髪の毛が減った気がするならチェック✅あてはまったら即対策を!

【PR】【CLINIC FORの情報提供元:CLINIC FOR】

  • 髪が減り、すでにハゲかけている
  • 頭皮が透けてハゲに見える
  • 特に生え際やつむじで髪が減ったと感じている

という方であれば、すでにAGA(男性型脱毛症)を発症している可能性がありますので、早期のうちに薄毛専門のクリニックでAGA発症の有無を判断していきましょう。

特に、生え際やつむじ周辺で薄毛の症状が見られれば、AGAの特徴と当てはまります。

早期のうちにAGAの確認をしておくメリットとしては、

  • 早期に対策を開始するほど効果も発揮されやすい
  • 医学的根拠のある治療を受けられる
  • 自分の症状に合わせたAGA治療ができる

などがあります。

AGAは進行性の脱毛症のため、セルフケアなどの対策ではハゲの症状は改善できず、最悪の場合は治療の効果も見込めなくなるほどハゲてしまいます。

ですので、あなたが

  • 髪が減ってきてハゲそうで不安
  • 周りからハゲとは思われたくない
  • ハゲたくない

と悩んでいるのであれば、ハゲを進行させないためにも早々に薄毛対策に動きだしていきましょう。

減った気がすると感じている時点で、すでにハゲが進行している可能性が高いです。

まずは薄毛専門のクリニックの医師に、自分の髪の状態を相談することから始めていきましょう。

AGAが原因ならばセルフケアでは改善はできません

※ハゲの傾向がない人は確認する必要はありません

 

髪の毛が減った気がするときのチェックポイント

抜け毛の状態が細く短くないか

排水溝に溜まる抜け毛や、ドライヤー時に抜ける髪の毛が、細くて短い毛が多く抜けているのなら薄毛になっている可能性が高いです。

髪が細いのは太く成長できていないため、また短い毛が抜けているのも長く成長できていないためと考えられます。

つまり、本来ならばまだ成長するはずだった毛が寿命を迎える前に抜けてしまっており、薄毛の傾向があるといえます。

抜け毛の量は増えていないか

排水溝にたまる髪の毛、ドライヤー時、枕につく抜け毛の量が増えていないのかを確認しましょう。

髪の毛は1日に100本抜けるとされていますが、100本以下なら安心というわけではありまえん。

髪の毛が抜けても大丈夫な本数は、自分の髪の総本数から考えるべきなので、以前の抜け毛の量と比べて抜ける本数が増えていないのかを基準にしてください。

あきらかに抜け毛の量が増えているのなら薄毛になっていると言えます。

髪がベタついていないか

夕方になると髪がベタつく、シャワーしたのにすぐに髪がベタベタしていないかを確認してください。

髪がベタベタするのは、頭皮の皮脂量が多くなっている証拠です。

皮脂が増えると毛穴詰まりの原因となり、髪に十分な栄養を運べなくるため薄毛の原因ともなります。

また、皮脂が増えるのは、頭皮が乾燥しているため乾燥から守ろうと、必要以上に皮脂を分泌するためです。

頭皮の乾燥も薄毛の原因となりますので、まずは頭皮の乾燥ケアを行わないといけません。

生え際が後退していないか

生え際が以前よりも後退していないのかをチェックしてみましょう。

以前に比べておでこが広くなった・前髪がスカスカになってきているのであれば、ハゲを発症している可能性があります。

AGA(男性型脱毛症)であれば、生え際に症状がでやすい傾向があります。

つむじ周辺の髪の状態

つむじ周辺の髪が減った気がする、つむじの渦の巻き方が弱くなったなどの変化があれば、薄毛の傾向があると言えます。

生え際と同様、頭頂部にも症状がでやすい特徴がAGAにはあるためです。

髪が減る原因は一つではない

食生活の乱れ

脂っこい食事が多い・外食が多いと皮脂が過剰に分泌されやすく、毛穴詰まりの原因となります。

睡眠不足

髪の成長ホルモンは就寝中に分泌されますので、睡眠不足が続くと髪の成長に悪影響がでます。

ストレスがあることでも薄毛の原因になりますが、ストレスが起因の睡眠不足に陥ると、ますます睡眠不足となり、薄毛の進行を加速させてしまいます。

ダイエット期間中

過激な食事制限のあるダイエットをしていると、髪も栄養不足に陥り、毛は太く成長できずに細くなってしまいます。

細い毛は外部かの刺激に弱くなるため、簡単に抜けてしまい薄毛が進んでしまいます。

ダイエットを中止すると、髪の太さも元に戻ることがほとんどですが、中には髪が細いままになることもあります。

ダイエット期間中も栄養バランスの取れた食事を心がけていってください。

加齢によるもの

歳を重ねるごとに髪は細くなっていくため、年齢が上がるたびにハゲる確立も上がっていきます。

男性であれば20代をピークに徐々に髪が細くなり、女性であれば30代後半から髪が細くなります。

男性の方が髪が細くなる年齢が早いため、薄毛対策も若いうちから開始しなければいけません。

AGA(男性型脱毛症)の発症

AGA(男性型脱毛症)を発症すると、髪は細くなり抜け毛が増え、髪が減っていきハゲが進行します。

AGAは思春期以降の男性であれば、誰でも発症する可能性のある脱毛症です。

AGAであった場合は、セルフケアでの改善は難しく、症状の改善のためにはクリックなどで治療を行なわないといけません。

なおAGAの対策については後述する【AGAならば治療の一択しかない】をご参考になさってください。

髪を減らさないための対策

生活習慣の改善

生活習慣を見直し改善させることでも薄毛対策なります。食生活や睡眠時間、喫煙、ストレスなどを見直して改善していきましょう。

育毛剤などで薄毛対策をしたとしても、生活面の改善ができていないと原因部分が残ったままとなるため、薄毛も改善されません。

全ての生活面を改善させることは難しいですが、できる点からでも始めていきましょう。

セルフケアで髪をキープする

髪を育てるには、頭皮環境を改善しないといけません。生活面の改善ができても、髪が育つ土台がないと髪は十分に育たたないからです。

頭皮マッサージをして頭皮の血行を改善する、シャンプーを変更して髪が育ちやすい環境作りをする、育毛剤を使用してハゲ予防を行うなどのセルフケアを行い、今ある髪の量をキープしていきましょう。

AGAならば治療の一択しかない

  • 髪が減り、すでにハゲかけている
  • 頭皮が透けてハゲに見える
  • 特に生え際やつむじで髪が減った

という方であれば、すでにAGA(男性型脱毛症)を発症している可能性がありますので、早期のうちにAGA対策を行っていきましょう。

AGAは進行性の脱毛症のため、セルフケアなどの対策ではハゲの症状は改善できず、最悪の場合は治療の効果も見込めなくなるほどハゲてしまうためです。

早期のうちにAGAの対策を行うメリットとして、

  • 早期に対策を開始するほど効果も発揮されやすい
  • 医学的根拠のある治療を受けられる
  • 髪を増やし抜けない髪にする治療ができる

などがあります。

ですので、あなたが

  • 髪が減ってきてハゲそうで不安
  • すでにハゲかけてきている
  • でも、ハゲたくない

と悩んでいるのであれば、ハゲを進行させないためにも早々に薄毛対策に動きだしていきましょう。

まずは薄毛専門のクリニックの医師に、自分の髪の状態を相談することから始めていきましょう。

\髪が減ったと感じ、実際にハゲかけている人へ/

※AGAが原因ならばセルフケアでは改善はできません

 

髪の毛が減った気がするのなら薄毛対策を開始の合図

髪の毛が減った気がするのなら、まずは自分の抜け毛の状態が細くて短くないかを確認してください。

細くて短い毛が抜けており、かつ抜け毛の割合の中でも細く短い毛が多く抜けているのなら要注意です。

まだAGAを発症していないのであれば、育毛剤などのセルフケアで髪の量をキープしていきましょう。

すでにAGAを発症しているのであれば、薄毛専門のクリニックで治療を開始しないとハゲの症状は進行していきます。

そもそも自分で感じるくらいの変化があるからこそ「髪の毛が減った気がする」との感覚があるのでしょう。そう感じる時点で薄毛になっている可能性は高いです。

感覚としても、抜け毛の状態からも薄毛の兆候があるのに、何の対策もせずに放置していても髪は増えたりはしません。

むしろ、どんどんと髪の毛は抜けていき、気がついたときは疑いようのないハゲになっていることもありえます。

薄毛の兆候があるのなら、早々に対策を開始しましょう。