抜け毛は一日にどのくらい?男が心配しなくてはいけない本数

抜け毛の本数は男の場合、一日で100本とされています。100本以内なら正常な抜け毛の量とも言えますが、あくまでも目安と考えましょう。

本数ではなく髪の総本数の0.1%以内が正常の抜け毛の範囲になります。ですが、自分の髪の総本数は把握できません。

抜けた毛の本数でハゲかどうかの判断は難しいので、抜けた髪の状態で判断するのが正しいです。

抜けた髪が細かったり短かったりしたら薄毛になっている可能性があります。昔よりもあきらかに抜け毛の量が増えたと感じているのなら、今から育毛剤でのケアを開始しましょう。

  • 髪を育てることで抜け毛の予防ができる
  • 病院へ通うよりもハードルは低い
  • 誰にもバレずに薄毛対策ができる

のメリットが育毛剤にはあります。ですから。

  • 一日で抜ける髪の量が多すぎる
  • シャンプー時の抜け毛の量が多い
  • このままハゲるのではないかと思うと不安

と悩んでいるのなら、育毛剤でのケアを開始しましょう。悩むだけで何もしないでいても、抜け毛の量は少なくなりません。

抜け毛の量が増えたと感じたときが薄毛対策をスタートさせるときです。

\1日100本以内なら安心なわけではない!/

※抜け毛の量が気になったらのなら育毛剤でのケア開始

 

男の抜け毛は一日に100本。でも本数だけ安心しては危険

髪の毛は1日に約100本抜けています。なので、簡単に考えれば100本以内の抜け毛ならば正常と言えます。

100本と聞くと「多い」とビックリされるかもしれません。ですが、日本人の髪の量の平均が10万本とされており、100本ならば全体の0.1%です。

髪の量の0.1%の範囲ならば正常の抜け毛の量と考えましょう。10万本ある人なら100本、50万本ある人なら50本で正常です。自分の髪の量で抜け毛の正常な本数も変わっていきます。

ですが、自分の髪の総数を知るのは正確にはわかりません。抜け毛の本数だけでは多いのか少ないのかの判断はできません。

シャンプー時の抜け毛が70本以上なら要注意

生活をしていて、1日の時間内のどこで抜けたのかもわかりませんよね。寝ているとき、くしで髪をとかしたとき、シャンプー時、何気に髪を触ったときなど、様々なシーンで髪は抜けていきます。

1日でどれだけの抜け毛があったのかを知るのも、また難しいことです。

ですので、シャンプー時の抜け毛の量を目安にしてみましょう。1日の抜け毛のうち、シャンプー時には30~60本は抜けています。

70本以上抜けているのなら、抜け毛の量は多いとも判断できます。ですが、結局は自分の髪の総数のうち、何%抜けたのが重要ですから、あくまでも目安の本数として考えてください。

季節によっても抜け毛の本数は変わる

夏のダメージを受けた影響は秋以降に、抜け毛として現れます。

夏に紫外線や汗などで頭皮に悪影響を受けたのなら、秋に一時的抜け毛が増える傾向がありますから100本以上抜けてしまうこともあります。

本数よりも抜け毛の状態でハゲなのかどうかを判断

抜け毛の本数でハゲなのかどうか判断するのは難しいですので、抜けた毛の状態を見て判断しましょう。

  • 毛の状態
  • 毛根の状態

抜けた毛が細い・短いのなら薄毛になっている可能性があります。本来ならば、まだ成長するはずの毛が細く短いまま成長しきれずに抜けてしまっていると考えられます。

抜けた毛の毛根が白い色をしていて、丸みがありプックリとしていれば正常に抜けた毛です。

ですが、毛根の色が白でなはく濁っていたり黒っぽかったり、形が先細りしていたり、ギザギザになっていれば要注意です。頭皮や毛穴に何かしらのトラブルが起きている可能性があります。

また、以前より明らかに抜け毛が増えているときも注意してください。

気がついたら立派なハゲになっており育毛剤の効果も発揮できない

抜け毛が気になりつつも放置していると・・・

  • 気がいついたらすっかりハゲの状態になって育毛剤での効果を発揮できない
  • 周りからの視線が気になり仕事に集中できず評価が下がる
  • 髪が濡れるとおでこの広さが目立つのでプールにも海にも行けない

抜け毛の量が気になりつつも放置していると、ある時気がついたら立派なハゲの状態になっていることも。すっかりハゲてしまった頭には育毛剤の効果も発揮されにくくなります。

見た目がハゲの状態では、周りからの印象も悪くなり会社での評価が下がってしまうこともあります。

薄毛でないだけで見た目の印象はかなり良くなり自慢のパパになれる

育毛剤を利用すると得られる未来・・・

  • 清潔感のある見た目から娘からも自慢のパパとして自慢される
  • 自慢の彼氏として彼女の友達からも好印象が得られる
  • 自分に自身がつき仕事にも精がでて社内評価が上がる

清潔感のあるヘアスタイルから、娘からも自慢のパパとして友達に自慢するような存在になれます。また、薄毛ではないだけで自分にも自身がつき、仕事にもバリバリ打ち込め社内での評価も上がっていくでしょう。

金銭的な負担は発生するが将来ハゲてしまうよりはまし

育毛剤にもデメリットはあります

  • どんな状態の薄毛にも効果があるわけではない
  • 毎日根気よく使い続けなければならない
  • 金銭的負担がかかる

どんなハゲにも効果がありますか?

育毛剤はどんな状態のハゲにも効くわけではなく、すでにハゲてしまったところには効果はありません。ですが、今ある髪を丈夫にすることで、抜け毛の量を減らすことはできます。

ハゲを治すのではなく、将来ハゲないために使うものです。

毎日使わないとダメですか?

育毛剤は毎日使ってこそ本来の力を発揮できます。毎日使うとなると面倒に感じるかもしれませんが、歯磨きと同じで習慣化できれば問題ありません。

お金はかかりますか?

継続して育毛剤でケアするとなると、多少なりとも金銭的負担は発生します。平均で2,000~1万円ほど月にかかります。

金銭的負担はかかりますが、将来ハゲてしまってからの治療よりは安くすみます。また、ハゲてしまうよりは、多少お金がかかっても育毛剤でケアした方がましです。

髪を育てることで将来のハゲ予防ができる

あなたが育毛剤を利用することのメリット

  • 髪を育てることで抜け毛予防になり将来ハゲることも予防できる
  • 病院へ通うよりも心理的にも金銭的にもハードルは低い
  • 誰にもバレずに薄毛対策ができる
  • 育毛剤の効果は、髪の毛を育てることと抜け毛予防ですから、将来ハゲになることを予防できます。

    また病院で治療をするよりも心理的にも金銭的にも負担は少ないです。まだ、薄毛対策をしていない人にとっては育毛剤はスタートさせやすい薄毛対策です。

    通販で購入をすれば、薬局などで買っている姿を見られる心配もなく、自宅でこっそりとケアができます。

    抜け毛の本数で判断せずに毛の状態を確認すべし!

    男性の場合、抜け毛は一日に100本はあります。ですが、100本なら大丈夫とは言えません。

    抜けた毛の状態が細くて短い、毛根の形がいびつ、色が白でないなどから、薄毛になっているかの判断をしなくてはいけません。

    抜け毛の本数が少なくても、上記に当てはまるのなら要注意です。

    そもそも抜け毛の量が気になっている時点で、以前よりも本数が増えていると考えられます。

    抜け毛が気になった時点で育毛剤などでのケアを開始しましょう。薄毛対策をするのに早すぎることはなく、放置していて後から後悔しても遅いです。

    \1日100本以内なら安心なわけではない!/

    ※抜け毛の量が気になったらのなら育毛剤でのケア開始

     

    タイトルとURLをコピーしました