おでこの生え際に産毛がないとハゲの可能性もある、今からやるべき対策

  • 昔は産毛があったのに今は生えてこない
  • 生え際周辺の髪が細くて短い
  • 前髪が透けてハゲに見えるときがある

という男性の方であれば、すでにAGA(男性型脱毛症)を発症している可能性がありますので、早期のうちに薄毛専門のクリニックでAGA発症の有無を診断してもらいましょう。

AGAは進行性の脱毛症ですので、産毛すら生えてこない段階まで進んでいるのだとしたら、治療の効果も見込めないほどハゲが進行するのも早いと考えられます。

早期のうちにAGAの対策をするメリットとしては、

  • 早期に対策を開始するほど効果も発揮されやすい
  • 医学的根拠のある治療を受けられる
  • おでこの毛を生やす薬で治療を行える

などがあります。

ですので、あなたが

  • おでこに産毛がないからハゲていきそうでコワイ
  • 前髪がスカスカになってきてハゲに見える
  • でも、ハゲたくない

と悩んでいるのであれば、今以上に生え際からハゲを進行させないためにも早々に薄毛対策に動きだしていきましょう。

特にAGAは生え際にハゲの症状がでやすい特徴がありますので、おでこにハゲの傾向を感じているのなら、まずは自分がAGAを発症していないのかを確認してください。

\おでこに産毛が生えなくなってハゲそうな人へ/

※AGAならばセルフケアでは症状は改善できません

 

おでこに産毛がない=ハゲかの確認方法

もともとおでこが広い人は「産毛がない=ハゲている」とは言えません。ただ単におでこが広いだけであり、産毛のあるなしではハゲかどうかの判断はできません。

産毛すら生えてこなくなったのならヤバイ

昔はおでこに産毛が生えていたけれど、今は生えてこなくなっているのなら要注意です。薄毛が進行し、産毛すら生えてこなくなっている可能性があります。

おでこに産毛がないと、いずれはM字ハゲや、生え際が後退していく可能性があります。

生え際の毛の状態を確認してみよう

おでこの生え際の毛の状態を見て、細くて短い毛が多くないかを確認してみましょう。生え際の毛が細くて短いのであれば、ハゲの症状により髪が細くなっているとも考えられます。

産毛が生えてこないだけでなく、生え際の毛も抜けやすくなっている状態であり、ますますおでこが広くなっていく危険性もあります。

おでこに産毛がなくなる理由は男と女で違う

おでこに産毛がなくなる理由は、男性と女性とで違う原因もありますので、自分が何が原因なのかを確認することが大事です。

男性に多い理由

AGA(男性型脱毛症)の発症

AGA(男性型脱毛症)とは、薄毛男性の多くが発症している進行性の脱毛症です。おでこのハゲもAGAが原因の場合が多く、治療を開始しないと症状は進行していきます。

なおAGAの対策については後述する【産毛を生やす方法】をご参考になさってください。

食生活の乱れ

揚げ物やファーストフードなどの脂質の多い食事や、飲酒なども薄毛の原因の一つです。外食や飲み会などが多いと、自分では気が付かずに栄養面に偏りが出やすくなり、髪にも悪影響を及ぼします。

女性に多い理由

脱毛症の発症

女性の薄毛で多く見られるのが「びまん性脱毛症」の発症です。髪全体が薄くなった、分け目やつむじが目立つ、抜け毛の量が増えたなどの症状があれば、びまん性脱毛症の可能性があります。

食生活・ストレス・睡眠不足・ホルモンバラスンスの乱れ・加齢など複数の原因があり、女性であれば誰でも発症する可能性はあります。

メイクの影響

おでこの生え際までメイクをしていると、ファンデーションなどを落としきれないと毛穴に詰まり汚れが蓄積されていきます。

毛穴が詰まると髪に栄養を十分に運べなくなり、やがては抜け毛の原因になったり、毛が生えづらくもなります。

特に毎日メイクをしている人は、おでこの生え際まできちんとメイクを落とすことを心がけていってください。

ヘアスタイルの問題

ポニーテールや、髪をアップにするヘアスタイルを続けていると、髪が常に引っ張られている状態になり、牽引性脱毛を起こすこともあります。

髪に負担のかかる髪型を止めるか、時間を短くするなどの対処が必要です。

性別が関係のない原因

生活習慣の乱れ

食生活や、睡眠不足、喫煙、飲酒、ストレスなどは男と女は関係なく抜け毛の原因となります。生活面を見直していかないと、根本的な原因が残ったままになりますので、いつまで経ってもおでこから産毛は生えてきません。

まずは改善できる生活面の見直していくことが大事です。

加齢による影響

男性でも女性でも、加齢に伴って髪は細くなっていきます。細い髪は刺激に弱くなり抜けやすくなりますから、おでこの毛の状態にも影響を及ぼします。

男性であれば20代から、女性であれば30代から髪が細くなる傾向がありますから、髪を太くする育毛対策を行っていきましょう。

生え際に産毛がない場合の対処方法

すでにおでこがハゲの状態と、まだハゲでない状態で対策方法にも違いがあります。

ハゲであるかどうかの判断は、男性であればAGAの発症、女性であればびまん性脱毛症などの脱毛症の発症を基準にしていきましょう。

生え際の毛を守りキープする

まだハゲではなく、生え際の毛が細い状態であれば、育毛剤を使って毛を育て発毛を促進していきましょう。

生え際の毛を守りキープしていかなければ、生え際は後退していきおでこが広くなる・M字ハゲになる可能性もあります。

育毛剤であれば、髪を強く育てることで抜け毛を防ぐことにもつながります。さらに、頭皮の環境を改善することで発毛促進にもなりますから、おでこの産毛を生やすことも期待できます。

おでこに育毛剤を使うときの注意点

育毛剤はどれも同じだと思われがちですが、実はそうではなく何の効果に強みを持っているのかが商品によって違います。

大きく分けると、頭皮の血行を促進するタイプ、フケやかゆみを改善するタイプ、育毛に特化したタイプなどがあります。おでこのハゲ対策として育毛剤を使うのならば、育毛に特化したタイプを使うようにしましょう。

産毛を生やす方法

おでこに産毛もなく、すでにツルピカの状態になっているのであれば、病院での治療を開始してください。

すでにハゲてしまっているところから毛を生やすには、育毛剤などのセルフケアでは不可能で、発毛剤を使用するしかありません。

また、AGAは進行性の脱毛症であるため、セルフケアをしているうちにも薄毛は進行していきますので病院での適切な治療が効果的です。

AGA(男性型脱毛症)ならば治療を開始しないとハゲは止まらない

  • おでこの生え際に産毛がない
  • 昔よりおでこが広くなった
  • 生え際が後退してきている

という男性の方であれば、すでにAGA(男性型脱毛症)を発症している可能性がありますので、早期のうちに薄毛専門のクリニックでAGA発症の有無を判断していきましょう。

AGAは生え際にハゲの症状が出やすい特徴がありますので、おでこにハゲの傾向を感じている時点でAGA発症の確率は高いと言えます。

早期のうちにAGAの対策をしておくメリットとしては、

  • 早期に対策を開始するほど効果も発揮されやすい
  • 医学的根拠のある治療を受けられる
  • おでこの毛を生やす薬で治療を行える

などがあります。またAGAは進行性の脱毛症のため、おでこのハゲを食い止めるにはセルフケアでの対策では不可能です。

ハゲの症状は改善できず、最悪の場合は治療の効果も見込めなくなるほどおでこは後退していきハゲていきます。

ですので、あなたが

  • おでこに産毛が生えずハゲていきそうで不安
  • 前髪がスカスカになってきてハゲに見える
  • でも、ハゲたくない

と悩んでいるのであれば、今以上に生え際からハゲを進行させないためにも早々に薄毛対策に動きだしていきましょう。

まずは薄毛専門のクリニックの医師に自分のおでこの状態を確認することから始めていきましょう。

※AGAならばセルフケアで改善はできません

おでこからハゲの傾向がない人は確認する必要はありません

 

おでこに産毛がないと気が付きたときから対策を開始

昔は産毛があったのに、今はおでこに産毛がない場合は、ハゲを発症し産毛がなくなったとも考えられます。

生え際の髪の状態を確認し、細くて短い毛が多いのであれば早期に薄毛対策に動き出しましょう。

AGAを発症しているのであれば、治療を行なわないと症状は進行していきます。

まだ、ハゲていないのであれば育毛剤を使って、おでこの後退を防ぎつつ発毛を促していきましょう。育毛剤ならば髪を強く育てることにもなりますから、抜け毛も予防でき総合的なハゲ対策が可能です。

どちらの対策を選ぶにしろ、まずは自分がAGAを発症しているのか・していないのかを判断しなければいけません。

薄毛専門の医師からAGAであるかの診断を受け、自分にあった適切な薄毛対策を取れるようにしていきましょう。

おでこに産毛がないと気になりだしたときからが、薄毛対策を始めるときです。悩んでいるだけでは、おでこに産毛は生えてきませんから、早期に薄毛対策に努めてください。

タイトルとURLをコピーしました