はげ?思い込み?悩みすぎてもダメ、放置もダメ。正しい判断が大事!

自分のはげは思い込みなのかは、自分の気持ちだけで判断しては危険です。

もし、はげでなくても思い込みすぎるとストレス性の薄毛に発展することもあります。また、ハゲであったときに「まだ大丈夫」と思い込み放置していると、薄毛は進行してしまいます。

まずは自分がはげなのかを冷静に判断し、はげの兆候があれば今から薄毛対策をしていきましょう。早期に判断するメリットとしては、

  • 自分にあった適切な薄毛対策を行うことができる
  • 早期に対策を開始するほど効果も発揮される
  • 将来ハゲないための対策を今から行える

などがあります。ですから、

  • どう見ても自分はハゲていると思う
  • 髪のボリュームがなくなった
  • 抜け毛の量が多くなった

などと悩んでいるのなら、まずは自分が本当にハゲなのかの判断を行っていきましょう。思い込みだけでなく正しく判断していくことが大事です。

\思い込みでの自己判断は危険です/

※まずは自分がAGAであるかを知るのが大事です

 

はげは思い込みなのかを勝手に判断すると危険

男性で薄毛であると感じている人は約26.7%に及び、その中で薄毛を気にしている人は74.8%にも及びます。

自分のつむじや生え際の状態や、抜け毛の量などから「自分はハゲている」と感じている人は、全体の約3割弱いることになります。

しかし、実際にはハゲていないのにも関わらず、薄毛であると思い込みのパターンも考えられます。ほとんどの人は勘違いであったり気にしすぎのことが多いです。

ですが、中には本当に薄毛になっている人もいます。薄毛は気がついたときからケアをしないと進行していきます。

いつからケアを開始するのかの重大な局面に立っていますので「思い込みだ」と勝手に判断するのも危険です。

自分は本当にはげているのか、それとも思い込みであるのかの適切な判断が大事です。

参考:(株)リクルートライフスタイル ホットペッパービューティーアカデミー【2020年薄毛調査報告書

思い込みすぎるとストレス性のハゲになる

自分がハゲていると心配しすぎると、ストレスがかかり、別の意味でハゲの原因となってしまいます。

ストレス性の不眠に陥ると、髪の成長ホルモンの分泌に異常が起き、髪を丈夫に成長させることができません。

薄毛を思い込みすぎることで、自分でハゲになるきっかけを作ってしまいます。

自分に自信が持てなくなると、職場の女性職員や女性の友人からの目が気になり、うまくコミュニケーションが取れなくなる可能性も出てきます。

抜け毛の量が増える・髪が実際に薄くなることで、ますますストレスがかかりハゲを促進させてしまいます。

薄毛が思い込みかどうか判断する基準

  • 医師から診断してもらう
  • 抜け毛の状態が細い・短い
  • 毛根の形が丸くない

医師から診断してもらう

薄毛で一番やっかいなのはAGA(男性型脱毛症)を発症していることです。AGAであるかどうか、ハッキリわかる方法は病院で医師から判断してもらわないといけません。

AGAの対策については後述する『AGA(男性型脱毛症)ならば治療を開始』を読んで下さい。

抜け毛の状態が細い・短い

実は抜け毛の本数だけではハゲになっているかどうかは判断できません。自分の髪の総本数から何本抜けたのかから判断すべきですが、誰も自分の髪の総本数はわからないためです。

ですので、抜け毛の量で判断するのではなく、抜け毛の状態をチェックしましょう。

抜け毛が細くて短いものであれば、髪が成長できずに抜けていると考えられハゲになっている可能性が高いです。

毛根の形が丸くない

抜けた毛の毛根の形が丸くない・毛根の形が先細っている・いびつな形をしている・尻尾のようなものが付いている・毛根が白っぽくない色をしているなどの場合は薄毛になっている可能性があります。

毛根に異常があると、髪にうまく栄養を行き渡らせられず、髪が細くなったり、抜け毛の原因になります。

ハゲの兆候を感じたら対策を開始

自分の髪の状態からハゲの兆候があるのなら、ハゲが自然に改善されることはありませんので、放置はせずに今から薄毛対策を開始しましょう。

より詳しいハゲの前兆を知りたい方は下記の記事も参考になさってください。

禿げてくる前兆の症状は8つ!あてはまったら早めに薄毛対策を実施
禿げてくる前兆について解説しています。対応策などを知っておきましょう。

生活習慣の見直し

食生活や睡眠時間、喫煙、ストレスなどを見直して改善していきましょう。

育毛剤などで薄毛対策をしたとしても、生活面の改善ができていないと原因部分が残ったままとなるため、薄毛も改善されません。

脂っこい食事を避ける・外食を控える・髪に良いとされる食事に変更する・睡眠時間を確保する・適度にストレス発散を行うなど、自分ができる範囲からでも始めていきましょう。

セルフケアで髪を育てる

ハゲを予防するには、髪を育てられる頭皮環境にしないといけません。生活面の改善ができたとしても、土台がないと髪は十分に育たつことはできません。

頭皮マッサージをして頭皮の血行を改善する・シャンプーを変更して髪が育ちやすい環境作りをする・育毛剤を使用してハゲ予防を行うなどのセルフケアを行っていきましょう。

AGA(男性型脱毛症)ならば治療を開始

AGAは進行性の脱毛症ですので、治療を開始しないと薄毛の症状は進行していきます。セルフケアなど対策では症状を抑えることはできても改善はできません。

AGAの治療には個人の症状に合わせた薬を用いますので、薄毛対策としての効果も高いです。

まずはAGAの発症を判断する

AGAの治療を開始する前に、自分がAGAを発症しているのかを判断していきましょう。

ただし、AGAの発症には明確な基準がないため自己判断は難しいのが現状です。正確に判断するには、薄毛専門の医師から診断を受けることが最も確実であり正確です。

AGAでなければセルフケアで薄毛対策を行い、AGAであれば治療を開始していきましょう。

まずは薄毛専門のクリニックの医師に、医師に自分の髪の状態を相談してみてください。

\自分ははげであると自覚してきている人へ/

※まずは自分がAGAであるかを知るのが大事です

 

思い込みで放置しては危険

実際は全然はげていないのに、自分が「はげている」と思いこみ気にしすぎている人は多いです。

自分の思い込みだけで、はげかどうかは判断してはいけません。抜け毛の状態や毛根の状態などを冷静にチェックして判断していきましょう。

もし抜け毛の状態からはげの兆候を感じたら放置だけはいけません。放置していてもはげが自然に改善されることはなく、むしろどんどん進行していきます。

ハゲの兆候に気がついたときが、ケアを開始する合図です。まずは自分がAGAであるかの判断を正しく行うのが大事です。

AGAでなければ、将来ハゲないためにもセルフケアでの薄毛対策を開始し、AGAであればクリニックなどで治療を開始しましょう。

タイトルとURLをコピーしました