スクロールロックを解除!キーボードの矢印下線のマークの点灯をサクッと消す

スクロール解除記事のアイキャッチ パソコン困りごと

「キーボードの矢印キーが動かない!」となって、キーボードをふと見ると、矢印に下線が付いたマークにランプがついている、なんてことがあります。

キーボードの右上のあたりにある矢印に下線の付いたマークのランプが付いているときは、スクロールロックがかかった状態です。

スクロールロックがかかっていると矢印キーは作動しません。そこでスクロールロックの解除方法をまとめました。

スクロールロックを解除。迷わずサクッと簡単操作

  • キーボードの[ScrollLock]キーを押す
  • スクリーンキーボードから[ScrollLock]キーを押す

スクロールロックキーの場所の画像

スクロールロックは、キーボードにある[ScrollLock]キーを押すと解除できます。

キーボードによっては[ScrLock][ScrLk]と省略して記載されているタイプもあります。

[ScrollLock]キーがない場合の解除方法

[ScrollLock]キーがない場合は、パソコンの検索から「スクリーンキーボード」と検索し起動します。

[Windows]キーを押して、出てくる検索窓から検索すればOKです。

もしくは、[Windows] + [Ctrl] + [O] のショートカットでもスクリーンキーボードが呼び出せます。

スクリーンキーボードの画像

表示されたスクリーンキーボードから[ScrollLock]を押せば解除できます。

スクリーンキーボードでは[ScrLK]と表示されている場合がほとんどです。

ショートカットでも解除可能な場合もある

ショートカットキーでスクロールロックの解除が設定されているパソコンもあります。パソコンの機種によって違いますが、多いのは2つです。

  • [Fn]キー+[s]キー
  • [Fn]キー+[c]キー

ショートカットはパソコンによって違いますので、スクリーンキーボードを呼び出しての解除方法が基本となります。

パソコンのスキルを上げて仕事の効率アップ

あなたがパソコンのスキルアップをしたいのなら、 マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)の勉強がおすすめです。

MOSは、マイクロソフトが公認している資格です。エクセルやワードの使い方をマスターすれば、今よりも仕事の効率もアップします。

独学で学ぶこともできますが、どうせならスクールに通うのが一番です。

ですが、金銭的・時間的な負担もありますので、独学とスクールの中間でもある通信講座がおすすめです。

有名なところでは、ユーキャンでもMOSの講座がありますよ。

まずは、無料で資料請求して、自分に必要かどうか確認してみましょう。必要と感じたら、スキルアップのためにも講座受講を考えればOK!

\ユーキャンからも講座あり/

※まずは無料で資料請求からスタート!

タイトルとURLをコピーしました