シャンプーが2日に一回だと抜け毛が増えた!ハゲない理想の洗髪回数

シャンプーを2日に1回にすると、普段より抜け毛の量が増えますが、基本は心配する必要はありません。

2日分の抜け毛がシャンプー時に一気に抜けているためであり、抜け毛の量が増えているわけではありません。

ですが、あきらかに普段よりも抜け毛の量が増えた・昔よりもシャンプー時に排水口に貯まる髪が増えたのなら、薄毛が進行しているサインかもしれません。

特にAGA(男性型脱毛症)を発症しているのであれば、対策を行なわないと症状は進行していきます。

抜け毛の状態も合わせて確認し、薄毛の傾向を感じたのなら早期にAGAの発症の有無の判断を行っておきましょう。早期に判断するメリットとしては、

  • 自分の症状にあった薄毛対策を選ぶことができる
  • 早期に対策をするほど効果が発揮されやすい
  • AGAであれば症状を抑えることができる

のメリットがあります。ですから、あなたが

  • 昔よりもシャンプーの時に抜け毛が増えた
  • どんどん抜け毛が増えてハゲるのはイヤだ
  • 髪も細くなってきた

と悩んでいるのなら、早め対策に動き出してください。薄毛の傾向を感じているのに見て見ぬふりをしていると、ハゲが進行していくだけです。

\シャンプーでの抜け毛が気になる人へ/

※まずはAGAを発症しているのかを知ることが大事です

 

2日1回のシャンプーで抜け毛が増える理由

シャンプーが2日1回だと普段よりも抜け毛の量は増えますが、基本は心配せずとも大丈夫です。

シャンプーのときに抜け毛が多く抜けるのは、寿命を向かえた髪は外部からの刺激によって抜け落ちるため、刺激が強くなるシャンプー時に抜け落ちやすいためです。

2日に1回のシャンプーだと、2日分の洗髪時での抜け毛の量となるため「普段よりも毛が抜けている!」と感じやすいのです。

一回のシャンプーで安心な抜け毛の本数

髪の毛は1日に100本抜ける内30~60本はシャンプーのときに抜けていますので、抜け毛の本数が30~60本ならば、そこまで気にする必要はありません。

しかし、30~60本という量は、日本人の髪の総本数の平均から出した抜け毛の量が1日100本ですから、100本抜けても大丈夫との結論にはなりません。

髪の毛の総本数の0.1%が正常な抜け毛の量とされていますので、本当に自分の抜け毛の量が正常かどうかは、自分の髪の総本数を知っていなければ判断できないのです。

10万本髪の毛がある人と50万本しか髪の毛がない人では、1日の正常な抜け毛の量が違いますよね。

何本までなら抜けても大丈夫と考えるのではなく、自分の髪の毛の総本数で考えないといけません。

2日に1回のシャンプーでも基本は問題ない

シャンプーを毎日せず2日に1回であったとしても、薄毛の直接的な原因にはなりません。

確かに不潔なままの頭皮でいると、皮脂が毛穴に溜まり薄毛を引き起こす原因にもなりますが、2日に1回程度なら不安に思うほど気にする必要はありません。

ただし、汗をかいた日やヘアワックスなどを使った日はシャンプーするようにしてください。汚れたままの状態にしておくと、抜け毛の原因となります。

シャンプーでの抜け毛の本数よりも気にすべき点

前述しましたが、シャンプー時での抜け毛の本数だけでは、自分に薄毛の傾向があるかは正確には判断できません。ですので、本数以外からも薄毛かどうかを確認しておきましょう。

以前よりも抜け毛が増えたのか

日本人の1日の抜け毛の量から考えると、シャンプー時での抜け毛の本数が30~60本ならば、そこまで気にする必要はないと言えます。

しかし、排水口にたまる抜け毛の量が以前より増えた・ドライヤー時の抜け毛が目立ってきたなど、以前に比べて明らかに抜ける本数が増えたときは、薄毛になっている可能性があります。

シャンプーで抜ける毛の状態はどうか

昔に比べて、明らかに抜け毛の量が増えたと感じているのなら、抜けた毛の状態を確認してください。

抜け毛の状態が細くて短いのであれば、薄毛の傾向があります。まだ成長するはずの髪が、薄毛の症状により成長できないまま抜けてしまっていると考えられます。

抜け毛の状態を見て薄毛の傾向を感じたのなら、シャンプーの回数以外での対策が必要です。

シャンプーをしないとハゲになる理由

頭皮を清潔に保つことこそがハゲ対策になりますので、シャンプーをせずに頭皮が不潔な状態が続けばハゲの原因ともなります。

頭皮が不潔な状態が続くと毛穴詰まりの原因となり、髪の成長に必要な栄養を運びづらくなり薄毛の原因となります。

髪の汚れ・ヘアワックス・汗・皮脂汚れなどを落とすことで、毛穴詰まりを防ぐことが目的ですから、シャンプー使用しなくても頭皮が清潔な状態にできるのであれば問題はありません。

回数よりも頭皮が清潔であるかどうか

シャンプーの回数が2日に1回だからといってハゲになるわけではありません。ハゲになるかはシャンプーの回数ではなく、頭皮が清潔かどうかが重要だからです。

例え2日に1回の回数でも頭皮環境が良ければハゲの原因になることはありません。毎日洗っていたとしても頭皮が清潔でなければ、ハゲの原因にもなります。

抜ける量に関わらず対策が必要な人

  • 抜け毛が細くて短い毛の人
  • シャンプー時での抜け毛の量が以前より増えた人
  • AGA(男性型脱毛症)を発症している人

シャンプー時での抜け毛の本数に関わらず、上記に当てはまる人は薄毛の傾向があると言えますから対策を行っていきましょう。

特にAGAを発症している人は、ハゲたくないのなら薄毛対策は必須です。

シャンプーの変更

洗浄力の強いシャンプーでは頭皮に負担がかかるため、アミノ酸系の育毛シャンプーに変更するのがおすすめです。

シャンプーだけが原因で抜け毛が増えるとは考えにくいですが、頭皮への負担を減らすことはでき、結果抜け毛予防になります。

シャンプーを変更して頭皮の環境を改善し、髪が育つ土台作りをしていきましょう。

育毛剤で抜け毛を予防

髪を育てることで抜け毛の予防・発毛促進、さらには血行促進の効果があるのが育毛剤ですから、抜け毛の量が気になる人のはおすすめのヘアケア用品です。

生活習慣の見直しや、シャンプーの変更を行い頭皮環境を整いつつ使用すると、育毛剤の効果を最大限に引き出すことができます。

抜け毛予防として使用するのであれば、育毛系に特化した育毛剤を選んでいきましょう。

AGAの発症の判断

シャンプーでの抜け毛の本数も増加しており、かつ抜け毛の状態が細くて短いのであれば、AGAを発症している可能性もあります。

AGAは進行性の脱毛症なので、育毛剤などのセルフケアでは改善は期待できず、治療を開始しなければ症状は進んでしまいます。

薄毛の傾向を感じたのなら、今ではオンラインからでも無料相談できるクリニックもありますので、AGAを発症しているのかの判断を一度、薄毛専門の医師から行ってもらうことも検討してください。

シャンプーが2日に一回だと抜け毛がヤバイのは普通だが・・・

2日1回のシャンプーだと抜け毛の量が普段よりは増えるのは、2日分の抜け毛が一気に抜けているためです。異常なほど、髪が抜けていないのであれば、そこまで気にする必要はありません。

ハゲであるかの確認は、シャンプー時の抜け毛の本数ではなく抜け毛の状態から確認しましょう抜け毛の状態が細くて短いのであれば、薄毛の傾向があると言えます。

本当にヤバイのは2日に一回のシャンプーではなく頭皮を不潔な状態のままでいることです。頭皮が清潔であれば、2日に一回でも問題はありません。

しかし、汚れが蓄積され続けると毛穴詰まりの原因ともなり、やがては抜け毛が増加してしまいます。

薄毛の傾向を感じているのに何も対策をしないでいると、薄毛は進行していく可能性が高いですので、ハゲたくないのなら薄毛対策を開始していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました