生え際を気にしすぎ?本当にハゲているのかの判断基準

自分がハゲているのではないか?と生え際を気にしすぎるのはいけません。気にしすぎるあまり、ストレスからますます生え際に悪影響がでるためです。

気にしすぎてもハゲになり、放置していてもハゲが進行する可能性があります。生え際が気になり始めたのなら、まずは自分がAGA(男性型脱毛症)を発症しているのかの確認をしてください。

AGAである場合と、AGAでない場合では行うべき対策が違います。まだ生え際が気になり始めた早期の段階からAGAの確認をするメリットとしては

  • 自分にあった薄毛対策を適切に選び行うことができる
  • 早期に対策を行うほど効果が発揮されやすい
  • オンラインからでもAGAの診断が無料で行える

などがあります。ですから

  • あきらかに生え際が後退してきた
  • 生え際周辺の髪質が細くなっている
  • 気にしすぎるあまりストレスを感じている

などで悩んでいるのなら、まずはAGAの診断を受け自分にあった薄毛対策を行っていきましょう。少なくと「生え際がヤバイからハゲてしまう」といったストレスからは開放されますよ。

\自分の生え際が気になる人へ/

※自分がAGAであるかの判断が大事です

 

生え際を気にしすぎな人が多い

「生え際が後退してきた」「おでこが広くなってきた」と気にする人の多くは、気にしすぎているパターンが多いです。

  • 鏡で自分のおでこを見て急に気になった
  • 人から指摘された
  • 抜け毛が増えた実感がある

などの理由から、今まで気にしていなかった生え際が気になり始める人が多いです。

特に男性はハゲに対する危機感が高く、ちょっとしたキッカケから薄毛が気になり始めます。しかし、自分の感覚だけで「絶対にハゲてきている!」と思いこむの危険です。

正しく判断していかなくては適切な薄毛対策を取れず、結局はハゲが進行することにも繋がってしまいます。

自分が気にしすぎなのかのチェック方法

  • 生え際の毛の状態
  • 抜け毛の状態
  • おでこの広さ

自己確認の方法は上記の3つがあります。

生え際の毛の状態を確認

生え際の髪の状態が、細くて弱々しくないかを確認してください。他の部分の髪よりも細くてハリも感じない場合は薄毛の傾向があります。

抜け毛の状態を確認

シャンプーやドライヤー時・枕につく抜け毛の状態が細くて短くないかを確認してください。

複数ある抜け毛のうち、細くて短い毛が多く見られるのであれば薄毛の傾向があります。太く長く成長する前に抜け落ちていると考えられるためです。

おでこの広さ

眉毛からが生え際までが6センチ以上あるか、指を閉じた状態で眉毛の上から4本以上入らないかを確認してください。

6センチ以上、指4本以上の広さがあれば、日本人の平均よりも広いおでこです。ただし、生まれつきおでこの広い人もいますので、あくまでも目安の確認方法と考えてください。

以前のおでこの広さよりも、あきらかに広くなっている場合は薄毛の傾向があります。

おでこの広さの基準については以下の記事もご参考になさってください。

おでこが広い。指4本も入るのはさすがにハゲの証拠?!
おでこに指4本入るとハゲなのかについて解説しています。おでこが広くてハゲの兆候があったときの対策も知っておきましょう。

自己チェックに当てはまった場合

生え際の髪・抜け毛・おでこの広さからハゲの傾向を感じたのなら、AGA(男性型脱毛症)を発症している可能性があります。

AGAは進行性の脱毛症ですから、放置していると症状は進行しますので生え際も後退していきます。

自分がAGAを発症しているのかの判断は自己チェックだけでは難しいのが現状です。なぜなら、AGA発症には明確な基準はなく、個人の髪の状態や遺伝などの要素から個人差があるためです。

ですから、正確に判断するならば、薄毛専門の医師から診断してもらうのが確実です。

専門の医師に相談するメリット

医師から診断してもらっても実際には「気にしすぎだった」という人も多く、自分では正しく判断できていない証拠でもあります。

ですが、AGAではないと自己判断してしまうと、AGAであった場合は気づかずハゲは進行してしまいます。ですので、まずは自分がAGAであるのかどうかを適切に判断していきましょう。

今はオンラインからも無料で相談できるAGA専門のクリニックもありますから、一度ご自身の生え際の状態を医師に相談してみください。

\自分の生え際が気になる人へ/

※自分がAGAであるかの判断が大事です

 

生え際を気にしすぎるとハゲを加速させる理由

  • ストレスからハゲる
  • 自己流の対策からハゲる

ストレスが起因となり、ますます薄毛が進行していく

ハゲる原因は複数ある中の一つに「ストレス」があります。ストレスを感じると自立神経が乱れ頭皮への血行が悪くなります。

頭皮が血行不足になると毛根に栄養不足し、髪にも栄養をうまく運べなくなり髪が細くなり抜け毛の原因になります。

さらにストレスから睡眠不足に陥ると、就寝中の成長ホルモンの分泌量が減り髪が成長できません。生え際ばかりを気にしていると、精神的に不安になりうつにつながる恐れもあります。

あなたの生え際が正常だったとしても、気にしすぎるあまりストレスから抜け毛がさらに進行することに繋がります。

自己流の対策をして、ますますハゲる

「絶対に自分の生え際はヤバイ」と自己判断をしてしまうと、自分の薄毛にあった適切な対策ができません。

育毛剤や発毛剤の過剰塗布、サプリの過剰摂取、食事制限、無理な運動など、適切な対策どころか過剰なケアを自己流でやってしまう危険性もあります。

効果がないとは言いませんが、自分の薄毛のタイプにあった対策を取らないと意味がありません。

生え際が気になるときの対策

気にしない

気にしすぎないことが重要です。気にしすぎるあまり、ストレスや間違った対策からハゲる危険性もあります。

本当に気にしなくても良い人は、生え際のことは気にしないでおきましょう。

前髪からカバー

前髪などヘアスタイルから生え際を隠す方法もあります。

自分のおでこを他の人から、ちらちら見られていると気になっているのならヘアスタイルで隠していきましょう。

どんなヘアスタイルが良いかは、髪質やヘアボリュームから個人差がありますから美容師さんに相談するのがおすすめです。

抜け毛を増やさない

例えAGAを発症していなくても、歳を取るほどに髪は細くなっていきますので、抜け毛も増える傾向があります。

歳のせいだからと何も対策を行なわないよりも生活環境の見直し(食生活・睡眠など)やシャンプーの変更を行っていきましょう。

抜け毛予防の対策を今から行っていくことで、将来のハゲ予防に繋がります。

髪を太くしていく

生え際の毛が細いのなら育毛剤を使って髪を太く育てていきましょう。

毛が細いと外部からの刺激に弱くなり簡単に抜けやすくなりますので、生え際が後退しやすくなります。まだ育てる毛が残っているのなら早期のうちから髪を太く育てる対策を行っていきましょう。

簡単な方法としては、育毛に特化したタイプの育毛剤を使用することになります。

AGAを発症しているのか調べる

どうしても生え際が気になって仕方がないという人は、自分がAGAであるかを明確にしておきましょう。

自分がハゲなのかどうなのかを曖昧な基準で判断していてもメリットはありません。自分がAGAであればクリニックで治療を開始し、AGAでなければセルフケアで対策を行っていけばいいだけです。

そのためにも、まずは薄毛専門の医師からAGAであるかどうかの診断を受けていきましょう。

気にしすぎてもハゲるので何かしらのケアは開始すべき

生え際を気にしすぎていると、例えハゲでなかったとしても精神的な側面からハゲになることもあります。

ただ何の確証もなく気にしすぎているだけでは、薄毛にとってメリットはなくデメリットが多いです。

まずは自分の生え際がハゲなのか、ハゲでないのかをハッキリさせておきましょう。

抜け毛の状態や生え際の髪の状態などが細くて短くないのかを確認してください。自己確認でハゲの傾向を感じたのなら、AGAを発症しているのかの確認作業に進んでください。

専門の医師からAGAであるかの診断をしてもらい、AGAでなければセルフケアでの薄毛対策を行い、AGAであればクリニックで治療を開始しましょう。

ずっと悩み続けてハゲていくのか、今から生え際対策を行ってハゲるのを予防するのか、生え際が気になっているのなら今から薄毛対策に努めてください。

\生え際が気になりだしたのなら対策を始めましょう/

※まずは自分がAGAを発症しているのかの確認が大事です

 

タイトルとURLをコピーしました