前髪のはげはどこから?基準と見分け方から確実な対策を選ぼう

前髪はげはどこからを指すのかの基準や見分け方、前髪はげにならないための対策などを解説しています。

前髪はげはどこから危険なのかの見分け方と基準

  • おでこの広さ
  • 生え際の毛の状態
  • 頭皮の透け具合

おでこの広さ

日本人のおでこの広さの平均は6センチです。つまり6センチ以上の広さがあれば、日本人の平均よりもおでこが広いということになります。

ただし、生まれつきおでこが広い人もいますので、おでこの広さだけではハゲかどうかは判断できません。

以前よりもおでこが広くなっているのなら、ハゲの症状により生え際が後退したためと考えれられます。

生え際の毛の状態

生え際の毛の状態が細い・髪質が柔らかくコシがない状態であれば、はげになっている可能性があります。

はげの症状により、髪が太く成長できずに細いままであると考えられます。

細い髪は簡単な刺激でも抜けやすくなるため、抜け毛が増えハゲが進んでいきます。

頭皮の透け具合

髪が細くなると毛と毛の間に隙間ができ、前髪がスカスカになることで、髪の奥まで光が入りこむため頭皮が目立ちやすくなります。

以前は頭皮が見えていなかったのに、最近になり頭皮が目立つように変化したのなら、薄毛になっている可能性があります。

前髪からはげる原因

  • 生活習慣の乱れ
  • 牽引性脱毛症
  • AGA(男性型脱毛症)の発症

生活習慣の乱れ

食生活の乱れ・睡眠不足・ストレスなどで生活環境が乱れると薄毛の原因にもなります。

脂っこい食事は毛穴詰まりの原因となりますし、ストレスは頭皮の血行不足となり毛に十分に栄養を運べなくなります。

また、髪の成長ホルモンは睡眠中に分泌されるため、睡眠不足が続くと髪の成長に悪影響がでます。

髪には直接影響はないと思われがちな生活環境ですが、実は薄毛の原因となっています。

牽引性脱毛症

前髪の部分だけに顕著にハゲの傾向が見られる場合、牽引性脱毛症である可能性があります。

牽引性脱毛症は、同じ部分の髪を強く引っ張られることで髪が抜ける脱毛症です。

ポニーテール・お団子などの髪型を続けていると起こりやすく、男性であっても前髪を引っ張られる髪型などをしていると起こります。

例えば、いつも前髪を上げて帽子を被っていることでも前髪には負担がかかっています。

AGA(男性型脱毛症)の発症

AGA(男性型脱毛症)を発症すると、髪は細くなり抜け毛が増えハゲが進行していきます。

AGAの場合、前髪部分に症状が出やすい特徴ありますので、前髪がはげてきたきたと感じているのならAGAの発症も疑われます。

AGAであった場合は、セルフケアでの改善は難しく、症状の改善のためにはクリックなどで治療を行なわないといけません。

前髪はげを進行させない対策

生活習慣の改善

生活習慣を改善させないと、いつまでも前髪はげの原因が残ったままとなるため、どんな優れた薄毛対策を行ったとしても、効果は発揮されにくくなります。

食生活の見直し、ストレス発散、睡眠時間の確保などの生活面の見直しを行っていきましょう。

いきなり全ての生活面を改善させることは難しいのですが、まずは自分が出来る点からでもスタートさせてください。

髪の成長ホルモンもは就寝後6時間は分泌され続けますので、最低でも6時間は睡眠時間を取るようにしていきましょう。

髪型を変える

前髪に負担となっている髪型を変更していきましょう。

学校や仕事などでどうしても髪型を変更出来ない場合は、出来る限り前髪に負担となる時間を減らすようにしてください。

毎日同じ髪型を長時間しないことで、前髪への負担も減らせます。

シャンプーの変更で髪を生やす準備をする

使っているシャンプーをアミノ酸系や育毛系のシャンプーに変更し、髪を育てる土台作りをしていきましょう。

洗浄力の高すぎるシャンプーだと頭皮は乾燥し、洗浄力が弱いと汚れを落としきれず、どちらの場合も薄毛の原因に繋がります。

頭皮を乾燥から守りつつも、しっかりと汚れを落とせるシャンプーに変更し頭皮環境が整えていき、髪を生やす準備を行っていきましょう。

シャンプーの変更で頭皮の環境を改善し、髪が育つ土台作りをすることで他の薄毛対策の効果も高まっていきます。

育毛剤を使って髪を育てていく

育毛剤には、髪を育てることで抜け毛の予防・発毛促進の効果、さらには血行促進の効果がありますので、薄毛対策としては最適なアイテムとなります。

前髪の髪質が細く柔らかく変化している人には、育毛剤を使用して太く丈夫な髪に育てていくことで、抜け毛予防に繋がります。

育毛剤には効果にタイプがわかれていますので、前髪の薄毛対策として使うのであれば育毛や発毛促進に特化した育毛剤を選んでケアしていきましょう。

AGAならば治療をしないと前髪がハゲていく

  • 前髪が薄くなってハゲてきた
  • 生え際が後退しおでこが広くなっている
  • 前髪がスカスカで頭皮が目立つ

という方であれば、すでにAGA(男性型脱毛症)を発症している可能性がありますので、早期のうちに薄毛専門のクリニックでAGA発症の有無を判断していきましょう。

AGAは進行性の脱毛症のため、セルフケアなどの対策ではハゲの症状は改善できず、最悪の場合は治療の効果も見込めなくなるほどハゲてしまいます。

早期のうちにAGAの確認をしておくメリットとしては、

  • 早期に対策を開始するほど効果も発揮されやすい
  • 医学的根拠のある治療を受けられる
  • 自分の症状に合わせたAGA治療ができる

などがあります。

前髪(生え際)にハゲの症状がでやすい特徴がAGAにはありますので、あなたが

  • 前髪が薄くなってハゲそうで不安
  • 周りの人が自分のおでこを見ている
  • でも、ハゲたくない

と悩んでいるのであれば、前髪はげを進行させないためにも早々に薄毛対策に動きだしていきましょう。

まずは薄毛専門のクリニックの医師に、自分の前髪の状態を相談することから始めていきましょう。

AGAが原因ならばセルフケアでは改善はできません

※前髪からハゲるのはAGAの特徴です

 

前髪はげの基準から対策の目安を知る

前髪はげはどこから?と気になりますが、実は明確な基準はありません。

  • 以前と比較してのおでこの広さ
  • 生え際の毛が細くて柔らかい
  • 前髪から頭皮が透ける

などが目安としての判断方法になります。

前髪からはげの前兆を感じたのなら、早期のうちにAGAを発症しているのかを判断していきましょう。

AGAには前髪にハゲの症状がでやすい特徴があるため、すでにAGAを発症している可能性もあります。

ただし、AGAの発症にも明確な基準がないため、最終的には薄毛専門のクリニックで判断してもらいましょう。

AGAでなければセルフケアで薄毛対策を行い、AGAであれば治療を開始して下さい。

前髪からはげの傾向を感じているのに、何も対策をしないでいてもおでこが狭くなることはありませんので、早期のうちから薄毛対策に動き出していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました