘアスタイルで一時的にごまかす
  • 生活習慣を見直す
  • ストレスを発散する
  • 育毛ケアを開始する

ヘアスタイルで一時的にごまかす

髪が細い人向けのヘアスタイルもありますので、美容院で相談し自分の髪の状態にあわせたヘアスタイルを提案してもらえます。

髪が細くて柔らかくても、ボリューム感があるように見えるヘアスタイルや、ドライヤーのあて方でボリューム感を出す方法などもあるので、一度美容院で相談されるものもいいでしょう。

いずれはヘアスタイルではごまかせなくなる

髪がますます細くなると、いずれヘアセットでもごまかせない日がきます。

ヘアスタイルでは隠しきれない状態にもなると、見た目にも清潔感がなくなっていき、プールや温泉に行って髪を濡らす行為はできるはずもなく、充実した生活を送れなくなってしまいます。

ヘアスタイルで一時的にごまかしつつも、育毛対策を並行で行っていきましょう。

生活習慣を見直す

  • 食生活の見直し
  • 睡眠時間の確保

薄毛を加速させる要因に生活習慣が深く関わりがあり、特に上記の2つを見直していきましょう。

脂質の多い食生活は皮脂を増加させる

揚げ物やファーストフードなど脂質の多い食事ばかりをしていると皮脂の分泌が増加し、頭皮の毛穴詰まりや汚れの原因となります。

頭皮が皮脂で詰まると、髪に栄養をうまく運べなくなりますので髪が栄養不足となり細くなってしまいます。

脂質の多い食事を控え、亜鉛やミネラル、ビタミンを多く含んだ食事を心がけていきましょう。

睡眠不足は髪の成長を妨げる

髪の成長ホルモンは寝ているときに分泌されますので、睡眠不足が続くと成長ホルモンの分泌が減少し髪が育ちにくくなります。

成長ホルモンは就寝後、約6時間は分泌され続けますので、最低でも6時間は睡眠時間を取るようにしましょう。

ストレスを発散させる

ストレスを感じると自律神経が乱れがちになり頭皮の血行が悪くなり、髪の成長にも悪影響を及ぼします。

また、ストレスから不眠に陥ったり、精神的な病気にもなると、新たな薄毛の原因を作り出すことになります。

全てのストレスをなくすのは難しいですが、自分でリフレッシュできることを見つけてストレス発散につなげていきましょう。

育毛ケアを開始する

育毛ケアには主に、

  • シャンプーの変更や育毛剤の使用などのセルフケア
  • AGAクリニックでの治療

があります。

シャンプーを変更する

使っているシャンプーをアミノ酸系の育毛系のシャンプーに変更し、髪を育てる土台作りをしていきましょう。

頭皮を乾燥から守りつつも、しっかりと汚れを落とし、さらに育毛に必要な成分が使われているシャンプーを選べば、頭皮環境が整いやすくなります。

シャンプーの変更で頭皮の環境を改善し、髪が育つ土台作りをすることが次の育毛対策の足がかりとなります。

育毛剤で髪を育てる

育毛剤には、髪を育てることで抜け毛の予防・発毛促進の効果がありますので、髪が細くて悩んでいる人にこそ最適な育毛対策と言えます。

有効育毛成分プラスで独自成分の使用がポイント

育毛剤には多くの種類がありますが、選ぶ際のポイントとしては、有効育毛成分が使用されているのかどうか、また独自成分で効果をさらに高めてくれているのかを確認しましょう。

  • センブリエキス
  • D-パントテニルアルコール
  • グリチルリチン酸ジカリウム

上記の3つは有効育毛成分として多くの育毛剤で使用されており、それぞれ育毛、発毛促進、頭皮環境の改善を促す働きをし、薄毛の原因に対して全般的に対策ができます。

ですので、育毛剤を選ぶときは最低でも上記3つが使用されているのかを確認し、加えて独自成分の使用も合わせて確認してください。

※まだ育てられる毛がある人は育毛を開始してください

 

AGAクリニックでの治療

AGAを発症しているのならば、AGAクリニックでの治療を開始しましょう。

クリニックでは、個々の症状に合わせた治療となりますので薄毛対策としては効果も高いです。

すでにハゲてきているのならAGAクリニックで治療する

  • 生まれつき髪が細いためか最近ハゲてきた
  • ヘアセットで誤魔化しても頭皮が目立ってハゲに見える
  • でも、ハゲたくないしすぐにでも対策したい

という方であれば、AGAクリニックでハゲの治療を開始しましょう。

なぜなら、髪が細く柔らかくなる症状はAGAの特徴の一つでもあり、すでに髪が細くなりハゲてきている時点でAGAを発症している可能性があるためです。

また、AGAは進行性の脱毛症のためシャンプーの変更や育毛剤でのセルフケアでは症状を治すことはできず、ハゲの症状の改善・進行を止めるにはクリニックでの治療を開始しなければいけません。

他にも具体的なメリットとして

  • 医学的根拠のある治療が行える
  • ハゲは早期に治療を行うほど症状を改善しやすい
  • 自分の症状に合わせた髪を太くする治療ができる

などがあります。また、髪の毛が細い分ほんの少し症状が進んだだけでもハゲが目立ち、周りからも「〇〇さんハゲてきたね」とハゲのイメージが定着しやすいです。

一度定着したイメージを覆すのは難しく、髪がふさふさになったとしても「なんかやった?」と逆に疑われてしまいますので、ハゲが進む前に早期に薄毛対策を行いましょう。

ですので、あなたが

  • 髪が細くてハゲるのではないかと不安
  • 前よりもさらに髪が細くなってきた
  • 髪も柔らかくなりボリュームが減りヘアセットが決まらない

などと悩んでいるのなら、早々に薄毛専門の医師にAGAの相談をして薄毛対策を開始してください。

まずは薄毛専門のクリニックの医師に、自分の髪の状態を相談することから始めていきましょう。

\自分の状態に合わせた髪を太くするAGA治療が行えます/

※まずは自分がAGAであるかの判断が大事です

 

髪の毛が細いとハゲが目立つ理由

もともと髪が細い人が、普通の髪の太さの人と同じだけの抜け毛があったとしても、

  • 髪が細いため頭皮が目立ちやすくなる
  • ハリやコシがないので髪にボリュームがでない

などの理由から、普通の人よりハゲとして見られやすいです。

髪が細いからといって必ずしもハゲるわけではありません。ハゲかどうかを見分けるには、昔と比べて髪が細くなったのか、抜け毛の髪の状態が弱々しくないかで判断するべきだからです。

生まれつき髪が細い人が必ずハゲるのではありませんが、少し薄毛になっただけでも普通の人よりも目立つのは確かです。

細い髪の分、早期に対策をすべき

もともと髪が細い人こそ、育毛のケアは普通の人よりも早めにスタートさせないとハゲが目立ちやすいです。

まだ育てる毛が残っている・AGAを発症していない人は、シャンプーの変更や育毛剤などのセルフケアでの対策を始めてください。

AGAを発症しているのであれば、クリニックなどで治療を開始してください。

ただし、AGAの治療を開始する前に自分がAGAを発症しているのかを正確に判断しなければいけません。

ですが、AGA発症には明確な基準がないため自己判断は難しいのが現状です。

ですので、自分の髪の状態や抜け毛の状態からAGAの兆候を感じたのなら、薄毛専門の医師からAGA発症の有無を判断してもらいましょう。

もともと髪が細いからといって何も対策しないでいると、どんどん髪が細くなり薄毛が目立っていくだけです。

髪が細い人ほど早めに対策をしないと、少し薄毛が進行しただけでもハゲに見られやすいですので、早期に対策を開始しましょう。

\以前より髪が細くなりハゲかけている人へ/

※自分がAGAであるかどうかの判断が大事です

 

タイトルとURLをコピーしました