髪が細いから頭皮が見えるのはハゲかを確認、太くする方法で対策を開始

生まれつき髪が細くて以前から頭皮が見えているのならハゲの心配をする必要はありません。

一方、

  • 以前よりも髪が細くなってきた
  • 昔は頭皮が透けて見えなかった
  • 髪質が細く柔らかくなってきた

という男性の方であれば、すでにAGA(男性型脱毛症)を発症している可能性がありますので、早期のうちに薄毛専門のクリニックでAGA発症の有無を判断していきましょう。

AGAの症状により髪が細くなり頭皮が見えてきたと考えられ、放置していると最悪の場合は治療の効果も見込めなくなるほどハゲてしまいます。

早期のうちにAGAの確認をしておくメリットとしては、

  • 早期に対策を開始するほど効果も発揮されやすい
  • 医学的根拠のある治療を受けられる
  • 太く抜けない髪にする治療がある

などのメリットがあります。ですから、あなたが

  • 髪が細くて頭皮が見えるのがハゲなのか気になる
  • 髪がスカスカ状態になっている
  • このままハゲるのではないかと不安

などと悩んでいるのなら、早めにAGAを発症しているかを調べておきましょう。

まずは薄毛専門のクリニックの医師に自分の髪の状態を相談することから始めていきましょう。

\髪が細くて頭皮が見えるのが不安な人へ/

※まずは自分がAGAであるかを知るのが大事です

 

髪が細いと頭皮が見える理由

髪が細いと髪と髪の隙間の奥まで光が入り込みやすくなるため頭皮が見えます。ですのでが細いと頭皮が見えるのは、ある意味当たり前のことです。

生まれつき髪が細い人もいるので、細い・太いだけで判断できないため、髪が細く頭皮が見えるからといって、ハゲである・ハゲではないのかは断言できません。

また、日本人の髪の太さの平均は0.05~0.15mmとされていますが、自分の髪が何ミリであるのかを測ることは困難です。

ハゲかハゲでないかを判断するのは、以前の自分の髪の太さと比べて細くなったかで判断しなくてはいけません。

髪の細さがハゲなのかを判断する方法

自分の髪の細さがハゲにつながるのかを判断する方法は自分の髪から確認します。

自分の髪の毛を横に持ってみて、ピンとしたままなら健康な髪と言えます。横に持ったときに、下に垂れる髪は細くなっている髪と言えますので薄毛の傾向があります。

抜け毛の状態からもチェック

また入浴時やドライヤー時に抜ける髪が、細い・短い毛が多く抜けていても要注意です。細い髪が抜けているのは、十分に髪が育つ前に抜けている可能性があります。

自分の髪が薄毛につながる細さであるのならハゲ対策を開始しないと、どんどん髪は細くなり抜け毛となっていきます。

髪が細くなる5つの原因

  1. 生活習慣の乱れ
  2. 過激なダイエット
  3. 慢性的なストレス
  4. 加齢
  5. AGA(男性型脱毛症)の発症

1.生活習慣の乱れ

偏った食事内容・慢性的な睡眠不足・ストレスなどの生活習慣からも髪は細くなります。

どの原因も髪の栄養不足を招き、髪が成長しきれずに細くなってしまいます。

2.過激なダイエット

食事制限を伴ったダイエットは、髪も栄養不足に陥りがちです。

食事制限を行うときは、栄養面を考え、髪だけでなく体にも影響のない内容で行うようにしましょう。

3.慢性的なストレス

ストレスを感じると自律神経が乱れ頭皮の血行を悪くしてしまいます。頭皮の血行が悪くなると、髪に栄養をうまく運べなくなるため髪も細くなります。

長期にわたりストレスに晒されていると、髪への影響も高くなります。

4.加齢

年齢を重ねるごとに髪は細くなっていきます。男性であれば20代から、女性であれば30代以降に「髪が細くなった」と感じる人が多いです。

年齢のせいだと薄毛対策を何も行なわないと、ますます髪が細くなり抜け毛が増えてしまいます。

5.AGA(男性型脱毛症)の発症

AGA(男性型脱毛症)を発症すると、徐々に髪が細くなり抜け毛が増えることでハゲの症状が進行していきます。

AGAは、治療を開始しないと症状の改善は難しい脱毛症で、思春期以降の男性であれば誰でも発症する可能性はあります。

髪を太くする方法

髪に栄養を届ける

髪を太くするには髪に十分な栄養を運ばなければいけません。

食生活の見直し・睡眠時間の確保・ストレス発散など、まずは生活面の改善を行っていきましょう。

生活面の改善ができないと、髪が細くなる原因が残ったままとなるので、どれだけ優れた薄毛対策を行っても効果も薄れてしまいます。

まずは自分のできる範囲から改善をしていきましょう。

セルフケアで髪を育てる

髪を育てるためには頭皮が健康でなけれは、髪も太くなりません。頭皮が凝り固まっているのなら頭皮マッサージをし血行を良くしていきましょう。

さらに、シャンプーをアミノ酸系の育毛シャンプーに変更するのもおすすめです。

頭皮への負担を軽減しながらも、しっかりと汚れを落とし、かつ育毛成分が配合されていますので、髪を育てる土台作りが期待できます。

加えて育毛剤を使用することで、髪を太く育て抜け毛予防にも繋がります。AGAを発症していないのであれば、セルフケアでの薄毛対策が有効です。

AGAなら治療を開始

  • 頭皮が見えてハゲに見える
  • 以前より髪質が細くなってきた
  • 抜け毛の状態が細くて短い

という方であれば、すでにAGA(男性型脱毛症)を発症している可能性がありますので、早期のうちにAGA発症の有無を調べてください。。

ただAGAの発症には明確な基準がないため、最終的には薄毛専門のクリックで判断してもらいましょう。

早期のうちにAGAの対策を行うメリットとしては、

  • 早期に対策を開始するほど効果も発揮されやすい
  • 髪を太く抜けない髪にする医学的根拠のある治療ができる
  • 症状に合わせた自分だけのAGA治療が行える

などがあります。

AGAは進行性の脱毛症のため、セルフケアなどの対策ではハゲの症状は改善できず、最悪の場合は治療の効果も見込めなくなるほどハゲてしまいます。

ですので、あなたが

  • 髪が細くなって頭皮が見えるようになった
  • 髪がスカスカでどう見てもハゲ
  • でも、ハゲたくない

と悩んでいるのであれば、今以上に髪を細くさせないためにも早々に薄毛対策に動きだしていきましょう。

まずは自分の髪の状態を薄毛の専門家に相談することから始めていきましょう。

AGAが原因ならばセルフケアでは改善はできません

※頭皮が見えてもハゲの傾向がない人は確認する必要はありません

 

髪が細くて頭皮が見え始めてきたら早々に対策を始めよう

生まれつき髪が細くて頭皮が見えているのなら、そこまでハゲの心配はしなくても大丈夫です。

ですが、以前よりも頭皮の見え方が広くなった・髪が前よりも細くなってきたと感じているのなら薄毛が進行している可能性があります。

さらに、自分の抜け毛の状態が、細く短い毛が抜けているときも要注意です。AGAを発症していることも考えられます。

AGAでなければ、生活面の見直しやシャンプーの変更などのセルフケアを、AGAであればクリニックで治療を開始してください。

放置していても髪が太くなることはありませんから、今以上にハゲたくないのなら早々に薄毛対策を始めていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました