つむじが渦巻いてないとハゲ?つむじ周辺の髪質をチェックして原因と対策を探ろう

もともと渦が巻きが弱いつむじもあるので、つむじが渦巻いてないだけでハゲかどうかは判断できません。

つむじでハゲかどうか判断するには「昔と比べてつむじがどう変化したのか?」です。

以前はハッキリと渦を巻いていたつむじなのに、今は渦を巻いていないのならハゲの兆候であると言えます。というのも、AGAの症状の結果、つむじが渦を巻けなくなったためと考えられるためです。

つむじからハゲの兆候を感じたのなら、自分がAGAであるかどうかを確認するのが大事です。AGAでない場合とAGAである場合では、適切な薄毛対策が違います。

ですので、つむじが渦を巻いていないのなら、まずは自分がAGAであるかどうかをクリニックで判断してもらいましょう。なぜなら

  • 自分がAGAであるか正確に判断してもらえる
  • 自分にあった適切かつ効果的な対策を選ぶことができる
  • オンラインからでも医師から判断してもられる

などのメリットがあります。ですので、

  • つむじが渦を巻かなくなったのが気になる
  • つむじがどんどん大きくなっているように思う
  • 周りの人からハゲをからかわれたくない

と悩んでいるのなら、早期に薄毛対策を開始するためにもAGAかどうかを医師から判断してもらいましょう。つむじは、普段に目にしない部分だけに放置していると、気がついたときには薄毛が進行していることも多いです。

\つむじが渦を巻かなくなったと悩んでいる人へ/

※つむじはげは気が付かずに進行する場合が多いです

 

つむじが渦巻いてないとヤバイ人

つむじが渦巻いてないとヤバイと思いがちですが、実はつむじの渦の有り無しだけではハゲかどうかの判断はできません。

生まれつきつむじが渦を巻いていない人や、渦の巻き方が弱い人もいるためです。もともとつむじの渦の巻き方は弱い人は、そこまで心配する必要はありません。

渦が巻いていなくてマズイのは、昔は渦を巻いていたのに今は渦を巻いていない人です。薄毛が進行して、つむじが渦を巻かなくなったと考えられるためです。

ただ、渦が巻いているのかどうかだけでは判断できないので、渦以外でのチェック方法からも合わせて確認していきましょう。

つむじ周辺の髪の太さをチェック

つむじ周辺の髪の毛の太さが、他の部分の髪より細く柔らかい場合は要注意です。髪に栄養が行き渡らず、太く成長できていない可能性があり、つむじ周辺で薄毛の傾向があると言えます。

抜け毛の状態をチェック

シャンプー時などに抜けた髪の状態からハゲであるか確認する方法があります。細く短い抜け毛が多い場合は、髪が成長する前に抜けていると考えられ薄毛の傾向があると言えます。

渦を巻かなくなったつむじを放置した行く末

  • 自分では気が付かない間にハゲが進行していく
  • 周りから「カッパ」と陰口を言われるようになる
  • ハゲのイメージが定着しやすい

以前よりも明らかに渦の巻き方が弱くなった、渦を巻かなくなったのなら、つむじはげの対策を行わないと、どんどんハゲが進行する恐れが高いです。

自分では気が付かないまま「かっぱはげ」なることもある

つむじはげの特徴としては、自分では気が付かないうちに進行するパターンが多い点があります。

  • つむじは普段は目しにくい部分
  • AGAであれば気がつかず進行していく

つむじは普段から目にする部分ではないため、ハゲが進んでいても気が付きにくいです。そのため、最悪の場合、気がついたときはいわゆる「カッパハゲ」や「てっぺんはげ」の状態になっていることもあり得ます。

また、つむじはげがAGAがであった場合、知らずに進行が進んでいくことも考えられます。AGAは進行性の脱毛症なので、何も対策を行っていないとハゲは進んでいきます。

つむじという普段は目にしない部分とAGAであることが重なれば、より自分では気が付かずハゲは進行しやすいです。

つむじはげは他人から目立ちやすいハゲ

つむじはげは自分では目につきにくいですが、他の人からは目立つハゲです。座っているときに上から覗き込まれやすい部分、お辞儀をしたときに目立ちやすいハゲであるのも特徴です。

他人からの方が目立ちやすいハゲのため、影で「〇〇さんってハゲているよね」と言われたり、上司や同僚から「お前の頭ハゲてるな」とからかわれやすくなります。また「〇〇さんはハゲている」とハゲの印象も定着しやすいです。

人からハゲであることをからかわれたり、つむじはげを見られたくないのであれば、早々につむじはげ対策を行わないといけません。

つむじが渦を巻かなくなる原因は主に3つ

  1. 生活面の乱れ
  2. 加齢
  3. AGAの発症

1.生活面の乱れ

食生活や、睡眠不足、ストレスなど生活面での乱れがあると薄毛の原因になります。長年の生活習慣の乱れから徐々につむじはげが進行し、渦を巻かなくなったとも考えられます。

生活習慣が原因ですから、普段の生活面の改善を行わないとつむじはげは進行してしまいます。

2.加齢

髪の太さは歳を重ねるごとに細くなる傾向があり、男性であれば20歳をすぎると年々髪が細くなっていきます。

年々少しずつ、つむじ周辺の髪も細くなり、渦を巻く力がなくなったと考えれます。

3.AGAの発症

男性型脱毛症であるAGAを発症すれば、髪は細くなり抜け毛も増えます。つむじがハゲてきたのなら、AGAを発症している可能性があります。

AGAは進行する脱毛症ですので、発症に気が付かない間に症状が進行したと考えられます。

つむじが渦を巻いてないときの対策

つむじはげの対策には大きく、セルフケアと病院での治療の2つがあります。どちらの対策を選ぶのかは、AGAを発症していなければセルフケアを、AGAを発症しているのであればクリニックでの治療を選びましょう。

つむじが気になりだした初期段階ならセルフケアから開始

  • 生活面の改善
  • シャンプーの変更
  • 育毛剤の使用

つむじ周りの髪が細いまま成長できていないのは、髪にうまく栄養が行き渡っていないことも原因です。髪に栄養を届けるには頭皮が健康でなくてはいけません。

まずはセルフケアで頭皮環境を改善しつつ、育毛剤を使用して髪を育てていきましょう。

生活面の改善

薄毛は生活面の影響も関わっています。特に食事・睡眠・ストレスは薄毛の原因ともなりますので、まずは自分の生活面の見直しから始めていきましょう。

バランスの取れた食事内容を心がけ、ファーストフードや脂質の多い食事は控えるようにしましょう。また、髪の成長に必要なホルモンは寝ているときに分泌されますので、十分な睡眠時間を確保しましょう。

ストレスがあると自律神経に悪影響を及ぼし抜け毛の原因ともなりますので、気分をリフレッシュできる方法を見つけていきましょう。

すべての生活面を薄毛のために改善することは、正直難しいとは思いますが、自分が取り入れられるところだけでも取り入れていってください。

シャンプーの変更

洗浄力の高いシャンプーでは必要な皮脂まで落としすぎ、頭皮を乾燥させてしまいます。また、洗浄力が弱すぎると、汚れをしっかりと落とせず毛穴詰まりの原因ともなります。

どちらの場合も薄毛の原因となりますので、頭皮に刺激を少なくしつつも、汚れをしっかりと落とせるアミノ酸系や育毛系のシャンプーに変更していきましょう。

薄毛対策としてシャンプーを変更するのならば、育毛系シャンプーがおすすめです。

育毛剤の使用

シャンプーの変更などで髪が育ちやすい頭皮環境が整えば、育毛剤を使用して実際に髪を育てていきましょう。

育毛剤には、髪を強く育てることで抜け毛を予防する育毛の働きがありますので、つむじ周辺の髪にも効果が期待できます。

育毛剤の種類を間違えないことが大事

どんな育毛剤であっても、つむじはげが改善されるわけではありません。育毛剤はどれも同じ効果があると思われがちですが、実は種類があり、商品によって何の効果に特化しているのかが違います。

大きくわけると

  • 血行促進タイプ
  • 育毛・発毛促進タイプ
  • 頭皮改善タイプ

があります。

例えば、育毛剤チャップアップでは有効育毛成分が5種も配合され、さらにジンゲルシックスの独自成分が配合され、より育毛成分の効果を高めてくれます。

使用されている成分を確認しても、チャップアップは育毛・発毛促進に特化している育毛剤であると判断できます。つむじはげ対策で育毛剤を使うのであれば、チャップアップのような育毛・発毛促進タイプを選んで使っていってください。

AGAならば治療を開始しないとハゲは進行する

AGAを発症している人や、すでにつむじがハゲてしまっている人は、AGAのクリニックで治療を開始するのが効果的です。

専門の医師に診察してもらい自分の症状に合わせた治療方法(主に薬を使用)で、つむじはげの対策を行うことができます。

  • 治療は保険適用外となり実費負担
  • 定期的な通院が必要
  • 薬の副作用の心配も少なからずある

などの問題はあります。ですが、症状が進んでからの治療では、より高額になりますので早期に治療を開始した方がコストも少なくなります。

また、今ではオンラインで診察ができるクリニックもありますので、通院にも時間がかかりません。オンラインでの治療のメリットは、全国どこに住んでいてもレベルの高い病院を選べることにあります。

さらに、医師の診察がありますから、薬の副作用などの治療に不安な点もいつでも相談できます。本気でつむじはげを治したいのなら、病院での治療が効果的です。

自分がAGAであるかの判断からスタート

AGAの治療を行うかどうかは、まずは自分がAGAを発症しているのかを知ることが大事です。AGAであるかどうかで、行うべき対策も変わってくるためです。

自己確認だけではAGAであるかを判断するのは難しいため、AGA専門の医師から判断してもらうのが正確であり確実です。

オンラインで無料カウンセリングを行っているクリニックもありますので、一度自分のつむじの問題を相談してみてください。

\つむじの渦が巻かなくなった人へ/

※まずは自分がAGAであるかを知ることが大事です

 

つむじが渦巻かなくなった人は早期に対策を開始

以前はつむじが渦巻いていたのに、最近になって渦が巻かなくなった、渦の巻き方が弱くなった人は薄毛の傾向があると言えます。

つむじ周辺の髪の毛が、細く短くなっていないのかも合わせて確認してください。両方当てはまったのなら、つむじはげの可能性が高く、早々につむじはげの対策を開始しないとハゲは進行していきます。

つむじは、普段から目にする部分ではないため進行に気がつきにくく、「まだ大丈夫」と放置して思い出したころにチェックしてみると、つむじはげになっていたということにもなりかねません。

つむじから薄毛の傾向を感じたときから、薄毛対策を開始していきましょう。まずは自分がAGAであるかを確認し、AGAでなければセルフケアでの対策を開始し、AGAであれば治療を開始していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました