髪の毛は一日に何本生える?抜けた毛以上に生えてるとハゲない?!

髪の毛は一日に何本生えるのかは、明確にはわかりませんが目安としては一日100本とされています。

一方、

  • 髪が生えてこなくなった
  • 生えるスピードが遅くなった
  • 髪質も細く柔くなっている

という男性の方であれば、すでにAGA(男性型脱毛症)を発症しているため、髪が生えてづらくなっている可能性があります。

ですので、早期のうちに薄毛専門のクリニックでAGA発症の判断してもらいましょう。

AGAは進行性の脱毛症のため、放置していても症状は改善されず、最悪の場合は治療の効果も見込めなくなるほどハゲてしまいます。

早期のうちにAGAの確認をしておくメリットとしては、

  • 早期に対策を開始するほど効果も発揮されやすい
  • 医学的根拠のある治療を受けられる
  • 自分の症状に合わせたAGA治療ができる

などがあります。

もしあなたが「髪が生えてこなくなった」と感じているのなら、髪が生えてくる本数以上に髪が抜けている、生えてくる毛が減っている可能性が高いです。

ですので、

  • 髪が生えずにハゲてきたように感じる
  • 以前よりも抜け毛の量が増えた
  • でも、ハゲたくない

と悩んでいるのであれば、ハゲを進行させないためにも早々に薄毛対策に動きだしていきましょう。

まずは薄毛専門のクリニックの医師に、自分の髪の状態を確認することから始めていきましょう。

\髪が生えてこないと感じハゲの傾向もある人へ/

※まずはAGAの発症を判断することが大事です

 

髪の毛は一日に何本生えるかは正確には不明

髪の毛が一日に何本生えているのかは明確には不明です。もともとの髪の毛の本数や、ヘアサイクルの期間から生えてくるスピードも人それぞれ違うためです。

日本人の髪の本数が平均10万本とされており、1日に抜ける髪の毛は約100本あります。抜けた髪の毛は、2~3ヶ月のヘアサイクルの休止期を経て新たに生えてきます。

今日抜けた髪は、2~3ヶ月後に生えてくる計算となりますから、生えてくる本数も1日に約100本と考えてもよいでしょう。

ただし、あくまでも日本人の平均から出した目安の本数と考えてください。

自分の髪の毛が抜けた本数分、全てが必ず再び生えてくるとは限りません。当然ですが、生えてくる髪以上に抜けてしま本数が多ければ、どんどん薄毛は進行していきます。

髪が生えてると実感しづらい理由

  • 1日に伸びる長さの問題
  • 生えてくる毛が細い場合

1日に伸びる長さの問題

髪が生えてきたと実感しづらい理由の一つには、1日に髪が伸びる長さに原因があります。

髪の毛は一日に0.3~0.5ミリ伸びるとされていますが、髪が伸び切って「髪が生えてきた!」と自分で実感できるまでには、生えてきてから2~3ヶ月はかかります。

毎日100本も髪の毛が生えているとしても、生え変わり直後は自分では実感しづらいものです。生えてきた毛は実感しづらいのと反対に、抜け毛の本数は目に見える分、目立ちやすいです。

自分の抜け毛の量だけを見て「ハゲてきたかも」と不安になりやすくなります。

生えてくる毛が細い場合

生えてきた髪が細くてコシがないと、髪がふんわりと立ちにくくボリュームが出にくくなり、さらに髪が細いため頭皮が透けることもあります。

髪は生えてきているのですが、むしろ見た目はハゲに見えることもあり、生えてきた髪が細い場合は、薄毛になっているサインと言えます。

生えてくる本数でハゲるかどうかは判断できない

一日で髪の毛が生えてくる本数は目安としては100本ですが、実際に100本生えているのかを自分で確認するのは不可能です。

抜けた髪以上に髪が生えてきているのかを知ることはできず、自分がハゲるのかどうかは生えてくる本数で確認はできません。

生える本数よりも抜け毛の状態から判別

抜け毛の状態が細くて短い毛であれば、薄毛になっている傾向があります。また、男性であればAGA(男性型脱毛症)を発症している可能性もあります。

髪が太く育つ前に抜けている、本来は寿命を迎える前の髪が抜けていると考えられるためです。

抜け毛の状態から薄毛の傾向を感じたのなら、薄毛対策を開始しないと、抜け毛の量が増えるだけでなく生えてくるスピードにも影響を及ぼします。

髪が生えてこなくなったことに加えて、抜け毛の状態が細くて短い状態であれば、早々に薄毛対策を開始してください。

なお、AGAへの対策については後述する【AGA(男性型脱毛症)ならば治療をしないとハゲが進行する】を参考になさってください。

生える本数はヘアサイクルで決まる

抜けた髪はヘアサイクルの3~4ヶ月ある休止期を経て、新しく生えてきます。新しく生えた髪は、ヘアサイクルの成長期・正常期を経てから移行期に移り、髪が抜けていきます。

成長期から正常期、つまり髪が生えている期間は正常であれば2~6年ありますが、ハゲになっていると髪が生えている期間が短くなっていきます。

特にAGA(男性型脱毛症)を発症するとヘアサイクルの成長期が短くなるため、放置しているとハゲは進行してしまいます。

また、毛根が完全に死滅すると髪は生えてこなくなります。

抜ける毛の本数が生える毛を上回るとハゲる

ヘアサイクルが乱れることで髪が抜けるスピードが早くなると、髪が生えてこなくなったと感じやすいです。

髪が生えてもすぐに抜けてしまうのに、休止期間は変わらないので、抜けた髪よりも髪が生えてこない状況になります。

ヘアサイクルの乱れを正常化しないと薄毛は進行していきますので、生えてこないと感じたら薄毛対策を開始しましょう。

髪が生えてこないと感じたら対策を開始しよう

髪が生えてこないとの体感があり、抜け毛の状態を確認して細く短いなどの薄毛の傾向があるのなら、今の段階から薄毛対策を開始しましょう。

生活面を見直さないとハゲの原因はなくならない

自分では気がついていない生活習慣からも薄毛の原因となっています。食生活や睡眠時間、喫煙、ストレスなどは薄毛の原因の一つであり、生活面の改善ができていないと原因部分が残ったままとなるため、薄毛も改善されません。

全ての生活面を改善させることは難しいですが、できる点からでも始めていきましょう。

シャンプーの変更で頭皮改善

今使っているシャンプーをアミノ酸系の育毛シャンプーに変更するだけでも、頭皮環境の改善に繋がります。

洗浄力の高すぎるシャンプーだと頭皮は乾燥し、洗浄力が弱いと汚れをおとしきれず、どちらの場合も薄毛の原因になります。頭皮を乾燥から守りつつも、しっかりと汚れを落とせるシャンプーに変更し頭皮環境が整えていきましょう。

シャンプーの変更で頭皮の環境を改善し髪が育つ土台作りをすることで、他の薄毛対策の効果も高まりますので、一般的なシャンプーをつかっているのなら、シャンプーの変更も検討してください。

髪を育てるのなら育毛剤が最適

育毛剤には、髪を育てることで抜け毛の予防・発毛促進、さらには血行促進の効果がありますので、薄毛対策としては最適なアイテムとなります。

薄毛対策として使うのであれが、育毛や発毛促進に特化した育毛剤を選んでください。

AGA(男性型脱毛症)ならば治療をしないとハゲが進行する

  • 髪が生えてこなくなった
  • 抜け毛の量が増えてきた
  • 髪質が細くて柔らかくなった

という男性の方であれば、すでにAGA(男性型脱毛症)を発症している可能性がありますので、早期のうちに薄毛専門のクリニックでAGA発症の有無を判断していきましょう。

AGAの症状によりヘアサイクルの期間に乱れが生じ、髪が生えづらくなっていると考えられ、最悪の場合は治療を行っても効果が見込めなくなるほどハゲが進んでしまします。

早期のうちにAGAの対策をしておくメリットとしては、

  • 早期に対策を開始するほど効果も発揮されやすい
  • 医学的根拠のある治療を受けられる
  • 髪を生やす効果のある薬で対策できす

などがあります。AGAの症状はセルフケアなどの対策では改善はできず、クリニックなどで治療を開始しないとハゲは進みます。

ですので、あなたが

  • 新しく髪が生えない
  • 抜けるばかりでハゲていきそうで不安
  • でも、ハゲたくない

と悩んでいるのであれば、ハゲを進行させないためにも早々に薄毛対策に動きだしていきましょう。

まずは薄毛専門のクリニックの医師に、自分の髪の状態を確認することから始めていきましょう。

AGAならばセルフケアでは改善はできません

※ハゲの心配がない人は確認する必要はありません

 

生えてくる髪の毛の本数よりも抜けた毛の状態で判断して

一日で生えてくる髪の毛の本数は、厳密には不明です。目安としての本数は100本ですが、実際に自分の髪が生えているのかを確かめるすべはありません。

以前よりも生えてくる髪の毛が少なくなってきたと感じるのなら、抜け毛の状態をチェックしてみましょう。抜け毛が細く・短いものなら、薄毛が進行しているサインです。

生える毛よりも抜ける毛の方が多くなっているとも考えられますので、今の段階から薄毛対策を開始しなくては薄毛は進行してしまいます。

特に男性であれば、AGAの発症も疑われますので、早期のうちに薄毛専門のクリニックで発症の有無を確認しておきましょう。

おかしいなと思いつつも放置していても、勝手に薄毛の進行が止まることはありません。あなたも生えてくる本数が少なくなった感じているのなら、今から予防に動き出してください。

タイトルとURLをコピーしました