急に髪が薄くなった男性がすべきこと!対策しないと本当にヤバイ

男性で急に髪が細くなったと感じているのなら要注意。特に抜け毛の状態が細くて短い毛が多くなっている場合、薄毛になっている可能性があります。

薄毛の傾向を感じているのであれば、すぐにでも薄毛対策のケアを開始しなくては、ハゲが進行する可能性もあります。

自分の髪に効果がある対策を行うためにも、まずは自分がAGA(男性型脱毛症)を発症しているのかを専門の医師から判断してもらうことが大事です。

なぜなら、AGAの発症の有無で行うべき対策が違うためです。髪が薄くなったと感じた時点で、AGAであるかを知るメリットとしては、

  • 自分に適切な薄毛対策を行うことができる
  • 早期のうちに対策をするほど効果もでやすい
  • 専門の医師から正確に自分の状態を判断してもらえる

などがあります。ですから、あなたが

  • 最近髪が急に薄くなってきた
  • どんどんハゲていきそうで不安
  • 薄毛のことばかり気にしている

などと悩んでいるのなら、早期に薄毛対策に動き出しましょう。薄くなったと感じているのに、何も対策しないでいても薄毛が減ることはありません。

特にAGAであった場合、放置していると抜け毛は増え、勘違いでは済まなくなります。薄毛が増えたと感じ始めた今から対策を行っていきましょう。

\髪が薄くなったと感じている人へ/

※自分がAGAであるかどうかを知ることが大事です

 

急に髪が薄くなった男性が確認すべきこと

  • 髪の抜け方
  • 頭皮の状態
  • 抜け毛の状態

髪の抜け方が異常でないか

髪が急激に薄くなったということは、髪が大量に抜けている可能性も高いです。

抜け毛の量が100本以上ある、髪を触るとごそっと抜け落ちる、一部分だけ抜けているなど、明らかに異常な抜け方をしていないかを確認してください。

異常なほどの抜け毛があれば、病気の可能性もあります。

頭皮に炎症などがないか

頭皮に炎症や湿疹などの皮膚トラブルが起きていないか確認してください。また、かゆみやフケの症状がないかも合わせてチェックしましょう。

かゆみやフケの症状がある場合は脂漏性皮膚炎の可能性もあり、抜け毛が増える要因になります。

薄毛かどうかは自分の抜け毛からチェック

自分の抜け毛の状態が細く短い毛が多いのならば、薄毛が進行し髪が薄くなっている可能性があります。

細くて短い毛の正体は髪に栄養が行き渡らず、本来なら太く成長するはずの髪の毛が成長できないまま抜けている毛です。

髪に栄養を運べるように改善しないと髪はどんどん薄くなっていきます。

髪が薄くなる原因は1つではない

  • 病気
  • 病気ストレス
  • 病気AGA(男性型脱毛症)の発症
  • 病気勘違い

病気の可能性もある

脱毛症や内臓系の病気、飲んでいる薬による影響などからも、髪が急に薄くなることがあります。

明らかに異常なスピードで髪が薄くなっているのなら、一度病院を受診しましょう。

ストレスは髪をも老化させる

急激なストレス・慢性的なストレスを感じると、自律神経が乱れる・ホルモンバランスが崩れることがあります。

さらにストレスがあると活性酸素を発生させ、体の老化減少を加速させてしまいます。当然、髪への影響も考えられます。

AGA(男性型脱毛症)の発症

男性であれば思春期以降であれば、AGA(男性型脱毛症)を発症するリスクがあり、発症すると髪が細くなり抜け毛が増え、頭皮が薄くなりハゲが進行していきます。

AGAは進行性の脱毛症であるため、薬による治療を開始しないと症状の改善は見込めません。AGAの改善方法については、後述する【AGAならば治療を開始しないとハゲは進行する】もご参考になさってください。

勘違いの人も多い

急に髪が薄くなった!と思うのは実は勘違いで、以前から少しづつ髪が薄くなっていたことに気がつかなかっただけのパターンもあります。

髪の毛の太さは、加齢により年々細くなっていくため頭部が薄くなっていきます。

ですが、少しづつの変化であるため自分で気が付きにくく、ある時ふとしたことがきっかけで自分の薄毛に気が付く人が多いです。急に薄くなったのではなく、実は以前から薄毛になっていたと考えられます。

急に髪が薄くなった男性がすること

髪が薄くなったと感じているのであれば、薄毛対策を行っていきましょう。

まずは生活面を見直してみよう

食生活を見直し

ファーストフードや脂っこい食事、偏った食事、特に高脂肪な食事は、髪に悪影響を及ぼします。

栄養バランスの取れた食事内容を取るようにしていきましょう。

睡眠時間を見直し

睡眠不足や質の悪い睡眠も髪には良くありません。髪の成長ホルモンは、夜寝ているときに多く分泌されますので、睡眠が不十分だと、髪に必要な栄養が行き渡らず薄毛の原因にもなります。

成長ホルモンは入眠後、約6時間は分泌されますので最低でも6時間は寝るようにしましょう。

食事内容や睡眠を見直し、改善できる点は改善していきましょう。

ストレスは髪をも老化させる

ストレスを感じると自律神経が乱れてしまいます。自立神経が乱れると血行が悪くなり、髪へ栄養をうまく運べなくなります。

また、ストレスは活性酸素を発生させ、体の老化減少を加速させてしまいます。当然、髪への影響も考えられます。

すべてのストレスを解消するのは難しいですが、自分なりのストレス発散方法を見つけて気分をリフレッシュさせていきましょう。

セルフケアで薄毛対策を開始しよう

人は年齢を重ねるにつれ髪がどんどん細くなっていきます。歳を取ったからと薄毛を諦めるのではなく、今ある髪を丈夫に育てキープすることが大事です。

シャンプーの変更

髪を育てるには土台である頭皮環境を整えないといけません。頭皮環境を改善させる方法の1つにシャンプーの変更があります。

今使っているシャンプーが一般的なシャンプーであれば、頭皮に優しく洗浄できるアミノ酸系のシャンプーに変更してみましょう。

洗浄力が高すぎても弱すぎても薄毛の原因となりますが、アミノ酸系シャンプーならしっかりと汚れを落としつつも頭皮の刺激を少ないです。

さらに育毛成分が含まれていタイプのシャンプーであれば、なお薄毛対策ができます。有名なところではスカルプDのシャンプーがありますが、自分の悩みにあったシャンプーを選んでいきましょう。

育毛剤で髪を守る

育毛剤を使用すると今ある髪を強く育てることができ、薄毛予防に繋がります。まだハゲていない薄毛の初期段階であれば、育毛剤は薄毛対策としては有効です。

薄毛対策で育毛剤を使用するのであれば、育毛に特化したタイプの育毛剤を使用していきましょう。

AGAならば治療を開始しないとハゲは進行する

AGAを発症しているのであれば、薄毛専門のクリニックや発毛剤を使って治療をしないと症状は進行していきます。

生活面の見直しや育毛剤の使用だけでは、進行の速度を遅くできても症状の改善までは見込めません。特にすでにハゲてしまったところから発毛させるには、セルフケアでは難しいでしょう。

クリニックの治療では、医師の診断のもと自分の髪の症状にあった治療を受けられますから薄毛への効果も高いです。

まずは自分がAGAであるかの確認

AGAの治療を受けるべきかは、自分がAGAを発症しているのかを知らないといけません。ただ、AGAには発症の明確な基準がないため自己判断は難しいです。

間違った判断をしてしまうと、薄毛が進行していく危険性もありますので正確な判断が重要になります。確実な判断方法としては、薄毛専門の医師から診断してもらうことです。

今ではオンラインからでも無料相談ができるクリニックもありますから、まずは専門の医師に自分の髪の状態を相談することから始めていきましょう。

\髪が薄くなったと感じている人へ/

※自分がAGAを発症しているのかの確認が大事です

 

髪が薄くなったと感じた時点で対策をしないとヤバイ

急に髪が細くなったと感じた場合は、自分がどんな風に髪が減ったのかを冷静に判断しましょう。

一部分だけ抜ける、一気に何百本も抜けるなど、あきらかに異常な抜け方をしているのなら病気の可能性もありますので、病院を受診してください。

髪が薄くなる原因は、生活習慣や、睡眠、ストレス、加齢、AGAの発症など様々です。また、髪が薄くなったと自分で感じていても、実は勘違いだった場合もあります。

自分の薄毛の原因を知ることが大事

自分の髪が薄くなった原因を、正確に見極めることで効果のある薄毛対策を行えます。

まずは、自分の抜け毛や生えている髪の状態が、細く短い毛が多くないのかを確認しましょう。細くて短い毛が多いのであれば、薄毛になっている可能性があります。

自分の髪に薄毛の傾向を感じたのなら、AGAを発症していないかを専門の医師から診断してもらいましょう。

診断の結果、AGAでなければセルフケアで薄毛対策を行い、AGAであればクリニックなどで治療を開始してください。

薄毛になった原因を改善しないと抜け毛の量は増えていってしまいますので、早期のうちに薄毛対策に動きだしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました