つむじ割れのある男が将来ハゲになる危険性は原因によっては高い

  • 最近になってつむじ割れが起こるようになった
  • つむじ周辺の髪が細くなっている
  • 将来ハゲにはなりたくない

という方であれば、つむじはげにならないためにも早期のうちに薄毛専門のクリニックでAGAの発症を調べておきましょう。

つむじ割れが起きている原因がAGA(男性型脱毛症)であれば男なら、将来つむじはげに移行する危険性が高いです。

AGAの発症の確認をするメリットとして、

  • AGAが原因ならセルフケアでは症状は改善できない
  • 自分の症状にあった医学的根拠のあるAGA治療ができる
  • 早期に対策をするほと効果も発揮されやすい

などがあります。AGAは進行性の脱毛症ですので、ただのつむじ割れだと思いこんでいると、つむじはげが広がりカッパハゲの状態になっていることも考えられます。

ですので、あなたが

  • つむじ割れだと思っていたらハゲっぽい
  • つむじが大きくなってきたように感じる
  • 髪型を気をつけてもつむじが割れる

などと悩んでいるのなら、まずは自分がAGAであるかを薄毛専門の医師に判断してもらいましょう。

AGAの特徴には、つむじ周辺に症状がでやすい・髪が細くなるがあり、つむじ割れとなる原因と一致するため、早期にAGAの確認をおすすめします。

まずは薄毛専門のクリニックの医師に、自分のつむじの状態を相談ることから始めてください。

\つむじ割れからハゲの傾向を感じている人へ/

※つむじはげは脱毛症なので自分で改善は難しいです

 

つむじ割れになる男の5つ原因。薄毛の危険性もある

  1. 寝癖
  2. スタイリング
  3. 生まれつき
  4. 加齢
  5. AGA(男性型脱毛症)の発症

縦割れや横割れであっても基本の原因は同じです。またつむじ割れだと思っていたら、実はつむじはげだったという場合もあります。

自分がつむじ割れになっている原因を把握しておかないと、最悪の場合つむじはげが進行してしまいます。

1.寝癖でつむじが割れる

髪を洗った後にドライヤーで乾かさずに就寝してしまうと、寝癖としてつむじ割れを引き起こしやすいです。

髪は濡れた状態だと形を変えやすく、乾くと形をキープします。さらに寝ているときに寝返りにより頭を動かすことで寝癖がつきやすくなります。

寝癖が原因であれば、髪をまた濡らしてセットし直せばつむじ割れも直ります。

2.スタイリングの失敗

間違ったスタイリングをしているとつむじ割れになることもあります。

つむじ割れを防ごうと行っているスタイリングが、実は逆効果であることも多いです。例えば、スタイリング剤の使いすぎると、重みでつむじが割れてしまうこともあります。

さらに寝癖を直さないままスタイリングをすると、ますますつむじ割れが目立ってしまいます。寝癖を直すには、しっかりと毛の根本まで濡らして髪の状態をリセットしなくてはいけません。

3.生まれつきの髪質の問題

生まれつきつむじが大きかったり髪質の問題から、つむじ割れを起こしやすい人もいます。特に髪質が細くて柔らかい人・猫っ毛の人はつむじ割れを起こしやすいです。

生まれつきの場合は、ヘアスタイルなどで対処していきましょう。美容師さんに相談すると、自分の髪質にあったつむじ割れを起こしにくいヘアスタイルを提案してくれます。

4.加齢でつむじが割れやすくなる

歳を取るごとに髪の太さは細くなりますので、つむじ周辺の髪が細くなった結果、つむじ割れが起こることもあります。

最近になりつむじが割れるようになったのであれば、髪が細くなったためと考えられ薄毛になりつつあると言えます。

歳のせいだからと放置すると、ますますつむじ割れがひどくなり、いずれはつむじはげ発展することもあります。

5.AGA(男性型脱毛症)を発症した

AGA(男性型脱毛症)はつむじ周辺に症状が出やすい特徴があるため、つむじ割れに加えてつむじにハゲの傾向を感じているのであれば、AGAの発症も疑われます。

AGA(男性型脱毛症)は進行性の脱毛症のため発症すると、髪が細くなり抜け毛が増えます。AGAの発症により、つむじ周辺の髪が細くなることでつむじ割れが起き、やがてはつむじはげにまで進行します。

AGAの対策方法については後述する『AGAなら治療しないとつむじはげが進む』もご参考になさってください。

つむじ割れかはげかの見分け方

つむじ割れだと思い込んでいたら、実は「つむじはげ」である可能性もあります。

つむじはげであった場合は、放置しておくとハゲが進行する確率が高く、つむじ割れと思い込んでしまうのは危険です。自分のつむじが、つむじ割れなのかハゲなのかを見極めていきましょう。

つむじ周辺の髪から確認

つむじ周辺の髪の状態が、他の髪の部分よりも細くないかを確認しましょう。

髪が細くなっているのなら、髪に栄養が行き渡らず成長できていない毛と考えられ、薄毛の傾向があるといえます。

抜け毛の状態から確認

ドライヤー時などに抜ける毛を確認し、細くて短い毛が多くないかをチェックしてください。

本来であれば、太く長く成長するはずの毛が、ハゲの症状により短いまま抜けていると考えられます。

つむじの渦の様子を確認

つむじの渦の巻き方が弱い・渦を巻いていない状態になっていないのかを確認しましょう。

特に若い頃と比べて、つむじの渦の巻き方が弱くなったのなら、すでにつむじはげになっている可能性があります。

つむじが割れたときの対策

ドライヤーをあてて直す

寝癖が原因であれば、髪の根本までをしっかりと水で濡らしていきましょう。その後にドライヤーを使って、しっかりと癖を取っていきます。

つむじが割れないドライヤーの当て方がありますので、動画参考にし工夫してみてください。

生まれつきならヘアスタイルでカバー

生まれつきつむじが割れているのであれば、ヘアスタイルで目立たなくしていきましょう。

どんな髪型が良いかは、自分の髪質や量で変わってきますので、美容師さんに相談するのがおすすめです。パーマをあてるとトップにボリュームがでるので、つむじ割れを予防することができます。

もしAGAなどの薄毛が原因であれば、いずれはヘアスタイルではカバーできなくなりますので、根本的な対策も必要です。

増毛パウダーで一時的に隠す

どうしてもつむじ割れが気になり、ドライヤーやヘアスタイルなどで直せないのなら一時的に隠すために増毛パウダーや増毛スプレーを使っていきましょう。

今では、より自然な形で一見使用がわからない増毛スプレーが多いので一時的につむじ割れを隠すのにはピッタリなアイテムです。

ただし、あくまでも一時的に隠すものですから根本的な対策にはなりませんので、増毛スプレーなどで隠しつつも薄毛対策を行っていきましょう。

加齢の場合は髪を育てていく

歳を取ると髪は細くなっていきます。細い髪は栄養が足りていない状態のため抜けやすくなり抜け毛が増えることで、つむじ割れを引き起こします。

まずは、食生活や睡眠時間などの生活面の見直しを行い、シャンプーの変更や育毛剤を使用していきましょう。

アミノ酸系のシャンプーならば、頭皮に負担が少なく洗浄でき、髪を育てる土台作りが可能です。

育毛剤は、髪を育てて抜け毛を予防してくれる効果がありますので、今の髪の状態をキープしつつ髪を育てることができます。

年齢だからと諦めて何も対策しないでいると、年々髪は細くなりますので何かしらの対策を行っていきましょう。

AGAなら治療しないとつむじはげが進む

  • つむじ割れからハゲの傾向を感じている
  • つむじ周辺の髪が細くなりボリュームもない
  • でも、ハゲたくない

という方であれば、つむじはげの進行を防ぐためにも、自分がAGAであるかを判断し適切な薄毛対策に動きだしましょう。

つむじ周辺にハゲの傾向を感じている時点で、すでにAGAを発症している可能性があります。

早期のうちからAGAの発症の有無を判断するメリットとして

  • AGAが原因ならセルフケアでは症状は改善できない
  • 自分の症状にあった医学的根拠のあるAGA治療ができる
  • 早期に対策をするほと効果も発揮されやすい

などがあります。

ですので、あなたが

  • つむじ割れではなくハゲじゃないか
  • つむじの渦が弱くなっている
  • ほぼ毎日つむじ割れが起こる

などと悩んでいるのなら、まずは自分がAGAであるかを薄毛専門の医師から判断してもらいましょう。AGA発症には正確な基準はないため、最終判断は、薄毛専門の医師からしてもらってください。

早期のうちから治療を開始すれば治療効果も発揮されやすく、費用負担も少なくなりますので、できるだけ早くに治療を開始してください。

※つむじ割れからハゲの傾向がない人は相談しなくても大丈夫です

24時間無料相談を受け付けています

 

つむじ割れから薄毛になりそう男は要注意

つむじ割れの原因は複数ありますが、加齢によるもの・AGAが原因であれば根本的に解決しないと、いつまでもつむじ割れが発生します。

特にAGAであった場合は放置しておくと、いずれはつむじはげに進む確率が高いです。自分のつむじ割れが、つむじはげではないかの確認をしておきましょう。

つむじの渦の巻き方が弱い・抜け毛が細くて短いものが多いのであれば、すでにつむじはげに移行している可能性もあります。

つむじからハゲの傾向を感じたのなら適切な対策を取るためにも、まずは自分がAGAを発症しているのかを薄毛専門の医師から診断してもらってください。

AGAであれば、クリニックでの治療を開始し、AGAでなければ、髪型やドライヤーのあて方などでつむじが割れないように対処していきましょう。また、セルフケアでつむじ周りのケアを行っていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました