髪の分け目が見える男はハゲ確定?自己判断はしてはダメ

分け目が見えるとハゲなのか、そうじゃないのか気になりますよね。ほとんどの場合は気にし過ぎが多いです。

例えば、いつも同じ分け目でクセが付いている、髪が伸びてきてからを目立ってきたなどの場合です。

分け目を変えても頭皮が目立つ、分け目周辺の髪が細いなどがあれば、薄毛になっているサインです。

分け目を隠すヘアスタイルにするか、帽子をかぶるって対処するしかありません。

ですが、本格的に薄毛対策を行っていかないと、ごまかしの対処方法ではすぐに限界がきます。

まだ、分け目が見え始めてきた段階ならば、まずは育毛剤からのケアをスタートさせましょう。

  • 髪のベタつきをなくすことでボリューム感を出す
  • 抜け毛を予防し今ある髪も丈夫に育てる
  • 簡単な使い方で手間知らずなのでケアを続けやすい

などのメリットが育毛剤にはあります。ですから

  • 髪の分け目が見えるのでハゲになっているのではと不安
  • 髪の毛の質も細くなってきた
  • お風呂での抜け毛の量が気になる

と悩んでいるのなら、今から育毛剤でケアを開始しましょう。

分け目が見えるのは「普通だから問題ない」と自己判断して放置しているのは危険です。薄毛は進行していきますから、何もケアしないで後から後悔をすることだけはないようにしましょう。

\何もケアしないのは危険/

※将来後悔しないためにも今から対策を

 

髪の分け目が見える男の原因と各対処法

  • 髪に分け目のクセができている
  • 髪がペタンコになっている
  • 薄毛になっている

あなたの分け目が見えるのがハゲなのかハゲでないのかを確認しておきましょう。

髪に分け目のクセができている

髪の分け目は毎日変えている人は少ないです。毎回同じところに分け目を作っていると、自分でも気が付かずクセになっていることもあります。

自然と分け目ができるほどの強いクセになっており、頭皮が見え目立ってしまっています。自分で意識して、クセになっていない部分で分け目を作ってみましょう。

他の場所で分け目を作って、頭皮が目立たなければ、ハゲの心配はしなくてもいいでしょう。

ただし、ハゲでなないと安心して、常に同じ分け目でいてはいけません。髪が強くクセづくほどの負担が頭皮にはかかって折り、ハゲの原因にもなりかねませんから、分け目は意識して変更していきましょう。

対策方法:ヘアスタイルを変える

短髪にするなどヘアスタイルを変更していきましょう。分け目をサイドから持ってくると分け目は目立ちません。またパーマに挑戦するのもおすすめです。

髪を乾かすときは、ドライヤーで意識して分け目のクセをなくしていきましょう。

髪がペタンコになっている

髪が伸びて長くなると重みが増していき、髪の重みからペタンコになっていきボリューム感がなくなります。

髪の重たさで分け目が目立ってしまうパターンです。女性の場合、ロングヘアーの人の方が分け目が目立つのは、髪の重みに負けているためです。

対策方法:髪の乾かし方で分け目を目立たせない

ドライヤーで乾かすときは、根本の髪を起こすようにしてあてていきましょう。髪の根元から上に向けて当てるとふんわりを髪が立ち上がって、分け目も目立たなくなります。

ドライヤーのあて方は動画を参考にしてください。

ドライヤーでの手間を少なくしたいのならパーマをかける方法もあります。パーマをかけてから、髪の根元を起こすように乾かしていくと分け目も目立たなく仕上がります。

薄毛になっている。基準は前髪のスカスカで判断

一番やっかいなのが、本当に薄毛になっているパターンです。分け目を変えても頭皮が目立つ、分け目周辺の髪が細いのならば、薄毛になっているかもしれません。

基準の一つとしては、前髪のスカスカ具合から確認する方法があります。前髪をわけてみて、生え際の髪の毛が細くなりスカスカになっていないかをチェック。

髪が細くなっているのであれば、全体的に薄毛になっている可能性があります。

対処方法:育毛剤などで薄毛対策

根本的に薄毛対策をしないとますます分け目が目立つことになります。薄毛は進行していきますから、髪型を変えたり、帽子をかぶるなどの対処方法では、いつかごまかしが効かなくなります。

まだ大丈夫と放置していて、気がついたらハゲがすっかり進行していたなんてことがないように、今から対処していきましょう。

まだ何もケアをしてこなったのなら、まずは育毛剤からのケアが始めやすくおすすめです。放置だけは絶対ダメということは、しっかりと心に留めておいてください。

※生え際の後退を食い止めたいのならまずはできるケアから!

 

薄毛が進行し気がついたらハゲの状態になる

薄毛が原因の分け目をそのままにしておくと・・・・

  • 薄毛の進行が加速し気がついたらハゲの状態になっている
  • 上司から「お前の頭きてるな」とからかわれ仕事に集中できない
  • 髪が薄くハゲた見た目では女性からモテず恋愛できない

放置しているだけでは薄毛は進行していきます。薄毛が進行した髪を上司や同僚からからかわれたり、女性職員から影でコソコソ話されたり・・・。

人の目線が気になって仕事に集中できずにミスを連発すれば、社内評価も下がってしまいます。仕事に薄毛がストレスとなり、ますますハゲも進んでいく負のスパイラルに陥ります。

分け目を気にせず女性に好まれるヘアスタイルに挑戦できる

育毛剤を利用すると得られる未来・・・

  • 女性に好まれるヘアスタイルができファッションも楽しめる
  • 自分に自身がつき仕事にも精がでて社内評価が上がる
  • 薄毛へのストレスがなくなりジム通いを始めてモテる体になれる

分け目のことを考えずに、どんなヘアスタイルにも挑戦できるようになります。女性から好まれるヘアスタイルやファッションにも挑戦でき、見た目の印象からプラスでのスタートがきれます。

使うのを止めるとまた分け目が目立つがハゲるよりはマシ

育毛剤にもデメリットはあります

  • 即効性がないので効果がわかりにくい
  • 毎日根気よく使い続けなければならない
  • 途中で使うのを中断すると元の状態に戻ってしまう

即効性はないが自分では気がついていないだけで変化はある

育毛剤を使ってすぐには思ったような効果は感じられません。一気に効果が現れるのではなく、じょじょに効果がでてくるものですがから、自分でも変化に気が付きにくいです。

でも、自分では小さな変化に気がついていないだけで、髪には良い変化が起きています。

毎日使い続けなくてはいけないが習慣化できるので問題ない

育毛剤は毎日使い続けなくては、効果のでかたも薄くなってしまいます。毎日使うとなると、面倒だと感じるかもしれません。

ですが、育毛剤は頭皮にサッとつけるだけの簡単ケアです。歯磨きと同じで習慣化しやすいケアですので、続けることに問題はありません。

使用を中断すると元の状態に戻るがハゲになるよりはいい

育毛剤の効果は永久に続くものではなく、使用を中断すると元の髪の状態に戻ってしまいます。元に戻るだけでなく、薄毛が進むこともあります。

ずっと育毛剤を使い続けなくてはいけないとなると不安にもなりますが、ハゲてしまうよりはマシなはず。また、育毛剤を使う量や頻度を減らすことはできますから、負担は軽減できます。

分け目が目立つ原因に対処してくれるのが効果が育毛剤にはある

あなたが育毛剤を利用することのメリット

  • 始めての薄毛対策としては育毛剤は取り組みやすい
  • 将来のハゲることへ予防的にケアできる
  • 頭皮環境が改善され髪がペタンコになることを防げる

育毛剤は頭皮環境を良くして、髪のベタつきをなくし、抜け毛を予防し、今ある髪の毛を強く育てる効果があります。

つまり、分け目が見える原因にマッチしている薄毛対策のアイテムです。

簡単な使い方であること、コスパも良いことを考えると、始めて薄毛対策を行う人にはスタートしやすいです。

薄毛が原因で分け目が見えるのなら放置はダメ

髪の分け目が見えるのは、薄毛だけが原因ではありません。多くの人は分け目のクセなどが原因で、髪型を変更したりすると分け目も見えなくなります。

やっかいなのは、薄毛が原因で分け目が見えているときです。ヘアスタイルを変えたりするだけでは今はごまかせていても、すぐに誤魔化しができなくなります。

薄毛が進行してしまうと、隠せるものも隠せなくるためです。たかが分け目と思わず、今から育毛剤などで薄毛対策を行っていきましょう。

放置していて薄毛が進行してしまってからよりも、気がついた今の時点で対策を開始しないと、後から後悔することにもなりかねません。

「学生時代にもっと勉強していればよかった」と思うのと同じで「分け目が気になったときに育毛剤を使っていれば」と後悔しても遅いです。

\分け目が目立つのなら対策を/

分け目が目立つ原因に対処してくれるのが育毛剤

 

タイトルとURLをコピーしました