AGAは急激に進行するもの?一気にハゲた場合の対処方法

AGA(男性型脱毛症)が急激に進行する可能性や、対策方法などを解説しています。

AGAが急激に進行しない理由

AGAはゆっくりと進行する脱毛症ですので、1週間や1ヶ月など短期間で一気にハゲることは基本ありません。

AGAの症状により、ヘアサイクルの成長期、つまり髪が太く長く成長する期間が短くなる結果、髪が成長する前に抜け落ちてしまうことで、だんだんと薄毛が広まっていきます。

AGAの症状だけで考えると、急激にハゲ進行するとは考えにくいです。

若いほど進行するスピードが早い

AGAは思春期以降の男性であれば、誰でも発症する可能性のある脱毛症ですが、進行するスピードは年代によって違います。

若いうちからAGAを発症した方が進行のスピードは早い傾向が見られます。

10~20代でAGAを発症すると進行のスピードも早いですが、治療効果が現れやすい年代でもあります。

よって、若い年代ほど薄毛の傾向を感じたのなら、早期に対策を行うことがハゲないためには重要です。

一気にハゲる最悪のパターンもある

AGAと他の原因が併発していると、一気にハゲることもあります。

人は年齢を重ねるごとに髪が細くなりますが、加えてAGAを発症すると、加齢とAGAの両方が原因で髪が細くなっていきます。

また、ストレス・ダイエット・睡眠不足・喫煙など、薄毛になる原因とAGAの発症が併発していてば、進行速度も早くなってしまいます。

AGA以外の原因の改善も行っていかなければ、ますます薄毛は進行していしまいます。

AGAが急激に進行したと感じる3つの原因

  • AGA以外の可能性
  • ストレスの可能性
  • 勘違いの可能性

AGAが急激に進行したと感じる原因は主に3つあります。

1.AGA以外の可能性

AGAの進行速度には個人差があれど、基本は少しづつ進行していくことが多く急激にハゲるのは珍しいです。急激にハゲたとなると、AGA以外が原因であるとも考えられます。

円形脱毛症などの場合は一気に髪の毛が抜けることもありますので、抜け毛の量が尋常でないのならすぐに病院を受診しましょう。

2.ストレスの可能性

ストレスが原因でハゲる場合、AGAより進行が早いことが多いです。

急激なストレス・慢性的なストレスに晒されると、ホルモンバランスや自律神経の乱れに繋がり薄毛になっていきます。

また、ストレスにより不眠に陥りやすい点・急激な抜け毛が新たなストレスになる点などから、ますますストレスが増えさらに抜け毛が誘発されてしまいます。

3.勘違いの可能性

AGAの進行はゆっくり進むことが多いため、少しづつの変化には気が付きにくいです。

家族や同僚に薄毛を指摘された、鏡を見て頭皮の透け具合が気になったなどのきっかけで自分がハゲかけていることに気づき「急激にハゲた」と勘違いすることも多いです。

自分で薄毛に気がついた時点で、以前から症状が進行していた可能性が高いです。

自分がAGAを発症しているのかを知ることが重要

セルフケアでの対策を取るにしろ、AGAの治療を開始するにせよまず大事なことは自分がAGAを発症しているのかの正確な判断です。

AGAであればセルフケアで対策を行っていると症状の改善は難しく、むしろハゲが進行してしまう恐れもあります。

自分にあった対策を行うためにも、まずは自分がAGAを発症しているのかを判断していきましょう。

自己確認での判断基準

自分でAGAを発症しているのかを判断するのは、正直なところ難しいと言えます。あくまでも目安的な判断方法として自己確認を行ってみてください。

抜け毛の状態から確認

抜け毛の状態が、細くて短いものが多ければAGAを発症している可能性があります。AGAの症状により髪が成長できずに細くなったまま抜け落ちているためです。

毛根の形もチェック

抜けた毛の毛根の形がマッチ棒のように丸くなく、細い・いびつであればAGAの可能性があります。毛根に異常があると、髪に栄養を十分に運べず、髪が細くなり抜け落ちやすくなります。

髪質の変化

昔に比べて、髪質が細く柔らかくなった・ハリやコシがなくなってきているのなら要注意です。髪質が変わったために、ヘアセットしづらくなった・髪型が崩れやすくキープできなくなります。

正確に判断する方法

  • 抜け毛の状態が細くて短い
  • 髪質が細く柔らかくなってきた
  • 急激にハゲてきたと感じている

という男性の方であれば、すでにAGA(男性型脱毛症)を発症している可能性がありますので、早期のうちに薄毛専門のクリニックでAGA発症の有無を判断していきましょう。

AGA発症には明確な基準がないため、自己確認で少しでも薄毛の傾向を感じたのならば、最終的な判断は薄毛専門のクリニックでしてもらってください。

早期のうちにAGAの確認をしておくメリットとしては、

  • 専門のクリニックで正確な診断をしてもらえる
  • 早期に対策を開始するほど効果も発揮されやすい
  • 医学的根拠のある治療を受けられる

などがあります。

AGAは進行性の脱毛症のため、セルフケアなどの対策ではハゲの症状は改善できず、最悪の場合は治療の効果も見込めなくなるほどハゲてしまいます。

ですので、あなたが

  • 最近一気にハゲたように思う
  • 髪のボリュームも少なくなった
  • でも、ハゲたくない

と悩んでいるのであれば、ハゲを進行させないためにも早々に薄毛対策に動きだしていきましょう。

まずは薄毛専門のクリニックの医師に、自分の髪の状態を確認することから始めていきましょう。

最終判断は自己確認では危険です

※ハゲの傾向がない人は確認する必要はありません

 

薄毛が一気に進行したときの対策

まずは生活習慣の見直し

偏った食生活、慢性的な睡眠不足・ストレスなどの生活習慣も薄毛の原因となりますので、まずは生活面の見直しを行っていきましょう。

生活面の改善を行なわないと、例えAGAの治療やセルフケアの対策を行っても根本的な原因が残ったままとなるため、薄毛対策の効果も薄くなってしまいます。

脂っこいものを控える・最低6時間は就寝する・ストレス発散の方法を見つけるなど、自分ができる範囲からでも生活面の見直しを行っていきましょう。

AGAでない場合はセルフケア

まだAGAを発症していないのであれば、セルフケアでの薄毛対策を行い勝利ハゲることへの予防を行ってください。

例えば、シャンプーをアミノ酸系のシャンプーに変更する・育毛剤を使用して髪を育てていくなどの方法があります。

髪に優しく洗浄でき、かつ育毛に特化したシャンプーに変更するだけでも、頭皮環境の改善に繋がります。

髪を育てるには、まず土台である頭皮を健康にしなくてはいけません。頭皮環境を整えつつ、加えて育毛剤を使用することでより効果も発揮されやすくなります。

AGAを発症している場合は治療を開始

AGAをすでに発症しているのであれば、治療を開始しないと症状は進行していきます。育毛剤などのセルフケアでは進行の速度を遅くすることはできても、症状の改善はできません。

AGA専門のクリニックで医師からの診断のもと、自分の症状に合わせた治療を行えますので、セルフケアよりも効果は高いです。

急激にAGAが進行したときに放置しては危険

AGAの特性から考えても急激に進行することは考えにくいです。急激に進行する場合は、AGA以外の可能性・ストレスでの抜け毛・他原因とAGAの併発などが考えられます。

ですが、実際に多いのは、すでに薄毛が進行していたのに今まで気がついていなかったパターンです。

以前よりAGAを発症していることに気が付かず、何かがキッカケで自分の薄毛に気が付き「急激にハゲた!」と思い込んでいる人も多いです。

自分の薄毛に気がついたのなら、早めに薄げ対策に動き出さなければ、ますますハゲが進行してしまいます。

対策としては、育毛剤などのセルフケアを行うか、病院での治療を行う方法があります。どちらの方法が最適かは、AGAを発症しているのかどうかで決まります。

ですので、まずは自分がAGAを発症しているのかを正確に判断していきましょう。少しでも薄毛の傾向を感じたのなら、専門の医師からの診断を受け正確に判断してもらってください。

自分のハゲ方の進行速度が早いと感じているのなら、今から対策に動き出していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました