40代の薄毛割合はどのくらい?ハゲやすく、ハゲが気になる年代なのは事実

薄毛がどの状況を指すかの定義がないため、40代の薄毛の割合の統計はありません。AGA(弾性型脱毛症)の発症頻度で言えば、40代では30%にも上ります。

さらに自分が薄毛であると自覚している人・薄毛が気になる人は40代では半数にも及びます。

実際にハゲになりやすく、自分でもハゲが気になり始めるのが40代と言えますので、薄毛が気になるのなら早期に薄毛対策を開始しましょう。

40代にあった薄毛対策はセルフケアとAGA(男性型脱毛症)の治療に分かれますので、まずは自分がAGAを発症しているのかを薄毛専門の医師から判断してもらいましょう。なぜなら

  • 自分にあった薄毛対策を選ぶことができる
  • 早期に対策を開始した方が効果も発揮されやすい
  • AGAであれば症状を抑えることができハゲ治療ができる

などのメリットがあります。ですから

  • 40代以降になって薄毛が気になってきた
  • このままハゲにはなりたくない
  • 同年代の同僚や友人がハゲてきて自分もハゲるのではと不安

と悩んでいるのなら、早めに薄毛対策を開始しましょう。40代の年代にもなって悩んでいるだけで放置していると薄毛が進行してしまう可能性もあります。

気がついたときはすっかりハゲてしまっていたということがないように今から薄毛対策に動き出してください。

\40代で薄毛が気になり始めた人へ/

※まずは自分がAGAであるかを知るのが大事です

 

40代の薄毛割合。薄毛になりやすい年代であるのは事実

40代の薄毛の割合は、ハッキリとは名言できません。そもそも「薄毛」がどの状態を指すのかが明確に定義できないため、統計が取れないからです。

ですが、AGA(男性型脱毛症)の発症頻度は40代で30%です。40代の男性が「自分がハゲである」と感じている人は半数にも及ぶとのアンケートもあります。

20代の男性の半数以下は自分の薄毛を気にしていませんが、40代になると薄毛を気にする人は半数以上に増えます。

つまり若いころは「自分はハゲない」と思っていた人であっても、40代になるとハゲてくる人が多いのということです。

40代にもなると「ハゲてきた」と認識しやすい年代でも、実際にハゲやすい年代でもあります。

40代が薄毛になる3つの原因

  1. ストレスの慢性化
  2. 加齢に伴う薄毛
  3. AGA(男性型脱毛症)の発症

年代に関係なくある薄毛の原因の一つには生活習慣の乱れや無理なダイエットなどがあります。

それ以外に、40代以降に多い原因は主に3つあると言えます。

1.ストレスの慢性化

長年に渡るストレスでの影響が蓄積された結果、自律神経の乱れ・慢性的な睡眠不足に陥っていると薄毛の原因になります。

自律神経が乱れると頭皮の血行が悪くなり髪の成長が悪くなります。睡眠不足は髪の成長ホルモンの分泌が悪くしてしまいます。

職場のストレス・家庭のストレスが慢性化していると、40代にもなる髪への影響として出やすいです。

2.加齢に伴う薄毛

髪の太さは年齢を重ねるごとに細くなっていきます。細い髪は外部の刺激に弱くなるため、簡単に抜け落ちやすくなります。

男性であれば20代・女性であれば30代ころから、少しづつ髪が細くなる傾向があります。

年齢のせいにして何も対策をしないでいると、歳を取るたびに髪が細くなり薄毛へと発展していきます。

3.AGA(男性型脱毛症)の発症

AGA(男性型脱毛症)の発症頻度は40代で30%ありますので、薄毛の傾向を感じているのならAGAを発症している可能性があります。

AGAは髪を細くする症状があり、やがては抜け毛が増えハゲになっていきます。進行性の脱毛症なので、治療を開始しないと症状は止まりません。

AGAの治療については後述する『治療を開始してAGAの症状を抑える』もご参考になさってください。

40代だからこそ対策しないとハゲていくだけ

AGAの発症率・加齢に伴う髪への影響などを考えると、40代だからこそ薄毛対策を行なわないとハゲが進行していく可能性が高いです。

ストレスの発散方法を見つける

職場や家庭でのストレスを全てなくすのは難しいですが、蓄積されたストレスの影響が出やすい年代とも言えますので、ストレスへの対策はい必要です。

新たな趣味を見つける・運動をする・映画鑑賞など、自分が少しでも気分をリフレッシュできる方法を見つけていきましょう

ストレスを蓄積せずにすることが大事です。

セルフケアで髪を育てる

40代ともなると年齢からも髪が細くなり薄毛へと発展しやすい年代ですので、髪を育ててキープするようにセルフケアを開始しましょう。

シャンプーの変更

使用しているシャンプーをアミノ酸系のシャンプーに変更するだけでも、頭皮環境を改善し髪を育てる土台作りができます。

薄毛対策として使うのであれば、アミノ酸系の中でも育毛シャンプーを選んで使っていきましょう。

育毛剤を使用

さらに髪を育てて抜け毛予防もしたいのなら、育毛剤の使用も検討してください。

育毛剤は髪を強く育てることで抜け毛を予防する効果がありますので、セルフケアでの薄毛対策としてはピッタリです。

注意点としては、育毛剤には種類があるので40代の薄毛対策として使用するのなら育毛に特化した育毛剤を選んでください。

さらに、シャンプー時や育毛剤の使用時に頭皮マッサージを行うのもおすすめです。

治療を開始してAGAの症状を抑える

AGAは進行性の脱毛症なので、放置していると薄毛の症状は進行していきます。

症状の改善は育毛剤などのセルフケアでは難しく、クリックなどで薬による治療を開始しなければいけません。

AGAは決して治らない症状ではなく、自分にあった適切な治療を行えば薄毛の進行を抑える・ハゲたところからの発毛も可能です

AGAの発症の有無を調べる

AGAの発症率は年代が上がるにつれ高くなりますので、40代以降で薄毛が気になりだしているのであれば、早期のうちにAGAの発症の有無を調べておきましょう。

自分の髪の状態や抜け毛の状態が、細くて短い物が多い・髪質が変化したなどの薄毛の傾向を感じているのなら、薄毛専門の医師の診断を受けAGA発症の有無を判断してもらてください。

AGAには明確な発症基準がないため、最終的には専門の医師による診断による判断が正確です。自己判断をしてしまうと、間違った判断をしてしまい薄毛が進行する恐れもありますので注意してください。

今ではオンラインからでも無料相談できるクリニックもありますので、まずは自分の髪の状態を医師に相談してみましょう。

\40代で薄毛が気になり始めた人へ/

※まずは自分がAGAであるかを知るのが大事です

 

40代以降になると更に薄毛になりやすくなる

40代の薄毛の割合は明確にはわかっていません。ですが、40代で「自分がハゲてきている」と感じている人の割合は半数にも及びます。

40代から自分の薄毛具合が気になり始める理由は、ハゲる原因となる複数の要因が重なりやすい年代のためと考えられます。

例えば、加齢による薄毛と仕事や家庭のストレス、食事面などの複数の原因からハゲになっている可能性があります。

さらに、AGAの発症頻度は40代では30%にも及びます。年代的にもハゲやすく、自分でもハゲと感じやすいのが40代とも言えます。

40代以降になると、さらに薄毛の割合も増えていきますので、40代のうちに薄毛対策をしていかないといけません。

AGAを発症していないのであればセルフケアでの対策を、AGAを発症しているのであれば治療を開始しましょう。

適切な薄毛対策を行うためにも、まずは自分がAGAであるかを専門の医師から診断してもらいましょう。

歳のせいと何も対策をしないでいると、ますます薄毛は進行していきます。まだ毛が残っているうちから薄毛対策に動き出してください。

タイトルとURLをコピーしました