頭の形ではげの関係性はある?薄毛になりやすいとは言えない

頭の形とはげの関係性について解説しています。

頭の形とはげの関係性の真相

頭の形が悪いとはげになりやすいと言われる理由は、頭の形次第で頭皮が引っ張られるため負担がかかる部分が薄毛になりやすいとされているからです。

また、ハゲてしまう普段は髪で隠れていた頭の形が目立つことからも「頭の形が悪いとはげる」との噂だけが広まっていると考えられます。

ですが、頭の形で薄毛になる明確な根拠はなく、現実的に考えても頭の形だけでハゲになるとは考えにくいです。

ハゲやすいと言われる頭の形

頭の形だけでハゲるとは考えにくいですが、ハゲやすいと言われている頭の形を紹介します。

頭の頭頂部が尖っている

頭のてっぺん部分や頭頂部が尖って、頭が三角形になっていると、おでこやM字部分がハゲやすいとされています。

頭の頭頂部から頭皮が引っ張られるため、おでこの生え際周辺に負担がかかり薄毛へと繋がるためです。

横長・逆三角形

横長や逆三角形の頭をしていると、頭頂部やつむじ周辺の頭皮に負担がかかるため、てっぺんはげになりやすいとされています。

頭の形以外からハゲる可能性の方が高い

頭の形でハゲになるよりも、他の原因からハゲる可能性の方が高いと考えられます。

ハゲになる原因は、生活習慣の乱れ・加齢・AGA(男性型脱毛症)などの脱毛症の発症などがあります。

頭の形を変えることはできませんが、他の原因の対策は可能です。ハゲたくないのであれば、ハゲる他の原因への対策を行っていきましょう。

ハゲないための対策

  • 頭皮の血行を良くする
  • 抜け毛を予防する
  • AGAならば治療を開始

頭皮の血行を良くする

生え際や頭頂部に負担がかかるような頭の形をしているのなら、頭皮マッサージなどをして血行を改善していきましょう。

頭皮の血行が悪くなると、髪に栄養を十分に運ぶことができずに毛が細くなり抜け毛へと進行していきます。

例え、頭の形が悪くとも、血行を改善することでハゲ予防に繋がります。

抜け毛を予防する

シャンプーの変更や育毛剤を使用して、抜け毛を予防していきましょう。一般的なシャンプーでは洗浄力が高いものが多く、頭皮を乾燥させやすいです。

頭皮が乾燥すると、皮膚トラブルを起こしやすくなるだけでなく、血行も悪くなってしまいます。

頭皮への負担が少なく、髪への栄養補給もできるアミノ酸系の育毛シャンプーなどに変更し、抜け毛を予防していきましょう。

加えて育毛剤でケアすると、髪を太く育て、さらに抜け毛の予防が期待できます。

ハゲやすい頭の形とAGAが揃ったらヤバイ

  • ハゲやすい頭の形だからか最近ハゲてきた
  • 生え際が後退している
  • つむじが薄くなってきた

という男性の方であれば、すでにAGA(男性型脱毛症)を発症している可能性がありますので、早期のうちに薄毛専門のクリニックでAGA発症の有無を判断していきましょう。

頭皮に負担のかかりやすい頭の形をしていることに加えて、AGAを発症しているのであればハゲの症状の進み方も早いと考えられます。

早期のうちにAGAの確認をしておくメリットとしては、

  • 早期に対策を開始するほど効果も発揮されやすい
  • 医学的根拠のある治療を受けられる
  • 自分の症状に合わせたAGA治療ができる

などがあります。

AGAは進行性の脱毛症ですので放置しているとハゲの症状は進み、最悪の場合、治療効果も見込めなくなるほどハゲてしまうこともあります。

ですので、あなたが

  • 最近ハゲてきたのは頭の形のせいだ
  • 周りからハゲだと思われたくない
  • でも、ハゲたくない

と悩んでいるのであれば、ただでさえハゲやすい頭の形をしているのであれば、薄毛を進行させないためにも早々に薄毛対策に動きだしていきましょう。

まずは薄毛専門のクリニックの医師に、自分の髪の状態を確認することから始めていきましょう。

\頭の形が悪いからハゲてきたと思っている人へ/

※AGAが原因ならばセルフケアでは改善はできません

 

頭の形よりも他の原因からハゲている

頭頂部が尖っている三角形型や、横に長い逆三角形の頭が、はげやすい頭の形と言われています。

頭の形により、生え際や頭頂部の頭皮が引っ張られることで、髪に負担がかかり薄毛と繋がると考えられるためです。

ですが、頭の形でハゲると考えるのではなく、他の原因からハゲていると考える方が現実的です。

頭の形よりも、生活習慣の乱れや加齢、AGAの発症などから薄毛になる確率は高いですので、ハゲになりたくないのならできる対策から行っていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました