入力していた文字が消える!上書きモードを解除すればサクッと問題解決

文字消える記事のアイキャッチ パソコン困りごと

文字入力していたら「もともと書いてあった文字が消えて入力されてしまう!」となって困ったことありませんか?

入力していた文字が消えて上書きされるのは、入力モードが「上書きモード」になっているためです。

文字が消えて入力されない方法、上書きモードも解除方法を紹介します。勝手に上書きモードになって困っている人は、参考になさってください。

勝手に文字が消える「上書きモード」解除方法!インサートを押すだけ

  • [Insert]キーを押す
インサートキーの位置画像

[Insert]キーの場所

文章入力の「挿入モード」から「上書きモード」への切り替えは、キーボードにある[Insert]キーを押します。

キーボードによっては[Ins]と記載されているタイプもあります。

[Insert]キーを押すと、挿入モードと上書きモードの切り替えができます。

今どちらのモードになっているのかは、下部にあるステータスバーにて確認できます。

キーボードにInsertキーがない場合

[Insert]キーがない場合は、パソコンの検索から「スクリーンキーボード」と検索し起動します。

[Windows]キーを押して、出てくる検索窓から「スクリーンキーボード」と検索しましょう。

もしくは、[Windows] + [Ctrl] + [O] のショートカットでもスクリーンキーボードが呼び出せます。

スクリーンキーボードの画像

スクリーンキーボードから[Insert]を押す

表示されたスクリーンキーボードから[Insert]キーを押せば解除できます。

【まとめ】押し間違えでの切り替えが原因

インサートキーを間違えて押してしまっていて、気が付かずに「上書きモード」になっていることありま
すよね。

私は、BuckSpaceキーと間違えて押している場合が多いです。BuckSpaceキーやDeleteキーの近くにあるので、間違えて押してしまう人が多いです。

上書きモードは、入力する文字数が変わらなければとても便利な機能です。

例えば、桁が変わらない数字の入力の修正は、上書きモードだと元の数字を削除しなくてもよいのでとても便利です。

ですが、一般的にはあまり使用しないのがほんとんど。

間違えて上書きモードになっていたときは、インサートキーを押して挿入モードに戻していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました