おでこを狭くする方法。すでに広くなってる場合と今以上に広くしない対策を

おでこを狭くする方法を解説しています。

おでこを狭くする方法は2パターン

おでこを狭くする方法は、髪型などで一時的に狭くする方法と、おでこから毛を生やす方法の2つに別れます。

一時的な方法ではいずれ限界がくる

ヘアスタイルや、生え際メイクなどで一時的におでこを狭くする方法があります。

ですが、一時的な方法では、実際におでこが狭くなったわけではないので根本的な解決には繋がりません。

AGA(男性型脱毛症)の発症などが原因でおでこが広くなっているのであれば、今後ますますおでこが広くなる可能性が高いです。

おでこの広さが進行しているのであれば、いずれは髪型などでは誤魔化せなくなると思っておきましょう。

根本的におでこを狭くする方法

おでこを確実に狭くしたいのであれば、薄毛専門のクリニックで治療を開始しましょう。

毛根細胞が死滅していなければ、毛が抜けてしまっても再び生えてきます。しかし、AGAなどが原因でヘアサイクルの期間が乱れるため、なかなか生えない・すぐに抜けるなどの症状がでてしまいます。

クリニックではAGAに効果的な治療を受けられますので、おでこからも毛が生える可能性があります。また、毛根細胞が死滅していた場合でも、植毛の手段を使えば、高確率でおでこは狭くなります。

確実におでこを狭くしたいのであれば、クリニックでの治療を行うしかありません。

詳細は後述する【おでこから毛を生やす方法】もご参考になさってください。

おでこを狭くしたい人別の対策方法

高校生の場合

高校生で可能な対策は、セルフケアしかありません。効果の高いクリニックで使用される薬は、高校生には年齢の問題から処方できません。

クリニックでの診察が受けられますが、効果の高い治療が行えないのが基本です。

よって高校生であれば、育毛剤の使用で髪を育てるか、髪型などで誤魔化す対策が主となります。

生活面の見直しを行い今以上におでこを広くしない対策を高校生のうちからしておくことで、大人になったときにハゲないための予防ができます。

中学生の場合

中学生でおでこを狭くしたいのなら、髪型で誤魔化す程度しかできることはありません。

というのも中学生の年齢ですと、まだまだ髪の性質が変化する時期であり大人の髪になりきれていない状況であると考えられます。

今の時期から育毛剤などを使用することはリスクもあるため控えた方がいいでしょう。

できることは、髪を育てていくこと・髪を細くするような習慣をしないことです。食生活・睡眠・ストレスなどを見直すことが大事です。

男性の場合

成人男性でおでこを狭くしたいのであれば、確実な方法はクリニックでの治療になります。

思春期以降であれば誰でもAGAを発症する可能性はあります。おでこが広くなった原因がAGAであれば、治療を開始しなければおでこはどんどん広くなっていきます。

また、AGAでなくても毛を生やす効果のある治療を行えますので、確実性を求めるのであれば薄毛専門のクリニックでの治療を行ってください。

女性の場合

おでこを確実に狭くしたいのであれば、クリニックでの治療を開始しましょう。

おでこを狭くする方法として植毛がありますが、女性向きとは言えません。植毛は後頭部の皮膚を移植することが多いのですが、後頭部の毛は前髪の毛よりも太い毛であることが多いです。

女性の場合は、前髪は元々髪が細い人が多いため、植毛だと不自然に太い毛が生えることになります。

女性は女性の特有の髪質や原因がありますので、女性専門の薄毛クリニックで相談するのが安心ですし、効果の高い治療も受けられます。

植毛以外にも行える治療はありますから、女性の薄毛専門の医師に髪の状態を相談することから始めていきましょう。

一時的におでこを狭くする方法

髪型などでごまかす

前髪でおでこを隠すなどヘアスタイルで、おでこの広さを隠す方法があります。どんな髪型が良いかは美容師さんに相談するのがおすすめです。

髪型のプロから自分の髪質でも可能な方法で、おでこを隠せるヘアスタイルを提案してもらいましょう。

生え際メイクで狭くする

生え際に塗るだけで、自然におでこを狭く見せることができます。簡単に生え際の位置を変えることができ、薄くなったM字部分にも使えます。

おでこから毛を生やす方法

育毛剤を使って発毛促進

育毛剤は発毛促進の効果がありますので、ヘアサイクルの乱れなどが原因で生えづらくなっている毛の成長を促してくれます。

ただし、あくまでも発毛促進の効果であり発毛ができるわけではありません。発毛効果を求めるのであれば、育毛剤ではなく発毛剤を使用しましょう。

育毛剤は、頭皮環境を整えることでハゲ予防が主な効果となりますので薄毛の初期段階の人向けの対策と言えます。

クリニックでの治療

薄毛専門のクリニックでは、内服薬での治療が開始できますので効果も高くなります。

市販されている発毛剤もありますが外用薬となりますので、病院で処方される内服薬と比べると効果は低いです。

確実におでこを狭くしたいのであれば、クリニックでの治療を検討してください。専門の医師から自分のおでこの状態を診察してもらい、自分の症状にあった治療を行えます。

植毛は最終手段

植毛は確実におでこを狭くできる方法と言っても過言ではないでしょう。後頭部の髪をおでこに移植し、定着すればおでこから毛が生えてきます。

治療費が高額になること、傷跡が目立たなくなるまで時間がかかること、毛が生えてくるまで約1年はかかることなどのデメリットはありますが、効果は高いです。

植毛は最終手段として残しておき、まずは他の治療を行ってみるのもいいでしょう。自分が植毛があっているのかは、専門の医師に相談してみてください。

おでこを狭くする方法は一時的なものか確実性かの2つ

おでこを狭くする方法の1つは、髪型や映え際メイクで一時的に隠す・ごまかす方法があります。

どんな対策を行ったとしても、すぐにおでこは狭くなりませんので、一時的に広いおでこを隠すのは有効な手段です。

すでに広くなったおでこから髪を生やす・増やそうとするのであれば、クリニックでの治療や植毛を検討してください。

育毛剤などのセルフケアでは、おでこを今以上に広くしない予防はできても、狭くすることは難しいでしょう。

確実に毛を生やすことにアプローチしたいのであれば、発毛剤を使った対策を取るしかありません。

クリニックでは、自分の症状にあった治療を専門の医師の診察のもと行えますから、効果も期待できます。

まずは、薄毛専門の医師に自分のおでこの状態を相談してみましょう。今ではオンラインからでも無料相談できるクリニックもありますので、気楽に相談することから始めてみてくださいね。

\おでこを狭くしたい人へ/

※確実におでこをせまくしたい人だけが確認してください

 

タイトルとURLをコピーしました