おでこ後退の見分け方は?3つの方法から確認して対策を開始

おでこ後退の3つの見分け方について説明しています。自分のおでこがハゲているのかいないのかを冷静に判断し、対策を開始していきましょう。

おでこ後退の見分け方は3つ

  1. おでこの広さを確認する
  2. おでこの毛の状態を見る
  3. 前髪が透けて見えないか

薄毛の症状によりおでこが後退しているのかの確認方法は上記の3つがありますので、一つずつ確認していきましょう。

1.おでこの広さを確認する

  • おでこの広さが6センチ以上
  • 眉毛の上から生え際まで指4本以上

日本人の平均のおでこの広さは6センチとされています。

眉毛の上から生え際まで6センチ以上の広さがあれば、日本人の平均より広いおでこと言えます。

眉毛の上から小指から指をおき、生え際まで指が4本以上入ると広いおでこといえます。

男性の小指から人差し指の長さが約6センチありますので、定規がない場合の目安としてください。

おでこの広さを指で確認する方法については下記の記事もご参考になさってください。

おでこが広い。指4本も入るのはさすがにハゲの証拠?!
おでこに指4本入るとハゲなのかについて解説しています。おでこが広くてハゲの兆候があったときの対策も知っておきましょう。

2.おでこの毛の状態を見る

おでこの毛、つまり生え際の毛の状態が、他の部分よりも細くなっていないかを確認してください。

また髪質もコシがなく柔らかくなっていないか、産毛が生えていない、もしくは産毛があっても成長しないままではないかもみてみましょう。

髪が細く柔らかいのは、髪が成長できていないためと考えられ、簡単に抜け落ちやすい状態といえ、おでこが後退する原因となっています。

3.前髪が透けていないか

前髪をおろした状態で、頭皮が透けていないかを確認しましょう。

髪がスカスカに透けてみえるのは、おでこの髪の1本1本が細くなっているためと考えられます。

細くなったおでこの髪に光が入り込み、頭皮が透けるようになっています。

前髪の部分だけ頭皮が透けて見えるのであれば、おでこが後退しているサインとも考えられます。

おでこが広くてもハゲとは言い切れない理由

おでこが後退しているサインと当てはまったとしても、絶対にハゲであるとは言えません。

もともとおでこが広い人、後退してきたと勘違いをしている人もいるためです。

以前のおでこより後退しているのかが大事

おでこの広さがハゲであるかの基準ではなく、もともとの広さよりもおでこが後退していないかで判断しないといけません。

以前と比べておでこが後退したことで広くなっているのであれば、薄毛になっていると考えられます。

特に思春期が終わり成人してから、生え際が後退していないかを確認してください。成人してから変わるは普通にありえることです。

おでこの全体に後退するU字型、左右の部分が後退するM字型など、おでこが後退していく部分も違います。

以前のおでこの広さがわからず、今から後退していかないかを調べようとするのは、おすすめできません。

ハゲの症状は少しずつ進行していくパターンが多いため、おでこが後退していっていることに気が付きにくいこと、放置しているとハゲが進んでしまうことが理由です。

生え際の毛や抜け毛の状態から、ハゲの傾向を感じているのなら、客観的にハゲを発症していないのかを調べていきましょう。

おでこが後退する原因は一つではない

  • 生活習慣は禿げの天敵
  • 髪型でもハゲる
  • 加齢によって後退していく
  • AGA(男性型脱毛症)の発症

生活習慣は禿げの天敵

食生活の乱れ・睡眠不足・ストレスなどの生活環境が乱れていると薄毛の原因にもなります。

脂っこい食事が多い・外食が多いと皮脂が過剰に分泌されやすく、毛穴詰まりの原因となります。

髪の成長ホルモンは就寝中に分泌されますので、睡眠不足が続くと髪の成長に悪影響がでます。

ストレスに晒されると自律神経が乱れ頭皮の血行が悪くなり、髪にも栄養が十分に行き渡らなくなります。

髪には直接影響はないと思われがちな生活環境ですが、実は薄毛の原因となっています。

髪型でもハゲる

おでこの部分だけがあきらかに後退している場合、牽引性脱毛症である可能性があります。

牽引性脱毛症は、同じ部分の髪を強く引っ張られることで髪が抜ける脱毛症で、特に女性に多く見られます。

ポニーテール・お団子などの髪型を続けていると起こりやすく、男性であっても前髪を引っ張られる髪型、オールバックなどをしていると起こります。

ずっと同じ分け目をしている、同じ髪型をしているときも起こりやすい脱毛症です。

加齢によって後退していく

歳を重ねるごとに髪は細くなっていきます。

細い髪は簡単刺激でも抜けやすくなるため、加齢に伴いおでこは後退しやすくなっていきます。

男性であれば20代をピークに徐々に髪が細くなり、女性であれば30代後半から髪が細くなります。

男性の方が髪が細くなる年齢が早いため大学生の年齢であってもハゲてくる人もおり、薄毛対策も若いうちから開始しなければいけません。

AGA(男性型脱毛症)の発症

AGA(男性型脱毛症)を発症すると、髪は細くなり抜け毛が増えハゲが進行していきます。

AGAの場合、前髪部分・つむじ周辺に症状が出やすい特徴ありますので、おでこが後退してきたと感じているのならAGAの発症も疑われます。

AGAであった場合は、セルフケアでの改善は難しく、症状の改善のためにはクリックなどで治療を行なわないといけません。

生え際が回復した人の多くは専門のクリニックで治療をしている人となります。

おでこを後退させない対策は早めに実施

  • 生活習慣を見直しは必須
  • セルフケアを開始する
  • AGAを発症していないかを調べる

生活習慣を見直しは必須

食生活や睡眠時間、喫煙、ストレスなどを見直して改善していきましょう。

育毛剤などで薄毛対策をしたとしても、生活面の改善ができていないと、おでこを後退させる原因部分が残ったままとなるため、薄毛も改善されません。

全ての生活面を改善させることは難しいですが、できる点からでも始めていきましょう。

髪の成長ホルモンは就寝中に分泌されますので、特に睡眠時間の確保には意識して取り組んでみてください。

セルフケアを開始する

加齢によって年々髪が細くなるのですから、例えAGAを発症していなくとも何もしないでいるとおでこは後退していきます。

年齢のため諦めるのではなく、髪を育て守っていくセルフケアを開始しましょう。

髪を育てるには、頭皮環境を回復させないといけません。生活面の改善ができても、髪が育つ土台がないと髪は十分に育たたないからです。

頭皮マッサージをして頭皮の血行を改善する、シャンプーを変更して髪が育ちやすい環境作りをする、育毛剤を使用してハゲ予防を行うなどのセルフケアを行っていきましょう。

AGAを発症していないかを調べる

  • おでこが後退してきたと自覚がある
  • おでこの広さが6センチ以上ある
  • 生え際の毛が細くて柔らかい

という男性の方であれば、すでにAGAを発症している可能性があるため、早期にうちに薄毛専門のクリニックでAGA発症の判断をおこないましょう。

AGAは生え際、つまりおでこにハゲの症状がでやすい特徴があるためです。

AGAの発症の有無をを早期のうちに行うメリットとしては

  • 薄毛症状は早期に対策をするほど回復が期待できる
  • 症状が進むほどに回復が困難になる
  • 自分のおでこの症状にあわせた医学的根拠のある治療ができる

などがあります。

育毛剤などのセルフケアでは、すでに広くなったおでこを発毛により狭くすることはできませんが、AGA治療では発毛効果のある治療が可能です。

ですので、あなたが

  • おでこが後退してきてハゲないか不安
  • 昔よりも明らかにおでこが広くっている
  • でも、ハゲたくない

と悩んでいるのなら、放置していてもおでこの後退は止められず、むしろ広くなる可能性が高いですので、早々にAGAの発症の有無を判断していきましょう。

AGAであるかどうかに明確な基準はありませんので、正確に判断するためにも最終判断は薄毛専門の医師から判断してもらってください。

今ではオンラインからでも診察が可能なクリニックもありますので、まずは気楽に自分のおでこの状態を相談することから始めていきましょう。

AGAが原因ならばセルフケアでは改善はできません

※おでこの広さが気にならない人は相談する必要はありません

 

おでこ後退の見分け方は?該当したら対策は必須

おでこの後退が薄毛の症状によるものかの確認方法としては

  • おでこの広さを確認する
  • おでこの毛の状態を見る
  • 前髪が透けて見えないか

などがあります。

ですが、もともとおでこが広い人もいますので、以前のおでこよりも後退しているのかどうかでも判断してください。

以前よりも生え際が後退し、おでこが広くなっているのであればハゲ、つまりAGAを発症している可能性があります。

おでこの後退を防ぐためにも、まずは自分がAGAであるかどうかの確認をしていきましょう。

AGAであればセルフケアでの対策を開始し、AGAであればクリニックなどで治療を開始してください。

タイトルとURLをコピーしました