シャワーをしたら頭皮が見える!これってハゲてる証拠?!

シャワーをした後に頭皮が見えるのは薄毛の傾向である場合もあります。特に以前は髪を濡らしても頭皮が見えていなかったのに、最近になり頭皮が目立ち始めたのなら要注意です。

薄毛が進行した結果、頭皮が見え始めていると考えられますので、薄毛対策を開始する時期に差し掛かっています。

対策方法は、あなたがAGA(男性型脱毛症)を発症しているのかいないのかで変わってきます。適切な薄毛対策を選ぶためにも、まずは自分がAGAであるかを知ることが大事です。なぜなら、

  • 自分にあった適切な薄毛対策を行える
  • 早期に対策をするほど効果も発揮されやすい
  • 無料で医師にAGAかどうかを相談できる

などのメリットがあります。

ですから、あなたが

  • シャワー後の頭皮が目立ってハゲになりそうで不安
  • 抜け毛の量が増えてきたと感じている
  • 自分に効果のある育毛ケアを始めたい

と悩んでいるのなら、今の段階で薄毛対策を開始しましょう。薄毛の兆候を感じているのに何も対策をしないでいると、どんどんと薄毛は進行していきます。

髪が濡れて頭皮が見えるサインに気がついた今が、薄毛対策を開始する時期です。

\シャワー後に頭皮が目立っている人へ/

※ハゲにはなりたくない人だけが確認してください

 

シャワーをして頭皮が見えるのはハゲてきてる証拠?!

髪が濡れて頭皮が見えるときは、心配する必要がない場合とハゲになっている場合の両方のパターンが考えられます。

もともと髪が濡れると頭皮が見えていた場合は心配なし

髪が濡れると、髪の毛同士がくっつき束になります。髪の毛の束と束の間に隙間ができるため濡れると地肌が目立ちます。

以前から、シャワー後に頭皮が見えていたのなら、過度に心配する必要はありません。もともとの髪の量や髪の細さから、頭皮が見えていたと考えられるためです。

髪を短く切った直後も心配なし

髪を切って短くなった直後も頭皮が目立ちますので、カットした直後に頭皮が目立ち始めたらのなら気にする必要はありません。髪が伸びれば頭皮も目立たなくなっていきます。

以前から頭皮が見えていたけど、どうなのかな?といったレベルではあれば、ハゲの心配をする必要はありません。

最近になり風呂上がりに頭皮が見えるようになった場合

以前は気にならなかったのに、最近になってシャワー後に地肌が目立ってきたのなら、薄毛の傾向であると言えます。

髪の毛が以前よりも細くなったことで、濡れて束になる大きさが変わり頭皮が目立ってきたと考えられます。髪が細くなっただけでなく、抜け毛も増え、髪の量事態が少なくなっている可能性も否定はできません。

抜け毛の状態から更にチェック

薄毛の傾向を感じたのなら、自分の抜け毛の状態が細く短いものが多くないかをチェックしてみましょう。

抜け毛が細くて短い毛であれば、本来ならば太く長く成長する毛が成長する前に抜けてしまっているため、薄毛の傾向が高いと言えます。

風呂上がりに薄毛になる原因

  • 生活習慣の乱れ
  • 加齢によるもの
  • AGAの発症

生活習慣の乱れ

脂質の多い食事・暴飲暴食・喫煙・睡眠不足・運動不足などの生活習慣は、抜け毛や薄毛の原因となります。例えば、十分な睡眠が取れていないと、髪の成長ホルモンの分泌が悪くなり髪が十分に成長できません。

生活習慣だけでハゲになるとは考えにくいですが、薄毛進行のスピードを早めることには繋がります。

加齢によるもの

男性であれば20代から、女性であれば30代後半から髪は細くなる傾向があります。

歳を取るにつれ血管も老化していき、若いときほど髪に栄養を運べなくなるため髪は細くなっていきます。また加齢に伴いヘアサイクルが乱れがちになることで、髪の成長期間が短くなることも原因の1つです。

薄毛対策をしないと、髪はどんどん細くなっていきます。

AGA(男性型脱毛症)の発症

AGA(男性型脱毛症)の症状の1つに髪が細くなることがあります。髪が細くなると簡単が刺激でも毛は抜け落ちてしまいます。

思春期以降ならばAGAを発症する可能性はあり、年齢が上がるど発症率は高くなっていきます。

AGAは脱毛症の一種ですから、セルフケアなどでは自然治癒することはなく治療を開始しないとハゲは進行していきます。

風呂上がりにハゲる人がすべき対策

対策方法としては

  • 生活面の見直し
  • セルフケア
  • 薬での治療

があります。

お風呂上がりなどで薄毛の傾向を感じ始めたのなら、薄毛対策を開始していきましょう。シャワーをしても頭皮が目立たなくなれば、心配せずにプールにも温泉にも行け彼女との時間も満喫することができるようになります。

どんなハゲでも基本は生活面の見直しから

食事内容や睡眠時間、運動、喫煙、ストレスの緩和などは、どのタイプのハゲであっても共通する対策方法になります。

生活面の改善を行わないと、ハゲの原因を自ら作り出し続けることになりますので、改善できる点から改善をしていきましょう。

ハゲの初期段階ならセルフケア

まだAGAを発症しておらず薄毛の初期段階ではなく育毛シャンプーや育毛剤でのセルフケアから対策をしましょう。

育毛系のシャンプーに変更すると、頭皮に負担が少なく洗浄でき髪が育つ環境に整えることができます。頭皮環境を整えつつ、育毛剤をプラスで使うことで、さらなる育毛効果を引き出すことが可能です。

育毛剤にも種類があるので、薄毛対策に使用するのであれば、育毛・発毛促進に特化した育毛剤を選んでください。

AGAならセルフケアではハゲが進む

AGAを発症しているのであれば、発毛剤などの薬でのケアを開始しましょう。育毛シャンプーや育毛剤などのセルフケアだけでは、すでにハゲてしまった部分から発毛させることはできません。

市販されている発毛剤もありますが、AGAを発症しているのであればクリニックでの治療がより効果が高いです。

AGAであるかの判断が大事

AGAは進行性の脱毛症ですから治療を開始しないとハゲは進行していきますから、まずは自分がAGAを発症しているのかを知ることが大事です。

しかし、AGAを発症の明確な基準はなく自己判断は難しいのが現状です。正確に判断するには、薄毛専門の医師の診断を受けるのが確実です。

今はオンラインで無料カウンセリングを行っているクリニックもありますから、まずは自分の髪の状態を気楽に医師に相談することから初めてみてください。

\髪が濡れて頭皮が目立っている人へ/

※自分がAGAであるかを知ることが大事です

 

シャワーで頭皮が見えるのならハゲの進行サイン

以前はシャワー後に頭皮が見えなかったのに、最近になって頭皮が目立つように変わったのであれば薄毛の傾向があると言えます。

自分の抜け毛の状態を確認し細くて短いのであれば、早期に薄毛対策を開始しましょう。そもそも、自分でシャワー後の頭皮を気になっている時点で、ハゲが進行している可能性が高いです。

薄毛の兆候があるにも関わらず、何の対策をせずに放置していてもハゲの進行は止まりません。今の状況がハゲの進行を止めるのか、本来の髪を取り戻すのかの瀬戸際に立っていると自覚しましょう。

自分にあった適切な対策を行うためにも、まずは自分がAGAであるかどうかを判断しなくてはいけません。

AGAでなければ育毛シャンプーなどでセルフケアを、AGAであればクリニックでの治療を開始しましょう。

薄毛対策は、早めのケアが勝負ですから、手遅れになる前に育毛剤などでの対策を始めてください。

タイトルとURLをコピーしました