ザラザラの髪の毛を抜くのは危険。将来ハゲる危険性あり

ザラザラの髪の毛を抜くと、どんな影響があるのかなどをまとめています。

ザラザラの髪の毛を抜くのはダメ

ザラザラした髪の毛を抜くのはいけません。髪を無理に抜くと毛穴が傷ついてしまいます。毛穴にダメージが起きると炎症を起こしたり薄毛の原因にもなります。

また、ザラザラした髪を抜くのがクセになってしまうと、次第に健康な髪まで抜いていく「抜毛症」になるおそれもあります。

抜毛症になると、抜いた部分が薄くなり、自分でハゲの状態を作り出すことになります。

ザラザラ髪の原因は複数ある

  • 遺伝
  • 老化
  • 髪や頭皮のダメージ

遺伝での原因の対処方法

ザラザラした髪や、チリチリした髪は、遺伝によって受け継いだもともとの髪質であることもあります。

遺伝の場合は「仕方がない・・・」と諦める人もいるのですが、美容室で相談してみてください。

縮毛矯正や、サロン独自のヘアケア方法など、あなたにあったケアを提示してくれます。

老化が原因での対処方法

年齢を重ねるにつれ髪質にも変化がおきてきます。

肌にシミやシワができたりするのと同じで、髪も老化の影響がでて、髪のパサツキや、うねり、ザラザラ感などがでてきます。

老化は仕方のないことですが、頭皮マッサージや保湿をして頭皮環境の改善をしていきましょう。

髪や頭皮のダメージが原因での対処方法

頭皮の汚れを落としきれずに毛穴が詰まったり、パーマやヘアカラーの影響、アイロンの熱の影響、紫外線からのダメージなど、
多くの影響で髪や頭皮にダメージを負った結果、髪がザラザラに変化することもあります。

ダメージが原因でザラザラの髪になっているのなら、シャンプーやトリートメントを変更したり、ドライヤーを使うときにヘアオイルを使うなどしていきましょう。

特に頭皮の保湿が大事です。頭皮の乾燥はあらゆるトラブルの原因となりますから、しっかりと保湿ローションなどで保湿してきましょう。

癖になると健康な髪まで抜くようになる

そのままザラザラの毛を抜き続けると・・・

  • ザラザラの髪を抜くことがクセになり抜毛症になる
  • 抜いたことで毛穴にダメージを負い薄毛の原因になる
  • 抜いたところだけがハゲの状態となり見た目の印象が悪くなる

ザラザラした髪の毛を無理に抜くと毛穴にダメージを負います。炎症の原因となったり、毛が生えてこなくなったりすることも。

ザラザラした髪どころか、髪の毛事態が生えてこなくなることもあり得ます。

また、今はザラザラした髪しか抜いていないかもしれませんが、髪を抜くことがクセになると健康的な毛まで抜いていくこともあります。

いわゆる「抜毛症」です。抜毛症になると、毎日髪を抜いていってしまいます。

自分で薄毛の状態を作りだす結果になるので、クセになる前に意識して髪にを抜くのを止めていきましょう。

頭皮環境が改善され生えてくる髪もキレイになる

ザラザラした髪を抜くのを止めると得られる未来

  • 毛穴のダメージもなくなり健康的な髪が生えてくる
  • 不自然な薄毛の状態がなくなり好きなヘアスタイルを楽しめる
  • 自分に自信を取り戻しプライベートも充実する

頭皮のケアをしてもザラザラ毛は生えてくることもある

ケアをすることのデメリットもあります

  • ザラザラした髪が絶対に生えてこなくなるわけではない
  • 髪を抜くクセは自分ではなかなか治せない

絶対にザラザラした髪は生えてこなくなる?

髪を抜くことをやめたとしても、ザラザラした毛が生えてこなくなるわけではありません。

ですが、頭皮ケアや髪のケアを行うと、今よりもザラザラした髪の毛は生えづらくなります。

クセは自分で治せる?

確かに髪を抜く癖は自分の意識だけでは、なかなか治せません。抜毛症はストレスなど心理的影響が大きいので、自分だけの力では限界があります。

どうしても直したいのなら精神科やカウンセリングを受けるのを検討しましょう。なかなかハードルが高いかもしれませんが、今の状態が続くよりはましになるはずです。

髪の毛だけでなく頭皮全体をケアできる

頭皮環境をケアすることのメリット

  • 自宅で誰にもバレずにケアできる
  • コスパ良く手軽にケアを開始できる
  • ザラザラした髪だけでなく総合的なケアにつながる

保湿ローションや育毛剤などを使ってのケアになりますから、誰にもバレずに自宅で対策ができます。

また、保湿ローションなどはドラッグストアなどで手軽に購入でき、値段も安価です。まずは手軽にケアを始めるにはスタートしやすいのもメリットです。

さらに、頭皮を保湿することはザラザラした毛だけでなく、将来の抜け毛の予防や、髪を丈夫に育てることにもつながり、総合的な髪への対策ができます。

ザラザラした髪の毛を抜いたらダメ!頭皮を保湿するのが大事

ザラザラした髪の毛を抜いてはいけません。まだ抜けるはずではない髪の毛をムリヤリ抜くと、毛穴にダメージを負い、最悪の場合、髪が二度と生えてこなくなることもあります。

また、髪の毛を抜くことが癖になってしまうと、自分で癖を治すのは難しくなり、自分でハゲの状態を作り出すことになります。

髪のダメージからザラザラ毛になっているのなら、保湿ローションや、育毛剤などで頭皮ケアを始めましょう。

保湿ローションなら薬局でも買えますし、思い切って育毛剤を使うのなら女性ならベルタのような有名商品も多いです。

ザラザラ毛が気になったのならヘアケアを開始しましょう。

タイトルとURLをコピーしました