「体毛が濃いとはげる」の都市伝説。半分は本当で半分は嘘

体毛が濃いと「はげる」のは本当なのかについて解説しています。

体毛が濃いとはげるのは本当?

体毛が毛深くなる理由は男性ホルモンの「テストステロン」が影響しています。テストステロンが多い分泌されると、毛細細胞が活発になり毛深くなります。

であれば「頭皮もフサフサになるのでは?」と思うかも知れませんが、毛髪においては、他のホルモンの働きにより全く違う結果になります。

テストステロンが、5αリダクターゼよってジヒドロテストステロン(DHT)に変換されます。ジヒドロテストステロン(DHT)は、毛乳頭細胞に悪影響を及ぼし、毛の成長を抑制してしまいハゲになってしまいます。

つまり、5αリダクターゼがあるから、ジヒドロテストステロン(DHT)に変換されるのであって、テストステロンが多くても、5αリダクターゼが少なければ、ジヒドロテストステロン(DHT)の影響も少なくなるということになります。

では、5αリダクターゼの多さは何で決まるのかいえば、ほとんどが遺伝によって決まっています。なので、体毛が濃くても、5αリダクターゼが少なければハゲる可能性も低いため、体毛が濃いからといって、必ずしもはげるわけではありません。

体毛が濃いからハゲるとの判断基準はできない

体毛の濃さも、ハゲにある原因も男性ホルモンが影響しますが、ジヒドロテストステロン(DHT)が生成されるかどうかで、ハゲになるかが決まります。

ですので「体毛が濃い」との事実だけでは「ハゲる」の判断はできません。また「毛深くないからハゲない」との判断もできません。

体毛が濃いとそれだけ男性ホルモンの影響があるということですから、5αリダクターゼの感度によっては、薄毛になりやすいということはあります。

毛深くないと男性ホルモンの影響が少ないかもしれませんが、ハゲは他の原因でも発生しますし、5αリダクターゼの感度が高いと、男性ホルモンの影響が少なくてもハゲていきます。

体毛が濃い、体毛が少ないでハゲるかハゲないかの判断をするのではなく、薄毛にならないように対策していくのが大事です。

体毛が濃い人のハゲやすさの確認方法

  1. 家族にハゲの人がいるかいないか
  2. 食生活や睡眠が乱れていないか
  3. ストレスはないか

1.家族にハゲの人がいるかいないか

男性ホルモンによる薄毛の影響は、遺伝により決まります。はげに関わる遺伝子は、父親からも母親からも受け継ぎます。

さらに、5αリダクターゼの感度が高ければ高いほど薄毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)を作り出してしまいますが、5αリダクターゼの感度の高さは母親から受け継ぎます。

ですので、母方の家系に薄毛の人がいるのなら、はげやすいと言えます。

2.食生活や睡眠が乱れていないか

脂質の多い食事を取りすぎていると、皮脂の分泌が増えてしまいます。多すぎる皮脂は、毛穴詰まりや汚れの原因ともなり、髪の成長に悪影響を及ぼします。

また、髪の成長ホルモンは寝ているときに分泌されます。睡眠不足であったり、質の悪い睡眠をしていると、髪も十分に成長できません。髪が細く短いまま抜け落ちる原因ともなります。

3.ストレスはないか

ストレスを感じると、自律神経が乱れ、頭皮の血行も悪くなります。頭皮から髪の毛に十分に栄養を運べなくなり、髪は細く簡単に抜け落ちやすくなります。

諦めるのではなく早期の予防が大事

体毛が濃くて家族もハゲているからといって、諦める必要はありません。遺伝的要素が高くても、ハゲにならない人もいますし、遺伝だけでハゲるわけでもありません。

また、ハゲてしまったとしても日頃のケア次第で、ハゲる速度や進行度は違ってきます。ハゲたくないのであれば、今のうちからハゲ予防の対策を行っていきましょう。

日常生活を見直し育毛剤で予防ケアを開始しよう

偏った食事内容から、栄養バランスが整った食事に変更しましょう。ミネラルやタンパク質、亜鉛などを髪の成長に良いとされる栄養素を積極的に摂っていきましょう。

成長ホルモンは、就寝から6時間は分泌されますから、最低でも6時間は睡眠を取るようにしてください。

また、シャンプーを変更するのもおすすめです。育毛系やアミノ酸系のシャンプーに変更することで、頭皮の環境を改善し、髪が育つ土台が整います。

髪が育つ環境になれば、さらに育毛剤を使っていきましょう。育毛剤は、髪を育てて強くし、簡単に髪が抜けないように予防できます。

髪が増えるだけで抜けやすい毛であれば意味がなく、今残っている髪の毛、今後生えてくる髪の毛の両方にアプローチしなくてはいけません。

育毛剤ならば、髪を育て、発毛も促進してくれますので、初期の薄毛対策としては最適です。

体毛が濃い人ほど早期のハゲ予防が大事

体毛が濃い人が必ずはげるわけでもなく、体毛が薄い人がはげないわけでもありません。

薄毛には男性ホルモンが影響していますから、体毛が濃い人は薄毛になりやすいとは言えます。ですので、体毛が濃いと感じている人ほど日頃から薄毛対策をしていきましょう。

生活習慣を見直したり、シャンプーの変更や、育毛剤でのケアを開始し、髪を育てて抜け毛を予防していくことで、将来のハゲ予防になります。

体毛は濃いからハゲるのではないかと心配しているのなら、早々に予防対策を開始ていってくださいね。

\体毛が濃くてハゲることが心配な人へ/

※体毛が濃いからこそ早期に予防対策が必要です

 

タイトルとURLをコピーしました