禿げたくないけど遺伝だと諦めるしかない?家族がハゲている場合の対策

残念ながら禿げは遺伝します。父親からも母親からもハゲる要素の遺伝子は受け継がれ、特に母方の祖父がハゲていると遺伝でハゲる確率は高くなります。

ですが、遺伝するからといって諦める必要はありません。必ず遺伝でハゲるわけではありませんし、遺伝以外の要素でハゲることもあるためです。

遺伝だけど禿げたくないのであれば放置せずに他の要素の対策を行わないと、ますますハゲる確率が上がります。

まだAGAを発症していないのなら、育毛剤などのセルフケアでハゲ予防をしていき、AGAをすでに発症しているのであれば早期のうちから治療を開始しましょう。

どちらの方法を取るにせよ、まずは自分が現時点でAGAを発症しているのかどうかを判断しなければいけません。なぜなら

  • セルフケアか治療かを適切に判断することができる
  • 早期のうちから薄毛対策することで効果も発揮されやすい
  • AGAであれば早期に治療を開始することで進行を抑えられる

などのメリットがあります。ですから、

  • 家族がハゲているので遺伝するのではと不安
  • 母親の祖父がハゲている
  • 遺伝があっても禿げたくない

と悩んでいるのなら、まずはAGAの発症の判断から始めていきましょう。遺伝だからと諦めて何も対策をせずにいると、他の原因からも薄毛を発症する可能性もあります。

\遺伝でハゲそうだと悩んでいる人へ/

※まずは自分がAGAであるかを知るのが大事です

 

禿げたくないけど遺伝してしまう理由

ハゲになりやすい遺伝的要素は、父親からも母親からも受け継がれます。

父親と母親それぞれか遺伝する「5αリダクターゼ」と母親のみから遺伝する「アンドロゲンレセプター」があります。

5αリダクターゼは、男性ホルモンのテストステロンと結合し薄毛を発症します。難しい説明は割愛しますが、簡単に言うと5αリダクターゼがテストステロンを抜け毛の原因となるDHTに変換させてしまうのです。

やっかいな5αリダクターゼの活性の強さは遺伝で受け継がれます。父親と母親の両方で、5αリダクターゼの活性が強ければ、よりハゲる確率は高くなります。

さらに、5αリダクターゼによって生成されたDHTはアンドロゲンレセプターと結合することで薄毛が進行していきます。アンドロゲンレセプターは母親からのみ受け継がれる遺伝子です。

ですから、母方の祖父がハゲである場合は高い確率でハゲる可能性があります。

遺伝で禿げる確率が高い順番

  1. 父方・母方の両方で禿げている
  2. 母方の家族が禿げている
  3. 父方が禿げている

ハゲの遺伝は、父方・母方の両方から受け継ぎますから、当然父方・母方の両方の家計でハゲていると確率も高くなります。

父方の家系がハゲていなくとも母方の家系がハゲていると禿げやすいです。

特に母方の祖父・曽祖父がハゲである場合は自分がハゲる確率はあがり、約90%で薄毛を発症するとも言われています。

ハゲの遺伝子を母方から受け継ぐためです。

母方の家系がハゲていなくとも、父方の家系で薄毛である場合でも、ハゲが遺伝する可能性はあります。

薄毛発症のきっかけとなる遺伝子は、父方からも受け継ぐためです。

ハゲが遺伝しているか調べる方法

自分がハゲであるかどうか調べる方法としては、遺伝子検査があります。

どうしても自分がハゲの遺伝子を受け継いでいるのか気になるのなら、遺伝子検査を行っている病院で検査してもらいましょう。

病院に受診すると検査をしなくても、AGAを発症しているかどうかの判断はしてくれます。

また、最近では遺伝子検査キットを使って簡単に検査ができる方法もあります。ですが、信ぴょう性に関しては意見が分かれるところです。

検査キットにかかる費用と信ぴょう性を考えて、受けるかどうか決めてください。

遺伝を防止するハゲ対策を早めに行うべし

遺伝でハゲる確率が高くとも、必ずAGAを発症するわけではありません。遺伝でハゲを発症したとしても治療方法がないわけではありません。

ハゲは遺伝だけで発症するわけではなく、生活習慣・ストレス・睡眠不足など多くの要因からも発症します。

遺伝もそのうちの一つに過ぎません。ただ遺伝的要素でハゲる確率が高いのなら、その他の原因を対策しておかないと他の人に比べてハゲやすい事実があります。

遺伝でも禿げたくないのであれば、総合的に薄毛対策を行っていきましょう。

発症前なら薄毛予防を行うべし

まだ薄毛、すなわちAGA(男性型脱毛症)を発症していないのなら、セルフケアで薄毛予防の対策を行っていきましょう。

生活習慣の見直しやシャンプーの変更・育毛剤の使用などで、頭皮を健康にし髪を育てられる環境作りをしていきます。

頭皮の環境が整っているとAGAを発症したとしても、進行の速度を抑えることにも繋がります。また、治療の効果も発揮されやすくなります。

まだAGAを発症する前から、薄毛予防の対策を行うことが将来のハゲ方に差を生むことになります。

発症後なら早期に治療を開始すべし

AGAを発症すれば、症状は進行していきますので、早期のうちから治療を開始しましょう。

症状が進んでから治療を開始するのと、早期にうちから治療を開始するのでは、治療方法や効果の出方にも差がでてしまいます。

少しでも薄毛の進行を遅らせてハゲになることを防ぎたいのならば、早期の打ちから治療を開始してください。

自分がAGAを発症しているのかを判断が重要

セルフケアで薄毛予防をする・AGAの治療を開始するにも、まずは自分がAGAを発症しているのかを判断しなくてはいけません。

一番正確な方法としては、薄毛専門の医師から診断を受けることです。

特に遺伝的要素からハゲる確率が高い人は、少しでも薄毛の兆候を感じたのならば専門の医師からの診断をおすすめします。

AGA発症には明確な基準がないため、自己判断だけでは間違う可能性もあります。

今ではオンラインからでも無料カウンセリングができるクリニックもありますから、まずは気楽に医師に自分の髪の状態を相談してみてください。

どの薄毛対策を行うにしても、まずは自分がAGAを発症しているのかを知ることからがスタートとなります。

\遺伝でハゲるのが心配な人へ/

※まずは自分がAGAであるかを知るのが大事です

 

禿げは遺伝するが諦める必要はない

残念ながらハゲは遺伝する確率が高いです。ですが、必ず発症するとも限りませんし、発症したとしても治療方法がないわけでもありません。

AGAを発症しているのならば、専門の病院で治療を開始しましょう。まだ発症していないのなら、遺伝以外からハゲになることを予防するセルフケアでの対策を開始しておきましょう。

遺伝でハゲる確率が高いのですから、発症前に薄毛予防を行うことが大事です。

ハゲは生活習慣の乱れやストレス、加齢などが原因でも発症します。遺伝でのハゲの要素が加わる前に、他の要因でハゲることを防ぐと将来のハゲ方に差が出ます。

ハゲないために適切な対策を取るためにも、自分がAGAを発症しているのかの判断を専門の医師から診断してもらってください。

発症前ならセルフケアでの予防対策を、発症しているのであれば治療を開始しましょう。遺伝だからと諦める前に、できる対策を行っていきってください。

タイトルとURLをコピーしました