頭のてっぺんの髪の毛が短いのでツンツン立つ原因

頭のてっぺんの髪の毛が短い原因や対策方法について解説しています。

頭のてっぺんの髪の毛が短い原因

いま、あなたはこんな悩みはありませんか?

  • 頭のてっぺんの短い毛が目立つ
  • アホ毛が多くなってきた
  • スタイリングをしてもアホ毛が立つ

頭のてっぺんの髪が短い2つの原因

頭のてっぺん、つまり頭頂部の短い毛は、アホ毛やパヤ毛とも呼ばれており原因は主に2つあります。

  1. 新しく生えてきている毛
  2. 切れ毛

1.新しく生えてきている毛

新しく生えてきている毛である場合は、髪の毛が伸びると目立たなくなります。ドライヤーのあて方や、ヘアケア用品を使って、毛を寝かせるように対処していきましょう。

2.切れ毛

髪が成長しきる前に髪が切れてしまい短いままピンと立つようになります。髪への栄養不足や、頭皮の乾燥、ホルモンバランスの乱れなどが原因で切れ毛になります。

やってはいけないアホ毛の対処方法

頭のてっぺんの髪がピンと立つからといって、抜いてしまうのはいけません。

無理に抜くことで毛穴にダメージを負い、アホ毛の原因となるだけでなく薄毛の原因ともなります。アホ毛があるたびに抜いていると、頭のてっぺんだけが薄くなってしまいます。

アホ毛は目立たなくなるかもしれませんが、次は頭皮が目立ちハゲているように見えてしまいます。

緊急の対策方法。根本的な解決ではない

今のアホ毛を今すぐなんとかしたいのなら、ヘアスプレーやワックスで無理やりアホ毛を寝かせるしかありません。

ただし、効果は一時的なものなので根本的には解決できない方法です。ずっとアホ毛に悩まされないためにも根本的なケアも同時に行っていきましょう。

頭皮を保湿して根本的に解決

頭皮を乾燥から守るため、頭皮専用のローションなどで保湿ケアを行いましょう。

また、洗浄力の高いシャンプーは乾燥しやすいので、シャンプーやトリートメンと見直すようにしていきましょう。

さらに頭皮の乾燥を防ぐためにもドライヤーをあてるときは、15センチほど離してあてるようにしましょう。

毛穴のケア

毛穴に汚れが詰まっていたり、うまく栄養を髪に行き渡らせずにいると切れ毛の原因になります。頭皮ケアができるシャンプーに変更したり、育毛剤などを使ってケアをしていきましょう。

髪の毛が成長しきれず、いつまでもアホ毛が目立つ

そのままにしておくと・・・・

  • 切れ毛が多くなり、ますますアホ毛が目立っていく
  • 髪が成長しきれずに切れ毛となり、髪の毛がキレイに伸びない
  • 無理に抜くことで髪全体が薄毛になっていく

髪が成長しきれずに途中で切れてしまっているので、いつまでたってもアホ毛として目立ってしまいます。

スタイリングに時間が取られず準備時間が短縮できる

切れ毛対策をすると得られる未来・・・

  • 毎朝スタイリングに時間が取られなくなりスムーズに準備が完了する
  • スプレーやワックスで無理にアホ毛を寝かせる必要がなくなので髪もベタつかない

毎朝時間を取られていたスタイリングも、サッと終了できます。また、スプレーなどで無理にごまかさなくて済むので髪への負担も減ります。

切れ毛対策には時間もかかるが毎朝のスタイリングに悩まなくなる

切れ毛対策にもデメリットはあります

  • スプレーなどの対処方法は一時的な効果しかない
  • 切れ毛をケアするには効果が出るまでには時間がかかる

スプレーなどでアホ毛を抑えるのは、あくまでも一時的な効果しかありません。アホ毛の原因となる切れ毛をケアしないといけませんが、効果が出るには時間もかかります。

ですが、根本的な切れ毛に対するケアをするとアホ毛も収まってくるので、毎朝スタイリングに悩まされることはなくなります。

使いたくもないスプレーで無理に固める必要がなくなる

あなたが切れ毛対策をすることのメリット

  • 切れ毛がケアできるとアホ毛もなくなる
  • 無理にスプレーなどを使う必要がなくなる
  • 髪全体にボリュームが出る

切れ毛をケアすることは、髪が短いまま切れることなく育てることにもつながります。今までは短いままだった毛が十分に伸びることで、全体的なボリュームアップにもなります。

切れ毛をケアは髪全体のケアにつながる

頭皮の栄養不足や髪のダメージから切れ毛になり、頭のてっぺんの髪の毛が短くなりアホ毛として目立ってしまいます。

切れ毛の対策は、アホ毛の対策ではなく髪全体のケアといえます。毛穴の汚れなどを除去することで頭皮環境を改善することは、髪全体を健康に導きます。

スプレーなどの一時的な対策だけでなく、頭皮専用のローションやシャンプーの見直しなどで、切れ毛の根本的な対策を行っていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました