抜け毛が短い&太いと要注意!放置しておくとハゲが進行する可能性大

抜け毛が短くて太い場合の原因特定は、頭皮に炎症などの明らかな要因がない限り特定は難しいと言えます。

AGAの特徴は、細くて短い抜け毛ですから、太くて短い毛であればAGAには当てはまりませんし、短い毛のまま抜けていることも通常の抜け毛でもありません。

継続的に短い太い毛が抜け続けているのなら、病院での診断を検討してください。自分の抜け毛の状態を医師から診断してもらい、必要であれば治療を開始するのが安心ですし的確です。

病院と聞くとハードルが高いと感じるか知れませんが、今ではオンラインで診察できる病院もあります。何の対策もせずに放置していると抜け毛が増えていき薄毛が進行する可能性が高いですから、早期に対策に努めてください。

\短くて太い抜け毛がある人へ/

※自分の抜け毛の状態を知ることが大事です

 

抜け毛が短い&太い抜け毛で考えられること

髪の毛を切った直後なら心配なし

髪の毛を美容院などでカットした直後であれば、太くて短い抜け毛が増えても問題はありません。太くて長い毛がカットで短くなっていますから、当然抜け毛も太くて短い毛が多くなります。

頭皮のトラブルが発生している

頭皮に湿疹やかゆみなどのトラブルがあると抜け毛の原因になります。短くて太い毛が抜けているのなら、頭皮にトラブルが起きていないか確認してください。

炎症などのトラブルがあるのなら、皮膚科などで治療を開始してください。

髪の毛を触りすぎなどの外部の刺激

髪の毛は外部の刺激によっても簡単に抜けます。髪の毛を無意識で触る癖がある人、必要以上にクシや手ぐして髪をとかしていると、短くて太い毛でも抜けてしまいます。

AGA以外の抜け毛の可能性もある

AGAの抜け毛の特徴は「細くて短い毛」です。AGAの症状により、髪の毛が成長しきる前段階で抜けてしまいます。

しかし、抜け毛が短くて太い場合はAGAの特徴とは当てはまらず、大量に短くて太い毛が抜けるのならAGA以外の抜け毛の可能性があります。

正常な抜け毛なのか、そうでないのかは自己判断は難しくなります。皮膚科や薄毛の専門クリニックで医師からの診察してもらうのが、自分の抜け毛の原因を知るのには確実です。

太くて短い抜け毛の原因特定は難しい

抜け毛が太くて自分の髪の長さと同じであれば、寿命が来て抜けるべくして抜けた毛と言え、通常の抜け毛と言えます。また、AGAの抜け毛の特徴は細くて短い抜け毛になります。

ですので、抜け毛が太くて短い場合は、通常の抜け毛ともAGAの抜け毛の特徴とも当てはまりません。抜け毛が太くて短くなっている原因の特定は素人では難しく、自己判断すると薄毛が進行してしまう危険性も高いと言えます。

簡単な確認方法で自己チェック

  • 髪を短くカットした直後でないか
  • 頭皮に炎症などのトラブルがないか
  • 髪を触る癖がないか

完璧な確認方法とは言えませんが、上記3つに当てはまらないのに太くて短い毛が抜けているのなら、原因を自分で判断することは難しいです。

原因が特定できない以上、放置しておくと、どんなトラブルが発生するかは不明ですから、心配であれば病院への受診を検討してください。

自己判断できない場合の対策

自分の抜け毛が危険な状態か判断に困った場合は、やはり病院での診断が一番安心できます。短くて太い抜け毛がAGAの特徴ではないにしても、抜け毛は抜け毛ですから薄毛専門の病院への受診がおすすめです。

今ではオンラインで初診から診断してもらえる病院もありますから、まずは気楽に診察を行ってもらいましょう。何か問題があれば治療を開始し、何の問題もなければ薄毛対策を開始するだけです。

不安に思いながらも今の状態を放置すると、抜け毛の状況は悪化していくことも考えられますから、ハゲを気にするのであれば対策に動き出してください。

考えられる最悪のパターン

短くて太い抜け毛がある状態を放置して、考えられる最悪のパターンとしては、AGAを同時に発症してしまうことです。

AGAまでも発症してしまうと、太くて短い毛だけでなく、細くて短い毛も同時に抜けていきます。しかも、AGAは進行性ですから、ますます抜け毛が増えていき、今と同じく放置していると、気がついたときにはハゲが信じられないほど進んでいる危険性もありえます。

細い毛・短い毛が抜けるのならより危険度が高い

ヘアサイクルの乱れがあると短い毛が抜けていきます。成長期が正常であると髪は長く太く成長します。

成長期が終わると、髪は寿命を向かえ自然に抜け落ちます。しかし、ヘアサイクルに乱れが生じると成長期間が短縮され、髪が育つ前に抜けてしまいます。

太くて短い毛だけでなく、細くて短い毛も抜けているのなら、なお注意が必要です。細くて短い抜け毛あるのはAGAが発症している可能性もありますので、早期に対策に務めなければ薄毛は進行していきます。

太くて短い毛だけでなく細くて短い毛も同時に抜け落ちているのなら、抜け毛の原因を知るためにもAGAの病院で一度診断をしてもらいましょう。

短くて太い抜け毛の原因を知ることが大事

短くて太い抜け毛の原因は、頭皮の炎症などの明らかなトラブルがない限り、個人では特定が難しいです。だからと言って、抜け毛を放置しておくのは危険です。

短くて太い毛ばかり大量に抜けているのなら、一度病院で診察を受けておくと安心です。何の異常もなければ、薄毛対策のケアを開始すればよいだけです。

オンラインで診察可能なクリニックもある

受診する病院は、皮膚科かAGA専門のクリニックがよいでしょう。

AGAクリニックならば、抜け毛や頭皮など今の状態から適切に診断してくれ、異常があればそのまま治療を開始し、AGAであればAGAの治療も開始できます。

忙しくてクリニックに通う時間がない人や、誰かに見られることが恥ずかしいと思っている人でも、今ではオンラインから診察をしてくれるAGAクリニックもあります。

オンラインならば、自分の好きな時間に診察も受けられますし、誰かにバレることもありません。

自分の抜け毛の状態を適切に判断すること

自分の抜け毛の状態が、病気によるものなか、AGAを発症しているからなのか、自分の気にしすぎなのかの判断を適切に行わないと適切な対策が取れません。

「大丈夫」と自己判断して抜け毛を放置していてもメリットはなく、むしろ抜け毛が増えていく危険性が高いです。

本気で「ハゲたくない」と思いっているのなら、一度クリニックで自分の抜け毛の状態を相談してみてください。

\短くて太い抜け毛がある人へ/

※短くて太い抜け毛は通常ではありません

 

タイトルとURLをコピーしました