おでこが広い。指4本も入るのはさすがにハゲの証拠?!

おでこが広くてハゲかどうか悩んでいる方は、指が4本入るか?を目安にしてください。

眉毛の上から生え際まで、指4本以上入れば平均より広いおでこと言えます。ですが、生まれつきおでこの広い人もいるため、指が4本入ることとハゲかどうか?は別の話。

より正確に見極めるのなら指の数ではなく「生え際の毛の状態」を確認しましょう。

生え際の毛の状態が細くて短いのあれば、おでこの広さに関係なく薄毛の傾向に当てはまりますので、AGAを発症している可能性もあります。AGAであるのならば、早期の薄毛対策がおすすめ。

なぜなら、毛周期は生涯で決められた回数しか出現せず、生涯で決められた毛周期が完全に終わってしまうと、現在の医療ではどんな治療をしても発毛をもたらすことはできないからです。

そのため、薄毛対策は後からすればするほど改善や対応が難しくなります。

早期対策の具体的なメリットとしては、

  • 薄毛症状は年齢が若いほど早期回復が期待できる
  • 症状が進むほどに回復が困難になる
  • 症状が早い段階の方がケアにかかる費用負担が軽い

などが挙げられます。

また、対応が遅れれば遅れるほどに周囲から「薄毛の○○さん」という印象がつくので、後になってそのイメージを挽回することは難しく、且ついきなり薄毛→ふさふさになると「かつら?何かやったな」「やっぱりハゲてたんだな」と思われてしまうからです。

そのため、

  • おでこをこれ以上広くしたくない
  • 症状が軽い内にすぐにでもハゲ対策をしたい
  • 周囲から変な目で見られたくない

という方は、薄毛と気にし始めた段階からの早期改善に努めてください。まずは自分がAGAであるのかどうかの確認から始めていきましょう。

\すぐにでも薄毛対策に取り組みたい方へ/

※おでこを狭くしたい人は確認してください

 

おでこに指4本はハゲ?何本かで判断はできない理由

日本人のおでこの広さの平均は約6センチとされています。ですので、

  • 眉毛の上から生え際まで6センチ以上
  • 指4本以上がおでこに入る

上記にあてはまるのであれば、薄毛の傾向があると言えます。

6センチ=指4本とされているのは、小指から人差し指までの指の長さの平均が約6センチのためです。

ですが、指の大きさには個人差があり、また生まれつきおでこが広い人もいるため「指4本入るからハゲ確定」とは言い切れないのが現実です。

ハゲであるかどうかを見極めるには、おでこの広さだけではなく他の要素から判断する必要があります。

おでこに指何本入る?広さの測り方

眉毛の山が高い部分に指を閉じた状態で小指から手のひらをおでこにあてます。指が4本以上入れば、平均よりも広いと判断できます。

より正確に測る場合は、メジャーを使いましょう。眉山の一番高いところから、おでこの生え際までの距離を測ります。6センチ以上あれば、日本人の平均よりも広いです。

おでこの広さがハゲなのかの3つ基準

  1. 生まれつきのおでこの広さ
  2. 生え際の髪の毛の太さと長さ
  3. 以前との髪質の変化

1.生まれつきのおでこの広さ

生まれつきおでこが広い人や、子どものころからおでこが広い人であれば、指4本以上の広さがあったとしても、そこまで気にする必要はありません。

もともと狭いから安心なわけでもない

おでこが元から狭いからといってハゲではないと安心してもいけません。大事な点は、元々のおでこの広さから広くなっているのかどうかで判断すべきだからです。

生まれつきおでこが広い人も狭い人も、今よりもおでこが広くなっていないかを定期的に確認し、以前よりもおでこが広くなっているのであれば、早々に対策を検討しましょう。

2.生え際の毛の太さと長さ

おでこの生え際の髪の毛が、太くて長いのならば健康的な髪が生えている証拠ですが、髪が細くて短い毛ならば薄毛の傾向があります。

細くて短い毛が薄毛つながる理由

生え際の毛が細いのは、髪が栄養不足となり太く育つことができずにいるためです。

細い髪の毛は刺激に弱くなり抜けやすくなるため、生え際の毛も簡単に抜け落ちます。短いまま長く成長できないため、常に短い毛しかない状態になっていると考えられます。

いつまでも生え際の髪が細い毛のまま長く伸びないのであれば、髪を育てていかないとおでこはますます広くなっていきます。

3.以前との髪質の変化

  • 髪のボリュームが減った
  • ヘアセットに時間がかかるようになった
  • 髪型が崩れやすくなった

以前よりも上記のような変化を感じているのなら、髪質が細く柔らかくなっていると考えられます。

髪質が細く柔らかくなるとコシもなくなるため、髪はふんわりと立ちにくくなりボリューム感も失われます。セットしたのに、すぐに髪がぺたんこになるなどの変化を感じているのなら、髪を太くする対策を行っていきましょう。

おでこ周辺の髪に薄毛の兆候があれば薄毛予防を開始

おでこや生え際周辺の髪に薄毛の兆候があれば、早々に対策を検討しないと、どんどんおでこは広くなっていきます。気がついたら、どこからどこまでがおでこなのかわからない状態になっていた、なんてことにもなりかねません。

有効な薄毛対策が少なくなる前に育毛剤でケア

薄毛が進行しすぎると、もはや育毛シャンプーや育毛剤などでは対処は不可能です。植毛やカツラ以外に選択肢はなくなり、お金も時間もかかってしまいます。

まだおでこが広くなったと感じている今の段階で、できる薄毛対策を行いつつ育毛剤でのケアを取り入れていきましょう。

選ぶべき育毛剤の種類

育毛剤には、

  • フケやかゆみを抑えるタイプ
  • 髪の毛を育てるタイプ
  • 抜け毛を予防するタイプ

など、使用されている成分の種類や数などでタイプに違いがあります。

おでこはげの対策として使用するのなら、育毛や抜け毛に特化した育毛剤を選んで使っていきましょう。

例えば育毛剤チャップアップでは、育毛、発毛促進、頭皮環境の改善を促す働きがある下記の育毛有効成分が5種類も使用されています。

  • センブリエキス
  • D-パントテニルアルコール
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • トコフェロール酢酸エステル
  • 塩酸ジフェンヒドラミン

また、チャップアップだけの独自成分であるジンゲルシックスも配合されていることからも、育毛と抜け毛予防に特化している育毛剤であると言えます。

なぜならジンゲルシックスは、一般に流通している黄色ショウガエキスと比べても、育毛成分「6-ジンゲロール」が多く含まれているためです。

そのため、チャップアップは育毛と抜け毛予防に特化していると判断できますので、

  • おでこ周辺の髪を育て生え際の後退を防ぐ
  • 髪全体の抜け毛も予防できる

上記の対策が可能です。おでこを今以上に広くしたくない人はチャップアップの利用を検討してみてください。

\おでこの広さが気になりハゲの心配をしている人へ/

※おでこを今以上広くしたくない人だけが確認してください

 

おでこはげになる原因は複数ある

  • 生活習慣
  • ストレス
  • AGAの発症

生活習慣もハゲに影響を与えている

脂質の多い食事は皮脂を過剰に分泌させる

脂質の多い食事(揚げ物、ファーストフードなど)を取っていると、皮脂が多く分泌され、頭皮の毛穴詰まりの原因になります。

毛穴が皮脂で詰まったり、汚れた状態のままでいると、頭皮から髪に十分な栄養を運べなくなり、髪が細く抜けやすくなっていきます。

脂質の多い食事を避け、野菜類やレバー、大豆製品などから、ビタミン類、亜鉛、タンパク質などの栄養素をバランス良く摂取していきましょう。

睡眠不足だと髪は太く長く育たない

睡眠不足に陥ると、成長ホルモンの分泌や毛母細胞の分裂に悪影響を及ぼします。睡眠不足は髪が太く成長できない上、長さも伸びにくくなり、髪が細く短いまま抜けてしまう原因となります。

成長ホルモンは、就寝から約6時間は分泌されますので、6時間は睡眠時間を取るようにしましょう。

ストレスに晒されると頭皮が血行不良に陥る

ストレスを感じると自律神経が乱れ、頭皮の血行も悪くなり薄毛の原因となります。ストレスから不眠に陥ると、さらに薄毛や抜け毛の原因を増やしてしまいます。

ストレスを完全になくすのは難しいですが、ストレスとうまく付き合う方法を見つけていくことが大事です。ハゲが気になること自体がストレスに感じているのなら、薄毛対策をしていきましょう。

AGAを発症していたらおでこハゲは進行する

AGA(男性型脱毛症)を発症すると、髪が細くなったり、抜け毛が増えてハゲが進行していきます。

おでこの生え際が、少しづつ後退しているのならば、AGAを発症している可能性もあります。AGAは進行性の脱毛症なので治療せずに完治することはありません。

AGAを発症しているのならば、AGAクリニックでの治療を開始しましょう。

おでこの広さを感じたときの対策方法

  • 生活習慣の見直し
  • 育毛剤でのケア
  • AGAクリニックでの治療

まずは生活習慣の見直しから始めよう

食事面の見直しや、睡眠時間の確保、シャンプーの変更(ノンシリコン系、アミノ酸系、育毛系など)から薄毛対策を行い、頭皮を髪が生えやすく育ちやすい環境に改善していきましょう。

今以上におでこを広くしたくないのなら育毛剤で対策

育毛剤には、頭皮環境を改善し髪を育て、抜け毛を予防する働きがありますので、おでこを今以上に広くならない対策としては有効なアイテムです。

すでにハゲてしまった部分から発毛はできませんが、生え際の毛を太く長く育てることで抜け毛予防につながり、ボリューム感も増していきます。

育毛剤での対策については【選ぶべき育毛剤の種類】をご参考になさってくださってください。

おでこを狭くしたいのならAGAクリニック

おでこが広くなる原因がAGAであるのなら、AGAクリニックで薄毛治療を開始しましょう。医師の診断のもと、自分の状態にあった治療を開始できます。

育毛剤などのセルフケアでは、すでに広くなったおでこを発毛により狭くすることはできませんが、AGAクリニックでは発毛効果のある治療が可能です。

おでこを狭くしたいのなら植毛をする方法もある

効果の高い方法としては、病院で植毛の施術があげられます。自毛植毛の場合、後頭部などから毛根を採取しおでこに移植していきます。毛根が定着すると、移植部分から毛が生えてくるようになり、広くなったおでこを狭くすることが可能です。

ただし下記のデメリットもあります。

  • 保険適用外なので治療費は高額になる
  • 毛が生えるまで時間もかかる

施術後、傷口が目立たなくなるまで約2~4週間、移植した毛根がおでこに定着し髪が生えてくるまで約1年程度かかること、更に保険適用外となるので約50万円以上の金銭的負担がかかってしまいます。

ですが、確実におでこを狭くしたいのなら植毛を検討されるものいいでしょう。

植毛は最終手段、先にできる方法から対策していく

植毛は最終手段の方法と考え、まずはAGAクリニックで発毛効果のある治療を先に行うこともできます。どちらの方法にせよ、まずは自分がAGAであるかどうかの判断が重要です。

AGAであるかの判断は自己確認だけでは難しいため、専門の医師に診断してもらうことが確実です。今はオンラインで無料カウンセリングを行っているAGAクリニックもありますので、まずは気軽に相談することから始めてみてください。

\AGAであるかの自己判断は難しいです/

※これ以上おでこを広くしたくない人だけチェックしてください

 

おでこが広いと感じつつも放置するのは危険

おでこの広さが指4本以内だからといって「自分はハゲではない」と安心するのは危険です。

自分がハゲであるのかは、

  • 元々のおでこの広さ
  • 以前との髪質の変化
  • 生え際の髪の毛の細さ・長さ

などから総合的に判断しないといけません。

あなたのおでこの生え際の髪が細く短い状態に加え、「おでこが広くなったきた」との感覚があるのなら、指4本の広さに関わらず薄毛になっている可能性が高いです。

今の状態のまま何も対策をしないでいると、どんどんおでこは広くなっていきますので、今の時点から薄毛対策を行う必要があります。

まずは生活習慣の見直しをし、まだハゲてはいないのならば、シャンプーの変更を行い毛を育ちやすくなる頭皮環境に整えて、加えて育毛剤を使用して毛を育てていきましょう。

すでに、おでこはハゲている状態であれば、AGAクリニックでの発毛効果がある治療を開始しましょう。

放置していてもおでこは狭くなったりしない

おでこの広さが気になりつつも何も対策をしないで放置していてもハゲの進行は止まらず、むしろ生え際はどんどんと後退していくだけです。特にAGAを発症しているのならば、治療を行わないとおでこの広さは改善されません。

AGAでないのなら、育毛剤などでセルフケアで対策をし、AGAであるのならクリニックでの治療を検討してください。

どちらの場合でも、まずは自分がAGAであるかどうかの判断をしなくてはいけません。AGAであるかの明確な基準はないため、自己判断は難しいのも現状です。

自分がAGAであるかどうかは、薄毛専門の医師から判断してもらうのが正確です。今ではオンラインで無料カウンセリングを行っているクリニックもありますので、気軽に相談から始めてみてください。

自分のおでこの広さから「ハゲたくない」と悩んでいるのなら、早期に薄毛対策を始めていきましょう。

\放置していてもおでこは狭くなったりしません/

※これ以上おでこを広くしたくない人だけチェックしてください

 

タイトルとURLをコピーしました