将来禿げる人の特徴は男性なら3つあり!該当したら早期に対策しないとヤバイ

男性の将来禿げる人の特徴としては、主に遺伝・生活習慣・ストレスの3つがあります。

もしあなたが、禿げる人の特徴に一つでも該当し、自分でも髪に何かしらのサインを感じ始めているのなら、早期の薄毛対策を行っていきましょう。禿げる人の特徴に該当しハゲる確率が高いのですから、放置しておいても良い結果にはなりません。

早期に薄毛対策を始めるメリットとしては、

  • 早めにケアを開始すればするだけ効果が出やすい
  • 今ある髪を育てる・守ることができる
  • 将来ハゲる確率を下げることで予防ができる

などのメリットが薄毛の早期対策にはあります。薄毛、特にAGAは進行性ですから、放置しておいても自然と改善されることはなく、対策しないでいると育てる毛や守る毛すらなくなってしまいます。ですから、あなたが

  • すでに抜け毛の量が増えてきたように感じる
  • 家族や母方の祖父がハゲている
  • 将来ハゲになるのは絶対にイヤだ

と悩んでいるのなら、早期に薄毛対策を始め、将来ハゲないための予防を開始しましょう。

対策方法としては、AGAであるかどうかで行うべきケアも変わってきます。特に、すでにハゲかけている人は、自分がAGAであるかどうかの判断を早期にしていきましょう。

\禿げる人の特徴に1つでも当てはまる人へ/

※すでに少しハゲかけている人はAGAであるかの確認をしましょう

 

将来禿げる人の特徴。男性の3つのパターン

ハゲる原因は多くありますが、将来ハゲる人の特徴を上げるとしたら男性の場合は主に3つに絞れます。

  1. 遺伝
  2. ストレス
  3. 生活習慣

1.遺伝。特に母方の祖父がハゲているとヤバイ

家族に薄毛の人がいたら、将来ハゲる確率は高く、特に母方の祖父や親戚に薄毛の人がいるのなら自分もハゲる確率が上がります。

ハゲのきっかけとなる遺伝子(アンドロゲンレセプター)は母親から受け継ぐため、母方の親戚に薄毛の人がいる場合は要注意です。

母親から薄毛の遺伝子を引き継ぐ理由

染色体にはXとYがあり、X染色体に薄毛の遺伝子情報があります。男性は、母親のX染色体と父親のY染色体を受け継ぎます。

男性はX染色体を母方から受け継ぐため、母方に薄毛の人がいれば薄毛の遺伝子も引き継ぐ確率が高いです

母方の祖父が薄毛の場合で75%、母方の祖父と曽祖父ともに薄毛の場合で約90%と遺伝するとも言われています。

2.ストレス。長年蓄積されているのなら要注意

ストレスが溜まると、頭皮の血管が収縮し血流が悪くなル結果、毛根に栄養が行き渡らなくなり薄毛の原因となります。

健康的な髪が育たなくなるため、本来であれば長く伸びる髪でも、短いまま抜けてしまいます。生えている毛も細くなりハリ・コシがなくなり抜けやすくなります。

3.生活習慣。お酒・タバコ・睡眠不足は大敵

タバコを吸っている、お酒をよく飲む、油っこい食事ばかりしている、好き嫌いが多い、夜ふかしをするなど生活習慣も薄毛に関係しています。

脂質の多い食事内容、特にファーストフードや揚げ物、スナック菓子などを多く食べていると、皮脂の分泌が増えてしまいます。皮脂が増えると毛穴詰まりの原因ともなり、毛が育ちにくく抜けやすくなります。

お酒やタバコを過度に摂取すると、頭皮の血行が悪くなり、髪に十分な栄養を運べなくなり、睡眠時間が少ない・質が悪いと、成長に必要なホルモンの分泌が悪くなってしまいます。

禿げる前兆を放置していても明るい未来はない

禿げる人の特徴に該当しているに関わらず、何の対策もせずに放置していると、どんどんと薄毛は進行していきます。気がついたときには、ハゲが思いの他進んだ状況になり、もはや育毛剤などのケアでは手遅れになっている可能性もありえます。

禿げる特徴に該当するということは、それだけハゲになる確率も高いことになりますので、普通の人よりも早めの対策をしなければいけません。

禿げる人の特徴に該当した場合の対策方法

遺伝の場合も諦める必要はない

遺伝が原因の場合は、何をしても無駄と思われる人も多いですが、病院でならば治療方法がないわけではありません。

AGAの専門治療では、内服薬・外服薬・注入薬・植毛などの複数の治療方法から、自分にあった治療を行うことができます。

遺伝が原因であったとしても、適切な治療を行うことで進行スピードを遅くしたり改善することは可能ですので、絶対にハゲたくないと強く思っているのならAGA専門の病院で診断を受けることから始めてください。

今ではオンラインで無料カウンセリングができるクリニックもありますから、気軽に相談しやすくなっています。

ストレスはできるだけ溜め込まないこと

全てのストレスをなくすのは、ストレス社会の現代では難しいですが、自分なりに気分をリフレッシュできる方法を見つけていきましょう。

趣味に没頭できる時間を作ってみたり、適度な運動をしてみたり、好きな映画や動画を気兼ねなく見るなど、ストレスを長期的に溜め込みすぎないようにしていきましょう。

生活習慣はまずは3つの点から見直ししよう

  1. 食事内容
  2. 食喫煙・飲酒
  3. 食睡眠時間

まずは、上記の3つを見直して改善していきましょう。

脂質の多い食事・過度な飲酒を避け、ミネラル・亜鉛・ビタミン類・タンパク質などをバランス良く摂るよう心がけてください。

髪の成長ホルモンは寝ているときに多く分泌され、睡眠から6時間は分泌され続かますので、最低6時間は睡眠時間を取るようにしていきましょう。

禿げやすい人の特徴がある人は薄毛予防が重要

禿げる人の特徴に該当するのならば、残念ですが普通の人よりも禿げる確率は高いと言えます。ですが、早めに薄毛策を行うことで、髪を育ちやすい頭皮環境にすることで進行を遅らせたり、薄毛の予防が可能です。

普通の人よりも禿げる確率が高いのですから、早めに予防対策をすることで将来のハゲ方に差がでてきます。

シャンプーを変更して髪が育つ土台作りをしよう

今使っているシャンプーが、薬局などで安価に売っているシャンプーであれば、頭皮を優しく洗えるアミノ酸系や、育毛シャンプーに変更しましょう。

洗浄力の高すぎるシャンプーでは頭皮を乾燥させたり、皮脂の過剰な分泌の原因ともなります。髪を育てる土台である頭皮環境を、シャンプーで整えていきましょう。

また、育毛シャンプーであれば頭皮を優しく洗うだけでなく、育毛成分が使用されていますので洗いながらの育毛ケアができます。

ただし、シャンプーだけで完璧な薄毛対策が終了できるのではなく、シャンプーで頭皮が改善された後からが薄毛対策の本番となります。

育毛剤は育毛タイプか発毛促進タイプを選ぼう

生活面の改善、シャンプーの変更で、髪が生えやすい環境に整ったら、加えて育毛剤を使用するとより効果が発揮されやすくなます。

薄毛対策として育毛剤を選ぶときは、育毛か発毛促進に特化したタイプを選んでいきましょう。

育毛剤の選び方を間違えると意味がない

育毛剤はどれも同じ効果があるのではなく、使われている成分や配合量によって効果が違ってきます。

例えば、

  • 頭皮環境を整えることに特化したタイプ
  • フケやかゆみを抑えることに特化したタイプ
  • 血行を促進することに特化したタイプ
  • 育毛に特化したタイプ
  • 発毛促進に特化したタイプ

などがあげられます。

自分が育毛剤で得たい効果に特化しているものを選んで使っていきましょう。どれも同じだと思って適当に選ぶと、自分が思っていた効果を感じず、時間も費用も無駄になってしまいます。

はげることを予防するために育毛剤を使うのなら、育毛に特化したタイプであるチャップアップのような育毛剤を選んでください。

禿げる人の特徴に該当するなら早めに対策をしないとヤバイ

男性の禿げる人の特徴としては、遺伝・ストレス・生活習慣の3つのパターンがあり、該当するのならば早期の薄毛対策がおすすめです。

ハゲになる確率も高いだけでなく、薄毛は進行性であることも多いため、早期似対策を行っていないと、気がついたときは育てる毛も守る毛もなくなっている最悪のパターンも考えられるためです。

遺伝が原因であったとしても諦める必要はなく、病院での治療や、育毛剤での予防ができます。諦めて何も対策をしないことが一番危険であり、ハゲたくないのであれば何かしらの薄毛対策をしていきましょう。

ハゲかけの人はセルフケア、すでにハゲている人はクリニックで対策

まだハゲてはいないけれど、禿げやすい人の特徴に当てはまる人は、生活面の改善やシャンプーの変更、育毛剤でのケアを取り入れいきましょう。将来ハゲる人の特徴にあてはまっており、普通の人よりハゲやすいのですから、早期に薄毛対策を行わないといけません。

AGAならばクリニックで治療を開始

すでにハゲている人や、絶対にハゲたくない人なら、AGAクリニックでの治療を開始してください。シャンプーや育毛剤では予防はできても発毛させることは難しいです。

また、AGAを発症していると薄毛は進行していきますので、早期のうちから治療を開始することで将来のハゲ方にも差が出てきます。例え遺伝が原因のAGAであっても、早期から治療を行うことで進行速度を遅くしたり、発毛効果のある治療を行うことができます。

まずは、自分がAGAであるのかを確認するためにも一度AGAクリニックで相談するのがおすすめです。今ではオンラインで無料カウンセリングができるクリニックもありますので、ハゲたくないと悩んでいる方は気軽に相談から始めてみてください。

\将来ハゲにはなりたくない人へ/

※自分がAGAであるかを知ることが大事です

 

タイトルとURLをコピーしました