髪を濡らすと頭皮が見えるのはハゲの証拠?!放置せずに原因と対策を知っておこう

髪を濡らすと頭皮が見えるのは誰でもあり得ることであり、多くの人の場合は気にすることはありません。

ですが、以前は髪が濡れても頭皮が目立たかなかった人や、最近になって頭皮が目立つようになった人は、ハゲになっている可能性もあります。

もしハゲであった場合ならば、早期に薄毛対策を開始しないと、薄毛はどんどんと進行していき、いざ対策をしようと重い腰を上げたときは手遅れになっていた・・・なんてことも考えられます。

まずは自分がハゲなのか、つまりAGAを発症しているのかどうかを知らないといけません。AGAであるかを知っておくメリットとしては

  • 自分にあった薄毛対策を適切に選べる
  • AGAであれば早期に治療を開始するほど効果が発揮される
  • オンラインからでも診察が可能

などのメリットがあります。ですから、

  • お風呂のたびに頭皮が見えて心配になる
  • このままハゲていくのではないかと不安になる
  • ハゲだったら今のうちからケアを開始したい

と悩んでいるのなら、まずは自分がAGAを発症しているのかどうかを知っておきましょう。今ではオンラインから無料でカウンセリングができるクリニックもありますので、医師から判断してもらってください。

「濡れたときだけハゲに見えるから大丈夫」と放置していると、後々後悔することにつながります。

\髪が濡れたときにハゲに見える人へ/

※早期に薄毛対策を開始したい人だけ確認してください

 

髪を濡らすと頭皮が見えるのは「はげ」のサイン

髪が濡れて頭皮が見えるとはげのサインである場合と、気にしなくても良い場合があります。頭皮が見えるだけで「はげ」だとは断定できず、他の状況から判断していかなくてはいけません。

髪を短くカットした直後なら問題なし

髪を短くカットした直後は、髪と髪の間に隙間ができやすくなるため、濡れた状態だと余計頭皮が見えるようになります。髪が伸びてくると頭皮も目立たなくなってきます。

髪が伸びた状態でも、頭皮が目立ったままであれば他の原因を考えていきましょう。

昔から地肌が見えていたのなら問題なし

髪が濡れて頭皮が見えるのは、水に濡れると髪が束になり、髪の毛の束と束の間に隙間ができて頭皮が見えやすくなるためです。

ですので、髪が濡れて頭皮が見えるのは当然のことです。特に髪が細い人ほど、濡れると頭皮が目立ちやすい傾向があります。

生まれつき髪の細い人であれば、はげではなくても頭皮が目立ちますので、昔から髪が濡れると頭皮が見えていた人ならば心配する必要はありません。

ただし「昔から頭皮が見えていたらから安心」と思っていては、はげになったときに気が付かずに薄毛が進行する場合もあります。

昔よりも頭皮の見え方が大きくなってきたのなら、もともと頭皮が見えていた人も注意が必要です。

急に頭皮が見えるようになったのなら要注意

以前は気にならなかったのに、最近になって髪を濡らすと頭皮が目立つようになっているのなら薄毛になっているサインである可能性があります。

はげの症状により髪が以前よりも細くなり、濡れたときにできる髪の束が小さくなって頭皮が見えるようになっていると考えられます。

自分でも気が付かない間に薄毛が進行しているとも考えられますので、早めの段階で薄毛対策を行わないと、ますます薄毛が進行してしまいます。

女性で髪が濡れると頭皮が見える場合

女性の場合で、髪が濡れると頭皮が見えるときは「びまん性脱毛症」の可能性もあります。

びまん性脱毛症は、女性の中でも発症しやすい脱毛症です。ホルモンバランスの乱れや、加齢などが原因とされています。

対策方法は男性の場合と同じで、セルフケアやクリニックでの治療があります。

髪が濡れるとはげになる原因

  • 加齢
  • AGAの発症

昔は髪が濡れても頭皮が目立っていなかったのに、今になって頭皮が目立つようになる原因は複数あります。

加齢で髪が細くなる

年齢を重ねるごとに髪は細くなる傾向があるため、歳をとると髪が濡れて地肌が見えやすくなります。男性であれば20歳くらいから、女性であれば30歳中頃から年々髪は細くなっていきます。

男性の方が年齢的に早く髪は細くなりますから、早期に薄毛対策を開始しないと髪は年々細くなっていきます。

AGAの発症をしている可能性

AGAを発症すると、髪の成長サイクルに乱れが生じ、髪が太く成長できずに細くなっていきます。細くなった髪は、軽度の刺激でも抜け落ちやすくなり抜け毛が増え、ハゲが進行していきます。

AGAは進行性の脱毛症ですので、治療を開始しないとハゲは進行していきます。まずは、自分がAGAであるかどうかの判断をすることが大事です。

薄毛対策を早期に行うと未来も変わる

髪が濡れて頭皮が目立ってきた段階であれば、まだ薄毛の初期と言えますので、初期段階から薄毛対策を開始しましょう。初期の段階で対策を行うほど、効果も発揮されやすく将来のハゲ方に差がでてきます。

シャンプーを変更して髪が育つ土台作りをする

今使っているシャンプーが一般的なタイプであれば、頭皮に優しく洗浄できるアミノ酸系や、育毛系シャンプーに変更していきましょう。

髪を育てるには、土台である頭皮環境を改善しないといけません。強すぎる洗浄力のシャンプーでは、必要な皮脂まで洗い流してしまい頭皮は乾燥します。

頭皮が乾燥し続けると、皮脂が過剰に分泌されることにも繋がり、逆に髪がベタベタする原因にもなります。洗浄力が弱すぎると、毛穴に汚れが溜まり髪に栄養がうまく運べなくなります。

どちらの場合も薄毛の原因となりますので、汚れを落としつつも頭皮を乾燥させないシャンプーを選んでいきましょう。

ハゲ対策なら育毛シャンプーを使おう

育毛シャンプーとは言ってもシャンプーで髪が生えてくることはありません。育毛シャンプーの役割は、髪を育てる・抜け毛を予防するために頭皮環境を改善することになります。

育毛シャンプーならば、頭皮への刺激を最小限にしつつも汚れをしっかりと落としてくれ、さらに育毛成分や保湿成分の使用により頭皮環境を整えてくれます。

シャンプーで頭皮環境を整えるだけでも、髪を育て抜け毛の予防にはつながりますが、さらに効果を出したいのなら加えて育毛剤の使用がおすすめです。

シャンプーのおかげで髪が育ちやすい頭皮になった後に、育毛剤を使用するとお互い薄毛対策としての相乗効果が生まれるためです。

育毛剤で髪を育てて抜け毛を予防する

育毛剤には、髪を育てることで抜け毛を予防し、生えてくる髪も丈夫にする働きがあります。すでにハゲてしまったところからは髪を生やすことはできませんが、育てる髪が残っているのなら育毛剤で髪を守ることも大事です。

今以上に薄毛にならないためには、髪を守り育てていかないといけません。

使う育毛剤のタイプを選ぼう

育毛剤はどれも同じと思われがちですが、

  • 頭皮環境を整えるタイプ
  • 血行促進タイプ
  • 育毛タイプ
  • 発毛促進タイプ

など、何の効果に特化しているのかは、使用されている成分によって違っています。

例えば、育毛剤チャップアップでは、有効育毛成分が5種配合され、さらに独自成分であるジンゲルシックスを使用していることを見ても、育毛や発毛促進に特化している育毛剤であることがわかります。

自分が育毛剤で何の効果を得たいのかを考えて、自分にあう育毛剤を選んでいきましょう。

 

AGAならば治療しないとハゲは進行していく

髪が濡れてハゲに見える原因がAGAであった場合は、シャンプーの変更などのセルフケアではハゲは完治しません。

シャンプーや育毛剤で、進行のスピードを遅くすることはできてもAGAを治すことはできません。ですので、本気でハゲたくないのであればクリニックで治療を開始しないといけません。

大事なことは自分がAGAであるかどうかを知らないと、適切な薄毛対策はできません。自分の勝手な判断で「まだAGAではない」と思い込んでいると、どんどんとハゲが進行し、気がついたときはすっかりハゲてしまったということも考えられます。

AGA発症の明確な基準はないため自己判断は難しく、確実に判断するには専門の医師に診断してもらうのが正確であり確実です。

医師から判断してもらった結果、AGAでなければセルフケアで薄毛対策を行い、AGAであれば治療を開始しましょう。

今では、オンラインで無料カウンセリングができるAGA専門のクリニックもありますので、まずは自分の髪の状態がAGAであるかを医師に相談することから始めてください。

\自分がAGAであるかどうか知ることが大事/

※ハゲにはなりたくない人が確認してください

 

髪を濡らすとはげに見えた時から薄毛対策を開始

お風呂上がりに頭皮が目立ち「はげ」に見えるのは、髪の量が減っただけでなく髪が細くなっているからと考えられます。

以前は頭皮が目立っておらず、最近になり頭皮が透けハゲに見えるようになったのなら、薄毛の傾向があると言えます。

薄毛の傾向を感じたのなら早期にはげ対策を行わないと、どんどんと薄毛は進行していき、気がついたときは髪が濡れていない状態でも頭皮が目立ってしまうこともあり得ます。

薄毛の原因がAGAでなければ、セルフケアでの薄毛対策を行っていきましょう。生活面の見直しを行いつつ、シャンプーの変更や育毛剤を使用し、今ある髪を守り育て、抜け毛を予防していきます。

AGAであれば、セルフケアでは進行は止められないためクリニックでの治療も検討しましょう。

まずは自分がAGAであるかどうかを判断しないと、適切な薄毛対策もできません。無料カウンセリングを行っているAGAクリニックもありますので、まずは気楽に医師に相談することから始めていきましょう。

髪が濡れると頭皮が目立つサインに気がついたときが薄毛対策のスタートです。

タイトルとURLをコピーしました