頭皮が見えるのは普通?ハゲてる?見極め方と対処方法

蛍光灯などの光の下・髪が濡れた状態・髪を短くカットした直後に頭皮が透けて見えるのは普通のことです。

しかし、自然な明るさの下でも頭皮が見える以前は見えなかったのに頭皮が透けるようになったのなら要注意です。

薄毛の症状から、髪が細くなり抜け毛の本数が増えてしまっために、頭皮が透けるようになった可能性があります。

薄毛の原因がAGA(男性型脱毛症)であれば治療を開始しないと、今以上に頭皮が目立ってハゲになっていきます。

適切な薄毛対策を行うためにも、まずは自分がAGAを発症しているのかどうかを専門の医師に判断してもらいましょう。なぜなら

  • セルフケアか治療かを適切に選ぶことができる
  • 早期に対策を開始するほど効果もでやすい
  • 薄毛専門の医師から診断が受けられる

などのメリットがあります。ですから

  • 頭皮が見えるのでハゲたのじゃないかと不安
  • 髪質が細く柔らかくなったと感じている
  • ハゲてしまうのは絶対にイヤだ

と悩んでいるのなら、まずはAGAの発症の有無を判断していきましょう。

頭皮が見えることを悩んでいるだけでは事態は改善せず、むしろ放置していると薄毛が進行する確率は高くなります。

後から「もっと早く取り組めば良かった」と後悔しないためにも、今から対策に動き出してください。

\頭皮が透けて見えている人へ/

※まずはAGAであるかを判断することが大事です

 

頭皮が見えるのが普通な場合

  • 髪を短くカットしたとき
  • 蛍光灯など強い光にあたったとき
  • 髪が濡れた状態とき

上記の3つの場合で頭皮が見えるのなら普通の状態です。

髪を短くカットしたとき

今までは頭皮が見えていなかったのに、髪をカットしたとたんに地肌が見えて「実はハゲてたんだ」と心配になる人もいます。

ですが、髪を短くカットしたために、今まで見えていなかった地肌が透けて見えるようになっただけと考えられます。髪が伸びてくると頭皮も見えなくなります。

蛍光灯の下など強い光にあたったとき

蛍光灯や太陽光のような強い光の下では、頭皮の奥まで光が入り込み地肌が透けて見えやすいです。特に生まれつき髪が細い人や、短髪の人は光の加減で頭皮が目立ちやすくなります。

強い光ではない場所で、頭皮が見えるかチェックしてみましょう。自然な強さの光の下で頭皮が見えなければ薄毛の心配は必要ありません。

髪が濡れた状態のとき

髪が乾いているときは1本1本が独立した状態で立っていますが、濡れると髪は束になり重なります。束と束になった髪に隙間ができ、頭皮が目立ちハゲているように見えます。

髪を乾かした状態で頭皮が見えなくなるのなら、薄毛の心配はしなくてもいいでしょう。

ただし、皮脂で髪がベタついたときに頭皮が見えるのなら要注意です。皮脂が異常なほど分泌されている場合、薄毛の可能性もありますので、早めに皮脂の対策を行っていきましょう。

頭皮が透けるのが普通かハゲかの確認方法

抜け毛の状態からチェック

頭皮が見えるからハゲになりかけているとは言えず、より正確に判断するのなら抜け毛の状態をチェックしていきましょう。

抜け毛の状態が細くて短い場合は、薄毛の兆候があると言えます。

抜け毛が細く短いのは、毛が成長する前に抜けてしまっている証拠です。すでに頭皮が見えるほどに髪が細くなっていたり、抜け毛が増えていることも考えられますので、早めに薄毛対策をしないといけません。

毛根の形を確認

抜け毛の毛根の形がマッチ棒のように丸みがなく細い・いびつな形をしている場合は要注意です。

また、色も白っぽくない場合は薄毛の可能性があります。毛根の形に異常があると毛に栄養をうまく運べず、毛が細くなり抜けやすくなります。

以前の透け具合からの変化

昔は頭皮が透けていなかったのに、最近透けるように変化したのなら薄毛になっている可能性が高いです。

髪が昔よりも細くなったために、髪と髪の間に隙間ができたため頭皮が透けるようになったと考えられます。

頭皮が透けた原因を知らないと対策できない

加齢により髪は細くなる

髪の太さは歳を重ねるごとに年々細くなっていきます。男性であれば20代以降、女性であれば30代後半から髪は細くなる傾向があります。

ダイエットは髪も栄養不足になる

過激な食事制限のあるダイエット行うと、髪も栄養不足に陥り細くなります。

ダイエットが原因であれば、ダイエットを終えて数ヶ月経つと毛の状態も落ち着いてきます。

ストレスは髪にも悪影響

急激なストレス・慢性的なストレスに晒されていると、自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れに繋がり、抜け毛の原因となります。

AGA(男性型脱毛症)の発症

AGA(男性型脱毛症)には髪が細くなる症状があります。AGAは進行性なので、髪が細くなっている原因がAGAであれば治療を開始しないと症状は止まりません。

頭皮を見えなくする対策

生活習慣の見直しで原因をブロック

食生活や睡眠時間・喫煙・ストレスなどの生活習慣を改善しないと、ハゲの原因がいつまでも残ったままとなりますので、どんな良い対策をしても効果は薄くなってしまいます。

全ての生活面を改善させることは難しいですが、できる点からでも始めていきましょう。

セルフケアで髪を育てる

シャンプーの変更

使っているシャンプーをアミノ酸系のシャンプーに変更するのもおすすめです。

アミノ酸系シャンプーは、頭皮の負担が少ない成分でありながらもしっかりと汚れを落としてくれます。

育毛系の成分が使用されているシャンプーであれば、洗いながら育毛ケアも可能です。

ですが、シャンプーだけで毛が生えてくるのではなく、頭皮環境を改善することで薄毛対策ができると考えましょう。

育毛剤なら髪を強く育ててくれる

頭皮が見える状態は抜け毛が増えたり、髪が細くなったためです。育毛剤には、髪を強く育てる働きがありますから、髪を太く育てたいのなら最適なアイテムと言えます。

髪が細くなって頭皮が透けているのなら、髪を太くしなくてはいけません。生活習慣の見直しやシャンプーの変更でも、髪を太くすることにはつながりますが時間はかかってしまいます。

少しでも早く髪を太くしたいのなら、育毛剤を使ってケアをしていきましょう。

AGAならば治療を開始

思春期以降の男性であれば、AGAを発症する可能性はあり、発症頻度は年齢が上がるにつれ高くなっていきます。

AGAは進行性の脱毛症ですから治療を開始しないと、徐々に髪が細くなりハゲは進んでいきます。

育毛剤などのセルフケアでは、進行のスピードを遅くできても症状の改善までは難しいです。

ハゲを改善したいのであれば、薬による治療を開始してください。

AGA発症の有無を知ることが大事

AGAの治療を行う前に、自分が本当にAGAを発症しているのかを正確に判断しないといけません。

間違った自己判断で放置しているとハゲは進行しますし、過剰なセルフケアを行うと髪に悪影響がでる場合もあります。

自分の薄毛症状にあった適切な対策を行うためにも、自分がAGAであるかどうかを正確に判断していきましょう。

髪の状態や抜け毛の状態が細くて短いなどの薄毛の傾向を感じているのであれば、薄毛専門の医師からAGAの診断を受けてみましょう。

AGAの発症には明確な基準がないため、自己判断が難しいため、薄毛専門の医師の診断を受けるのが正確です。

今ではオンラインから無料カウンセリングが受けられるクリニックもありますので、気楽に自分の髪の状態を医師に相談してみてください。

\頭皮が透けて見えている人へ/

※昔は見えていなかった頭皮が透けてきた人はチェックしてください

 

頭皮が見えるのが普通なのかの見極めが大事

頭皮が見える多くの場合は普通のことであり、薄毛の心配はしなくてもいい人がほとんどです。

ですが、以前は見えなかったのに最近頭皮が見えるようになった人や、抜け毛の状態が細くて短い人は、AGAを発症したため頭皮が見える状態になっていると考えられます。

今すでに頭皮が見えている状態ですから、ある程度は薄毛の症状が進行している状態であるとも言えます。

今以上に薄毛を進行させないためにも適切な薄毛対策を開始しましょう。そのためにも、まずは自分がAGAを発症しているのかを判断していきましょう。

薄毛専門の医師からAGAの診断を受け、AGAでなければ育毛剤などのセルフケアを開始し、AGAであれば治療を開始してください。

今の状態を放置していると症状が進み、頭皮が見える状態からすっかりハゲになってしまうこともあります。何もしないで後から後悔することだけは避けましょう。

タイトルとURLをコピーしました