はげの遺伝の割合から将来の薄毛度が予想できる。でも絶望しなくてもよし

ハゲが遺伝する割合は、母方の祖父がハゲている場合は75%の確率で遺伝子を受け継ぎます。

遺伝子を受け継いでいてもハゲる確率が高いだけで、必ずしもハゲるわけではありません。ハゲになる原因は遺伝だけでなく、他の要素からもハゲを発症し、自分がどの原因でハゲたのかは判断できません。

ですから、遺伝でハゲになる割合が高い人こそ、他の原因を取り除く対策を早々に開始しないといけません。ハゲる割合が遺伝により高いのであれば、遺伝の要素がない人よりも早期に薄毛対策を開始しましょう。

早期に対策するメリットとしては

  • 遺伝以外の原因でハゲることを予防できる
  • ハゲる原因を予防することで発症を遅らせることができる
  • 早期に対策するほど効果が発揮されやすい

などがあります。ですので

  • 家族がハゲているので自分もハゲそうで不安
  • 遺伝だからと半分ハゲを諦めている
  • ハゲにはなりたくない

と悩んでいるのなら、まずは自分ができる薄毛対策から始めていきましょう。遺伝だからと諦めて何も対策しないでいると、他の要素からハゲていくこともあります。

ハゲないためにも、育毛剤などから今ある髪を育て守っていってください。

\家族にハゲている人がいるあなたへ/

※遺伝だからと諦めるとハゲになるだけです

 

はげの遺伝の割合は母方次第で変わる

はげになる原因の一つには遺伝があり、遺伝の割合は母方の家系が薄毛であるかで変わります。

母方の祖父がハゲなら75%の割合で遺伝子を受けつぐ

ハゲの原因となる「アンドロゲンレセプター」という遺伝子は母親から受け継ぐため、母方の家系が薄毛ならば、ハゲになる遺伝子を受け継ぐ割合も高くなります。

特に母方の祖父がハゲている場合は75%の割合で受け継ぎ、さらに母からの祖父と曽祖父がハゲている場合90%の割合いで受け継いでしまいます。

母方からハゲの遺伝子を受け継ぐ理由

遺伝子のX染色体に薄毛の遺伝子情報があり、男性は、母親のX染色体と父親のY染色体を受け継ぎます。

男性は、薄毛の遺伝子情報を母親から受け継ぐため、母方にハゲの人がいれば薄毛の遺伝子も受け継ぎ、自分もハゲになる割合は高くなります。

父親がハゲている場合も割合は高くなる

ハゲに関わる「アンドロゲンレセプター」という遺伝子は母親から受け継ぎますが、それ以外のハゲに関わる遺伝子は父親からも受け継ぎます。

例えば、薄毛の原因となるDHTに変換する酵素「5αリダクターゼ」の活性度は父親からも受け継ぎますので、父親がハゲていると自分もハゲる確率は高くなると言えます。

遺伝だからと諦めていると他からもハゲていく

  • 遺伝だからと諦めている他の原因からハゲになり進行度も早まる
  • 家族もハゲで自分もハゲだと女性から嫌煙されてしまう
  • 髪が気になり女性に対して積極的にコミュニケーションが取れない

他の原因からハゲていたとしても「遺伝だから」と諦めていると、改善できるハゲも見過ごすだけです。ハゲは遺伝だけで決まるものではないので、実際自分が何でハゲているのかは不明です。

遺伝子は受け継ぐが絶対にハゲるわけではない

母方の祖父がハゲであるため75%の割合で遺伝子を受け継ぎますが、必ずしもハゲになるとは限りません。AGAを発症しやすい遺伝子は受け継いだとしても、発症するかは別の話になります。

AGAが発症する原因は完全には解明されておらず、また遺伝以外の要因でも発症するため、ハゲの原因となる遺伝子を受け継いでいないとしてもハゲになる可能性はあります。

遺伝子を受け継いでいるのかは検査でわかる

遺伝してるかは血液検査や遺伝子検査、簡易キットなどで判明しますが、AGAになりやすい体質かどうか、薬が効くかどうかを調べることが目的です。

遺伝以外のハゲの原因も考えるべき

AGAは遺伝だけでなく、生活習慣やストレス、睡眠などが原因でも発症します。家族にハゲがいないからといって安心はできませんし、遺伝要素が高いからといって悲観することもありません、

ただ、遺伝の割合が高い人は他の要因が重なると、普通の人よりはハゲやすいとも言えます。遺伝だけの原因を考えるのではなく、他の要素からハゲないように対策を行わないといけません。

遺伝でもできる対策はある

遺伝的要素が高いとなると「絶対にハゲる」「治療方法はない」と悲観しがちですが、そうではありません。遺伝が原因であっても、AGAのクリニックで治療を開始すれば、症状の改善や予防は可能です。

すでにハゲている人は、病院での治療を開始しましょう。自分の症状にあった薬を処方してくれ、医師と相談しながら治療方法を決められます。

遺伝以外の原因を取り除くのが大事

ハゲは遺伝だけで決まるのではなく、他の要素が引き金となり発症することもあります。

遺伝だけでなく他の原因からもハゲが進むこともありますので、薄毛予防の対策は、遺伝によりハゲる確率が高い人ほど早々に開始しないといけません。

遺伝だからと諦めていると、気がついたときは他の原因からハゲになっていたということもありえます

最悪の事態を引き起こさないためにも、生活面の改善や、シャンプーの変更、育毛剤でのケアを始めていきましょう。

遺伝の割合が高くても諦める必要はない

ハゲを引き起こす遺伝子は、母親からも父親からも受け継ぎます。特に母親の祖父がハゲていると75%の割合で遺伝子を引き継ぎます。

ですが、ハゲの遺伝子を受け継いでも必ずしも発症するわけでもなく、何のケアもできないわけではありません。

遺伝の割合が高い人であっても、AGAでの治療や、その他の原因を取り除くことで、薄毛の発症や予防は十分に可能です。

遺伝だからと諦めて何の対策をしないよりも、AGAクリニックでの治療や、育毛剤での対策を開始しましょう。

他の原因からのハゲを予防するのであれば、まずは育毛剤でのケアがおすすめです。

\遺伝する割合が高い人へ/

※遺伝だからと諦めていてもハゲるだけです

 

タイトルとURLをコピーしました