生え際が後退してきた?勘違いと思い込むと危険

自分の生え際が後退してきたのは勘違いと思い込むのは危険です。というのも「生え際が何センチあったらハゲ」などの明確な基準がないためです。

基準がないだけに自己判断し放置していると。ますます生え際が後退していく危険性もあります。勘違いかもと放置するよりも、まずは自分の生え際の状態を正確に知らないといけません。

つまり、自分がAGA(男性型脱毛症)を発症しているのか・いないのかを判断することが大事です。AGAである場合と違う場合では行うべき薄毛対策も違うためです。

早期のうちからAGAであるかの判断を行うメリットとして、

  • 自分の状態にあった薄毛対策を行うことができる
  • 早期に対策を行うほど生え際の後退を防ぐことができる
  • 症状が早い段階の方がケアにかかる費用負担が軽い

などがあります。ですので、

  • 生え際がどんどん後退していってハゲるのじゃないか
  • M字ハゲになったらどうしよう
  • 生え際だけじゃない部分からもハゲていくかも

と悩んでいるのなら、まずは自分がAGAであるのかどうかを医師から診断してもらいましょう。

今はオンラインからでも無料相談ができるクリニックもありますので、まずは自分の生え際の状態を専門の医師に相談してみてください。

「勘違いかもしれない。でも確実に生え際が後退しているような・・・」と感じているのであれば薄毛対策をスタートさせましょう。

\勘違いと自己判断は危険です/

※まずは自分がAGAであるのかどうかの判断をしていきましょう

 

生え際の後退は勘違い?自己判断は危険

生え際の状態からハゲてきたのかを確認する方法は、明確な基準がありません。だいたいの目安として自己判断はできますが、あくまでも目安と考えて判断してください。

目安の基準に当てはまらないから「やっぱり勘違いだった」と思い込むのも危険です。

生え際の後退の基準はおでこの広さでチェック

自分の生え際が後退はハゲなのか、それとも自分の勘違いなのかのはおでこの広さでチェックしましょう。

眉毛の上から生え際まで6cmであれば、そこまで気にする必要はありません。

定規がない場合は、眉毛の上から小指・薬指・中指・人差し指を閉じた状態で置いてみましょう。指を置いて、生え際まで隙間がなければ問題ありません。

しかし、おでこの広さが6cm以内、指で測っても隙間がない場合でも100%安心はできません。おでこの広さには個人差がありますので、あくまで目安での確認方法です。

抜け毛の状態・量や毛根からもチェック

抜け毛の状態が細くて短くないか、さらに毛根の形がマッチ棒のように膨らみがなく細くなっていないかも合わせて確認してください。

細くて短い抜け毛が多い・毛根の形が細いのであれば、薄毛の傾向があります。

また、以前よりも抜け毛の量が増えている場合も要注意です。生え際の後退は勘違いではなく、実際に薄毛が進行している可能性が高いです。

生え際を気にしすぎてもダメだが放置はもっとダメ

おでこの広さ・髪の量・髪質には個人差があるため「おでこの広さが6cm以内ならOK」といった判断はできません。

特にAGA(男性型脱毛症)が原因で生え際が後退しているのなら、放置していても改善されることはありません。

AGAは進行性ですので放置している間にも生え際は後退していき、気がついたときには「勘違い」では済まず、手遅れの状態になることも考えられます。

そもそも自分で「後退してきた?」と感じること事態、以前よりも何かしらの変化を感じているからですので「勘違い」と思い込むのは危険です。

髪に何かしらの変化を感じているのなら、今の段階からケアを始めていきましょう。

生え際が後退する原因を知っておこう

  • 生活習慣の乱れ
  • 慢性的なストレス
  • AGA(男性型脱毛症)の発症

生活習慣の乱れ

食生活や睡眠などの生活習慣も生え際が後退する原因になっています。

脂質の多い食事は皮脂を多く分泌させ、毛穴詰まりの原因となり髪に栄養を十分に運べなくなります。髪が栄養不足になると、髪が細くなり抜け毛の原因になってしまいます。

また、髪の成長ホルモンは寝ているときに分泌されますが、睡眠不足が続くと髪の成長が妨げれていきます。髪が太く・長く成長できないまま抜けおちていき、生え際も後退してしまいます。

慢性的なストレス

ストレスを感じると自律神経が乱れがちになり、頭皮の血行不良に繋がります。慢性的にストレスに晒されていると、頭皮の影響も長期に渡るため抜け毛などの症状も出やすくなります。

AGA(男性型脱毛症)の発症

AGA(男性型脱毛症)は、前頭部と頭頂部に症状がでやすい脱毛症です。生え際が昔よりも後退してきたのなら、AGAを発症している可能性があります。

AGA発症には明確な基準がないため、自己判断することはおすすめできません。なぜならAGAは進行性の脱毛症ですから、間違った判断をすれば、気づかずハゲが進行してしまうからです。

間違った判断をしないためにも、薄毛専門の医師から自分がAGAであるかの診断をしてもらいましょう。

おでこを後退させない対処方法

  • 生活習慣の見直し
  • シャンプーの変更と育毛剤の使用
  • AGAの治療

生活習慣の見直しをしないとハゲの原因が残るだけ

偏った食事や睡眠不足など生活面での改善を行わないとハゲの原因が残ったままとなりますので、いつまで経っても生え際の後退を止めることはできません。

バランスの取れた食事内容、最低6時間以上の睡眠を取るなど、生活面の見直しをしていきましょう。すべての面で改善を行うのは難しいですが、自分のできる範囲からでも取り組んでいってください。

シャンプーの変更と育毛剤で髪を育てる

今使っているシャンプーをアミノ酸系のシャンプーに変更し、さらに育毛剤を使用し髪を育てていきましょう。

シャンプーをアミノ酸系に変更

一般的なシャンプーでは洗浄力の高いすぎるものが多く、頭皮に負担がかかりやすいです。頭皮が健康でなければ、髪を育てることもできませんのでシャンプーを変更して髪が育つ土台作りをしていきましょう。

アミノ酸系の中でも育毛シャンプーを使うと、頭皮に優しく洗浄するだけなく、髪をより育ちやすくケアしてくれます。

ただし、シャンプーの変更だけで生え際の後退を止められるわけではなく、あくまでも髪を育てる環境作りと考えてください。

シャンプーで頭皮環境を整えるからこそ、その他の薄毛対策が効果を発揮されやすくなります。

育毛剤で髪を育てていく

育毛剤には毛を生やす効果はありませんが、残っている髪を育てる効果はあります。今ある髪の毛を守り育てていかないと、抜け毛を減らし生え際の後退を止めることはできません。

育毛剤を使って、生え際の髪を簡単に抜けない強い毛に育てていきましょう。

育毛剤には種類がありますので、生え際の毛を育てていくのなら育毛に特化したタイプの育毛剤を選んでください。

AGAならば治療を開始しないと生え際は後退し続ける

AGAは進行性の脱毛症ですので病院などで治療を開始しないと症状の改善は難しく、放置していると症状は進行してしまいます。

進行のスピードをセルフケアで遅くすることはできても、AGAを治すことはできません。

セルフケアだけで対策をしていると症状は進行していくため、気がついたときには「おでこがすっかり広くなっていた・・・」という最悪の状況も考えられます。

自分がAGAであるかの判断が大事

薄毛対策は自分の症状から適切に行わないと、どれだけ対策を施しても効果がでない場合もあります。自分にあった適切な対策を選ぶためにも、自分がAGAを発症しているのかを的確に判断していきましょう。

まずは抜け毛や生え際の髪の状態が細くて短くないか、以前よりもおでこが広くなっていないかを確認してください。

髪の状態からAGAの兆候を感じたのなら、薄毛専門の医師の診断を受けましょう。今ならオンラインからでも診察可能なクリニックもありますので、まずは気楽に医師に生え際の髪の状態を相談してみてください。

\生え際の後退が気になる人へ/

※自分がAGAなのかを知ることが大事です

 

生え際が後退してきたかも?と思い始めたときこそ薄毛対策を

「自分の生え際が後退してきたかも?いや、勘違いかもしれない」と悩んだときこそ薄毛対策を始めるときです。

実際に勘違いである場合も多いです。しかし、自己チェックでの判断では自分がAGAである可能性を見過ごす危険性もあります。

勘違いと間違った判断から放置していると、ますます生え際は後退し気がつけば手遅れの状態になっていたとの最悪の事態にもなりかねません。

ハゲが進行してしまった状態では、できる対策も限られてしまいますので、薄毛対策は早期のうちから適切な方法で行わなければいけません。

そのためにも、まずは自分がAGAであるかの確認を行うことが重要です。AGAでなければセルフケアでの対策を行い、AGAであればクリニックでの治療を開始しましょう。

生え際が後退してきたと感じているのなら、何かしらの対策を始めないと近い将来後悔することになるかもしれません。そうなる前に、できる対策から始めましょう。

タイトルとURLをコピーしました