高校生のAGA診断方法。10代でハゲるのは珍しく対策も難しい

高校生であってもAGAの診断は受けることができます。AGAの診断方法や、高校生でもできる薄毛対策について解説しています。

高校生でもAGAの診断は可能だが治療法は限定される

AGAは、男性型および女性型脱毛症診療ガイドラインにおいても、明確な診断基準はありません。そのため、髪の太さや抜け毛の本数ではAGAかどうかを正確には判断できないのが現状です。

AGAの診断基準としては、薄毛専門の医師から判断してもらうか、セルフチェックで判断するしかありません。

高校生でも専門の病院でAGAの診断は可能

高校生であっても、AGAの診断を受けられる病院はありますが、未成年の場合は保護者同伴を求められるケースが多いです。病院でAGAかどうかの診断を受けたいのなら保護者に相談の上、一緒に受診しなくてはいけません。

高校生では病院での治療は限定される

AGAと診断されても有効な治療薬(フィナステリド錠・ミノキシジルなど)は未成年には処方はできませんので、服薬での治療はできません。

病院では、生活習慣の改善などのアドバイスを貰う程度のことしかできず、AGAを改善させるまでの治療は期待できないでしょう。薬での治療ができないのなら、AGAの病院に通うメリットは正直少ないです。

セルフチェックでの判断基準

自分の抜け毛の状態を見て、細くて短い毛ばかりが抜けているのならAGAである可能性があります。また、髪の毛の太さが以前よりも細くなってきている場合も要注意です。

AGAの症状により髪が成長できずに細くなっていると考えられます。

高校生であれば成長に髪質の変化が大きい

セルフチェックでAGAの傾向があるとしても、高校生であれば成長における髪質の変化である場合が多いです。人は成長に合わせて髪質が変化していきますが、思春期のなるとホルモンバランスが変わるため髪質も変化しやすくなります。

中学生から高校生の年代に髪質も変化しやすく、変化した髪質が大人になった自分の本来の髪質であるとも言えます。

高校生がAGAのを発症する原因

AGA(男性型脱毛症)は20代後半から30代にかけて発症する場合が多く、高校生が発症することは稀です。未成年での薄毛は「若年性男性型脱毛症」とも呼ばれ、症状としてはAGAと変わりません。

高校生がAGAになる原因としては、ストレスや、偏った食事、睡眠不足などがあり、生活環境での面が大きいのも特徴です。

高校生はストレスがかかりやすい

学校生活、受験、部活、バイトなど、高校生はストレスに晒さえる機会が多く、また、ハゲかけてきている事実がさらにストレスとなっていきます。

ストレスが溜まると自律神経に乱れが生じ、頭皮の血行も悪くなることで抜け毛や髪が細くなってしまいます。

食生活も乱れやすくなっている

脂質の多い食事や、偏った食事が多いと薄毛の原因にもなります。夜食などで、スナック菓子やインスタントばかりを食べている人は、薄毛のリスクも高くなります。

受験や友だちとの付き合いで、高校生は食生活が乱れがちになりやすいです。

睡眠時間が少ないと髪が成長できない

髪の成長ホルモンは、寝ているとき多く分泌されます。睡眠不足が続いたり、質の悪い睡眠だと髪の成長の妨げにもなります。

ハゲが気になり勉強に集中できずに受験にも失敗する・・・

高校生だからと薄毛を放置していると・・・

  • 薄毛が気になって不眠やうつ状態となりますますハゲていく
  • 髪が薄くなった見た目では女性からモテず彼女ができない
  • 髪の状態が気になり勉強に集中できずに成績が下がり受験にも失敗する

常に髪の状態が気になると、不眠に陥りうつ状態になりやすいです。ストレスが薄毛の原因に加わり、ますますハゲが進行していきます。

髪が薄くなった見た目からは、女子からもモテません。また、勉強にも集中できずに成績は下がっていき、志望する大学受験にも失敗してしまうこともありえます。

高校生でもできる薄毛対策

生活習慣の改善

食生活に偏りがあったり、食べる時間が不規則であれば見直していきましょう。特にスナック菓子やファーストフードなどは控えていきましょう。

また、質の良い十分な睡眠を取るのも大事です。髪を成長させるホルモンは、寝ているときに分泌されます。

高校生は受験や進路、友人関係などでストレスを感じやすい時期です。ストレスは頭皮環境に悪影響を及ぼし、薄毛の原因にもなります。自分がストレスを発散できる方法も見つけていかなくてはいきましょう。

頭皮を清潔に保つ

高校生の時期は、ホルモンバランスが崩れやすいため頭皮の環境が乱れがちです。皮脂が過剰に分泌されたり、汗による汚れなどが毛穴に詰まりやすいです。

1日の終わりにはシャンプーをして、頭皮を清潔な状態に保ちましょう。ただし、洗いすぎには注意!

過剰な洗髪をすると頭皮が乾燥し、乾燥から頭皮を守るために逆に皮脂が増えてしまいます。適度な洗髪で頭皮を清潔に保つのが大事です。

また、使用するシャンプーを頭皮に負担なく洗えるアミノ酸系や育毛系のシャンプーに変更していきましょう。

育毛剤を使用する

高校生は、AGAの治療薬は年齢制限があり使用できず、発毛剤も同じです。ですが、育毛剤なら使用できます。毛剤の効果は、毛を育てて抜け毛を予防し発毛を促進することです。

育薄毛の対策は早めに開始するほど改善も期待できますので、高校生であっても使用が早すぎることはありません。ですが、高校生が使用する場合は、頭皮への負担を考えアルコールが入っていない育毛剤を選んでいきましょう。

育毛剤は継続してのケアが必須ですから、お財布と相談の上、一定期間は続けられる価格帯のものを選んでいってください。金額が安いだけで育毛剤を選ぶと、期待するほどの効果が得られなかったり、頭皮トラブルの元にもなってしまいます。

友達にも彼女にもバレずにハゲ対策ができる

高校生であれば、病院での治療は難しいですので、薄毛対策としてはセルフケアが中心となります。シャンプーの変更や、育毛剤ならば、自宅でのケアですから誰にもバレることはありません。

薬局などに育毛剤を買いに行くことすら恥ずかしいのならば、通販で購入すれば問題ありません。ただし、未成年ではありますから通販での購入にはくれぐれも注意を払ってください。

変なサイトからは買わない、怪しげな育毛剤は買わないように自分で防衛していきましょう。

高校生で可能な薄毛対策は限定的。できるケアとして育毛剤がおすすめ

高校生でAGAを発症することは、大変珍しいですがありえます。ですが、AGAの治療薬は高校生では処方できません。

高校生でもできるAGA対策としては、生活環境の改善やシャンプーの変更などでの頭皮ケアでの対処方法が主となります。

対処方法だけでは、思ったような効果は感じにくく「このままどんどんハゲていく」と不安になりやすいのも事実です。

もう少し効果が期待できる対策を行いたいのなら、育毛剤でのケアがおすすめです。育毛剤ならば高校生でも使用できます。

若いうちから薄毛が進行している人は、20代に入ると症状が進むのも早い人が多いです。高校生でもできることから、薄毛対策を始めていきましょう。

\高校生でハゲてきたと悩んでいる人へ/

※早め早めの対策が将来ハゲになるかの分かれ道です

 

タイトルとURLをコピーしました