髪質が柔らかくなった原因によっては要注意!軟毛化はハゲにつながる

髪質が柔くなった原因は、生活習慣の乱れや加齢・AGA(男性型脱毛症)の発症などが考えられます。

生活習慣の乱れや加齢が原因ならばセルフケアでの薄毛対策を開始し、AGAが原因ならば治療を開始しましょう。

特にAGAが原因ならば治療を開始しなければ症状は進行し、やがてはハゲの状態になってしまいます。

自分がどの対策を選ぶべきかは、まずは自分がAGAであるかを早期のうちに判断しなければいけません。なぜなら

  • 自分に適切な薄毛対策を選ぶことができる
  • 早期のうちに対策を開始した方が効果もでやすい
  • 将来ハゲることの予防ができる

などのメリットがあります。ですから、あなたが

  • 髪質が柔らかくなったのでハゲそうで不安
  • 自分がAGAを発症しているか気になる
  • ハゲにはなりたくない

などと悩んでいるのなら、まずは自分がAGAであるかを薄毛専門の医師に判断してもらいましょう。

髪質が柔らかくなったと感じているの放置していると、やがてはハゲになる可能性も高いですので、早期のうちに対策に動き出してください。

\髪質が柔らかくなった人へ/

※まずは自分がAGAであるかを知るのが大事です

 

髪質が柔らかくなった原因

髪質が柔くなる原因は複数あり、男性と女性でも違ってきます。

生活習慣の乱れ

偏った食事や睡眠不足・ストレスなどの生活習慣の乱れがあると、頭皮の血行が悪くなるなどのトラブルも招き薄毛の原因となります。

頭皮環境が悪化すると髪に栄養をうまく運べなくなるため、髪が栄養不足の状態になってしまいます。本来なら太く成長するはずの髪が細く柔らかくなってしまい、症状が進むとハゲになってしまいます。

加齢でハリやコシが失われる

人は歳を取るにつれ髪が細くなっていきます。細くなった髪は、ハリやコシも失われ髪質も柔らかく変化します。

男性であれば20代以降、女性であれば35歳以降に髪が細くなり始めますので、年齢に合わせた対策を行なわないと年々髪も柔らかく細くなってしまいます。

AGA(男性型脱毛症)の発症

AGA(男性型脱毛症)を発症すると髪が細く柔らかくなり、やがて抜け毛が増えることで薄毛が進行していきます。

AGAは進行性の脱毛症なので、治療などの対策を行なわないと、自然治癒は難しいです。

女性の場合の原因

女性も生活習慣の乱れや加齢により髪は柔らかくなりますが、特有の原因として、女性特有のホルモンバランスの変化などがあります。

妊娠出産・更年期などのホルモンバランスが崩れやすい時期に髪も柔らかくなりやすいです。

また、女性であってもAGAを発症することもあり、女性の場合はFAGAと言います。

髪質が柔らかいのがハゲかの確認

  • 昔と比べての髪質の変化
  • 生え際・つむじ周辺の髪の太さ
  • 抜け毛の状態

上記の3つからハゲかけているのかどうかを確認していきましょう。

昔と比べての髪質の変化

以前の髪質と比べて、柔らかくコシやハリが失われていないのかを確認しましょう。

髪質が変化する時期は基本3回あるとされており、それ以外で髪質が変化する場合は薄毛を発症している可能性があります。

以前に比べて、髪質が柔らかく変化しているのであれば、何かしらの原因があり髪が成長できずにいるためと考えられます。

髪質が変化する時期については下記の記事もご参考になさってください。

髪質が変わる時期は人生で3回!年齢に応じた対処方法
髪質が変わる時期について解説しています。年齢に応じた対応策などを知ってケアを始めていきましょう。

生え際・つむじ周辺の髪の太さ

薄毛は生え際やつむじ周辺に症状が出やすいため、生え際やつむじ周辺の髪が細く柔らかくなっていないのか確認しましょう。

細く柔らかくなっている場合は、薄毛が進行している・AGAを発症している可能性があります。

抜け毛の状態

抜け毛の状態が細くて短い場合は薄毛の可能性があります。

さらに抜けた毛を横に持ったときに、ピンと立たずに下に垂れてしまう場合は髪が柔らかくなっているためと考えられます。

抜け毛の状態から薄毛の傾向を感じたら対策を行っていきましょう。

髪質が柔らかい人が行う3つの対策

  1. 生活習慣の見直し
  2. セルフケアの開始
  3. AGAならば治療すべし

1.生活習慣の見直し

生活習慣を改善させないと、いつまでも髪が柔らかくなる原因が残ったままとなるため、どんな優れた対策を行ったとしても効果が薄くなってしまいます。

食事内容や睡眠時間を見直していきましょう。髪の成長ホルモンは就寝中に分泌されますから、最低でも6時間は寝るようにしましょう。

また、適度にストレスを発散できるように気分をリフレッシュできる方法を見つけて、ストレスを溜め込まないようにしましょう。

まずは自分ができる範囲からでも生活面の見直しを行っていってください。

2.セルフケアの開始

頭皮マッサージ

頭皮が凝り固まっていると血行が悪くなるため、髪の栄養も悪くなります。頭皮マッサージを行い、固くなった頭皮を柔らかくしていきましょう。

ただし、やりすぎたり・無理に頭皮を刺激すると逆に抜け毛を増やす原因ともなりかねませんので、注意しながら行っていってください。

動画のマッサージ方法もご参考になさってください。

シャンプーの変更

アミノ酸系のシャンプーに変更するとm髪への刺激を少なく洗浄でき、頭皮の乾燥も防いでくれるため薄毛予防に繋がります。

アミノ酸系の育毛シャンプーを選ぶと、育毛に必要な成分も使用されているため薄毛大作としてはおすすめです。

ただし、シャンプーの変更だけで髪が生えるわけではなく、あくまでも頭皮環境を改善させることで髪を生やす土台作りができると考えてください。

頭皮環境が改善された後に行う対策の効果を最大限に引き出してくれます。

育毛剤の使用

生活習慣の見直しや、シャンプーの変更で頭皮環境が整ったら、加えて育毛剤の使用も検討してください。

育毛剤は、その名の通り髪を育てる効果があります。髪の成長を助けて、髪を太く丈夫に育てることで抜け毛を予防してくれます。

すでにハゲてしまったところからは髪は生えませんが、薄毛予防としての効果は期待できます。

薄毛対策として使用する場合、育毛に特化した育毛剤を選んでいきましょう。まだハゲていない・ハゲ予防をしたい人にはおすすめの薄毛対策です。

3.AGAならば治療すべし

髪が柔らかくなった原因がAGAならば治療を開始しないと症状は進んでいきます。

AGAは進行性の脱毛症なので、自然治癒やセルフケアでの改善は難しく、症状を抑えたいのであれば治療を開始しないといけません。

AGA専門のクリニックで薄毛専門の医師の診察のもと、自分にあった治療を行えますので効果も高いです。

まずは自分がAGAを発症しているのかを知る

AGAの治療を開始する前に、自分が本当にAGAを発症しているのかを正確に判断していきましょう。

AGA発症には明確な基準はありませんので、自己判断だけに頼ると間違った判断をしてしまう恐れもあります。

正確に判断するのならば、医師からの診断を受けてください。

今ではオンラインからでも無料カウンセリングが可能なクリニックもありますので、まずは自分の髪の状態を医師に相談してみてください。

髪が柔らかくなった原因別に対策をしよう

髪が柔らかくなった原因は、生活習慣の乱れや加齢、AGAの発症などが疑われます。

生活習慣の乱れや加齢が原因ならば、シャンプーの変更や育毛剤の使用などのセルフケアで薄毛対策を行っていきましょう。

AGAが原因ならば、クリニックなどで治療を開始しないと症状の改善は難しく、放置しているとますます髪は柔らかくなり、いずれは抜け毛が増加しハゲになってしまいます。

どちらの対策を選ぶにしても、まずは自分がAGAを発症しているのかを判断しなくてはいけません。

薄毛専門の医師から診断を受けて、AGAでなければセルフケアでの薄毛対策を行い、AGAであれば治療を開始してください。

髪が柔らかくなったと感じているのなら、早期のうちに薄毛対策に動き出していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました