つむじが大きいのが生まれつきでも薄毛には注意

つむじが生まれつき大きいのであれば、大きさだけでハゲであるとは言えません。

しかし、もともとのつむじよりも大きくなってきた、つむじ周辺の髪が細く短くなっているなどの変化があれば、つむじはげになっている可能性が高いです。

生まれつきつむじが大きい分、少しでも薄毛の傾向を感じているのなら、早期のうちに自分がAGA(男性型脱毛症)を発症していないかを判断していきましょう。

なぜなら、AGAを発症しているのか・いないのかでは取るべき薄毛対策が違うためです。また早期のうちからAGAの発症を判断するメリットとして

  • 自分にあった適切な薄毛対策を選んで取り組める
  • AGAであれば早期にうちに症状を抑え込むことができる
  • つむじはげになることを予防できる

などがあります。ですから、あなたが

  • 生まれつきつむじが大きいのでハゲないか不安
  • 人からハゲとからかわれたくない
  • すぐにでもハゲ対策を開始したい

と悩んでいるのなら、すぐにでも薄毛対策を開始しましょう。悩んでいるだけで何も対策しないでいると、気がついたときは本物のつむじはげになる可能性もあります。

薄毛の傾向があるのなら、つむじがもともと大きい分、早めに対策に努めていってください。

\生まれつきつむじが大きい人へ/

※まずはAGAを発症していないのかの判断から始めましょう

 

つむじが大きいのが生まれつきの人でも安心は禁物

つむじが生まれつき大きい人は、今の大きさが自分にとって普通の大きさであるので、つむじが大きいからというだけで「ハゲ」であるとは言えません。

だたし、つむじが生まれつき大きいからと言ってハゲにはならないと安心はできません。

つむじは自分では目に付かない部分ですので、気がつかずにハゲが進行しやすい部分です。ましてや生まれつきつむじが大きい人であれば、一般的な人よりもつむじはげが目立ちやすいので注意が必要です。

薄毛かどうかのチェックポイント

  • もともとのつむじの大きさからの変化
  • つむじ周辺の髪の細さ
  • つむじの頭皮の色が白ではない

つむじはげの兆候を感じているのなら上記のポイントを確認し、生まれつきの大きさに関係なく薄毛対策を開始しましょう。

もともとの大きさからつむじが大きくなっていないか

もともとの自分のつむじの大きさから、さらに大きくなっている場合は、つむじ周辺の髪が少なくなっているとが考えられます。

つむじ周辺の髪が細く短くないか

つむじ周辺の髪が、他の部分と比べて細くて短くなっている場合は、髪が十分に成長できていないため細くなっていると考えられます。

また、短い毛が多いのは長く成長できないまま抜けてしまっているため、いつまでも短い毛しか残っていないためです。

さらにつむじの渦が巻かなくなったり、渦の巻き方が弱くなったりしているかもチェックしましょう。

つむじの頭皮が赤っぽい色

健康的な頭皮の色は青白っぽい色や、白っぽい色です。もし、つむじが赤っぽい色をしていると頭皮トラブルが起きている可能性があります。

頭皮にトラブルが生じていると、髪に必要な栄養を十分に運べなくなり髪が細くなったり抜けやすくなったりする原因となります。

もともとつむじが大きい人こその注意点

つむじは自分では目に付かない部分ですので、気がつかずにハゲが進行しやすい部分です。

ましてや生まれつきつむじが大きい人であれば、一般的な人よりもつむじはげが目立ちやすいので注意が必要です。

つむじはげの兆候を感じているのなら、生まれつきの大きさに関係なく薄毛対策を開始すべきです。

つむじはげは自分よりも周りからの方が目立ちやすい

つむじは自分では目立ちにくいですが、周りからの目線での方が目立ちやすいハゲです。

椅子に座っているとき、おじきをしたときにつむじが目立ちやすく、自分よりも周りから「ハゲている」と認識されてしまいます。

〇〇さんはハゲであるというイメージが定着しやすく、例え薄毛対策でハゲが解消されても、ハゲのイメージは払拭されにくいです。ハゲのイメージが定着する前に、薄毛対策を開始しておきましょう。

最悪のパターンはAGA(男性型脱毛症)の併発

つむじが大きい人で注意すべきはAGAの発症です。AGAは進行性の脱毛症で、つむじや生え際に症状が出やすいと言われています。

もともとつむじが大きい上に、AGAまで加わると一気につむじはげに発展する可能性も高いです。

AGAは進行性の脱毛症ですので治療を行なわなければ症状は少しづつ進行していきます。AGAへの対策については後述する『AGAなら治療を開始しないと症状は進む』もご参考になさってください。

つむじが大きい人のハゲ対策

つむじはげの対策は一つだけではなく複数あり、1つだけを行うのではなく複数の対策を同時に行っていきましょう。

生活習慣の見直しも結構重要

食事内容や、運動不足、喫煙、睡眠時間、ストレスなどの生活習慣を見直し改善していくだけでも、薄毛対策に繋がります。

まずは、自分のできる範囲からの改善を行っていきましょう。

シャンプーの変更で頭皮の土台作り

髪を育てるには土台である頭皮の環境を整えていかないといけません。簡単に頭皮を環境を整える方法の一つとしては、シャンプーの変更があります。

アミノ酸系の育毛のシャンプーで、頭皮に負担なく洗浄することで、髪を育ちやすくできます。

育毛剤でつむじの髪を育てていく

髪を育てる働きがあるのが育毛剤ですから、つむじ周辺の髪も育てることができます。

生活習慣の改善や、シャンプーの変更での対策と併用することで、育毛剤のさらなる効果を引き出すことができます。

つむじ周辺の髪を育てたいのならば育毛タイプの育毛剤を選んで使っていきましょう。

AGAなら治療を開始しないと症状は進む

AGAは進行性の脱毛症ですので、セルフケアなどの対策だけでは症状は改善されません。AGAの治療はクリニックなどで処方される薬で行います。

薄毛専門の医師から自分の髪の状態に合わせた薬を処方してもらえますので、薄毛対策の効果は高いです。

AGAであるかの判断から始めよう

AGAの治療を開始する前に、自分がAGAであるかの判断をしていきましょう。

AGAの発症には明確な基準はないため、自己確認だけで判断すると間違えてしまう危険性もあります。正確に判断するには薄毛の医師からの診断を受けてください。

今ではオンラインからでも無料相談を行っているクリニックもありますので、まずは自分のつむじの状況を気楽に医師に相談してみましょう。

\元々つむじが大きくてハゲが心配な人へ/

※まずは自分がAGAであるかを知るのが大事です

 

生まれつきつむじが大きい人ほど早期に対策をしよう

つむじが生まれつき大きく、以前とつむじの大きさが変わっていなければ現段階ではハゲの心配は低いです。

ですが、もともとのつむじの大きさよりも大きくなっている・つむじ周辺の髪が細く短い場合は、薄毛になっている可能性が高いです。

生まれつきつむじが大きい分、本当のつむじはげになったときは目立ちやすくハゲに見られやすいです。ですので、つむじに薄毛の兆候を感じたのなら、普通の人よりも早期に対策を開始しましょう。

AGAであれば治療を開始し、AGAでなければセルフケアでの対策を行ってください。

自分にあった適切な薄毛対策を行うためにも、まずは自分がAGAを発症しているのかを薄毛専門の医師から判断してもらいましょう。

つむじは普段は目につきにくい部分であるがゆえに、気がついたときは本物のつむじはげになっていることも多いです。

放置していても薄毛は改善されませんので、できる対策から始めていってください。

タイトルとURLをコピーしました