おでこはげはどれくらい?どこからかがハゲなのかの判断基準

おでこはげはどれくらいの状況でハゲと言えるのか、またおでこはげになりやすい人の原因や対策などを解説しています。

おでこはげはどれくらいで判断するのかの基準

どれくらいの状態であれば、おでこはげであるかの基準は明確にはありません。

広さだけで言えば、眉毛の上から生え際まで6センチ以上ある人は日本人の平均よりも広いおでこです。

また、年齢を重ねるにつれ、おでこが少しずつ広くなっている人も、おでこはげになっているとも考えられます。

おでこはげと広いだけの人の違い

同じおでこの広さであっても、ハゲでおでこが広い人とハゲでない人がいます。

もともとの広さと変わらないのらハゲでない

生まれつきおでこが広く、ずっとおでこの広さが変わらない人は、例えどれだけおでこが大きくともハゲではありません。

ハゲであるかそうでないかの違いは、もともとのおでこよりも広くなっているのかどうかが判断基準の一つです。

生え際の髪が細ければハゲの可能性

他の部分よりも、生え際の髪の状態が細くて柔らかくなっている人は、おでこはげの可能性が高いです。

ハゲの症状により、髪が太く成長できずに細くなっていると考えられます。

髪が成長できずに刺激に弱い髪となるため、簡単に毛が抜け落ちおでこはげの状態になっていきます。

おでこはげが始まりそうな人の原因と対策

  • 生活環境が乱れている人
  • 髪質が細く柔らかく変化した人
  • 年齢が20代以降の男性
  • AGA(男性型脱毛症)を発症している人

生活環境が乱れている人

食生活の乱れ・睡眠不足・ストレスなど生活環境が乱れている人は、おでこはげになりやすいです。

特に睡眠不足である人、慢性的にストレスがある人は、ハゲが進行しやすいといえます。

髪の成長ホルモンは就寝中に分泌されますので、睡眠不足が続くと髪の成長に悪影響がでます。

成長ホルモンは就寝後6時間は分泌されると言われていますので、最低でも6時間の睡眠は確保するようにしましょう。

また、ストレスに晒されると自律神経が乱れ頭皮の血行が悪くなり、髪にも栄養が十分に行き渡らなくなります。

完全にストレスをなくすことは難しいですが、少しでも自分をリフレッシュできる方法を見つけてストレス発散を行いましょう。

好きな音楽を聞く、映画を見る、軽い運動をするなどの方法があります。

生活環境を改善していかないと、いつまでもハゲの原因を残したままになりますので、まずは出来る範囲の改善から始めていきましょう・

髪質が細く柔らかく変化した人

思春期以降に、髪質が細く柔らかく変化した人はおでこはげになる可能性があります。

髪が細くなる原因は複数ありますが、髪が栄養不足であるために成長できずにいる状態です。

髪が栄養不足になる理由は、ダイエットでの栄養不足や、加齢によるもの、AGAなどの脱毛症の発症などがあります。

どの原因であったとしても、髪質が細く柔らかく変化したのであれば、おでこはげになる可能性はあります。

加齢によることが原因であれば、シャンプーの変更や育毛剤の使用などのセルフケアを行っていきましょう。

髪を育てる頭皮環境を改善し、髪を育てて守っていく対策が大事です。

年齢が20代以降の男性

どれくらいの年齢からおでこはげが始まるかは個人差がありますが、思春期が終われば誰でもおでこはげになる可能性はあります。

さらに、髪質が細くなる年代が男性であれば20代から始まりますので、20代以降であればおでこのはげになることは誰でもあります。

AGA(男性型脱毛症)を発症している人

  • おでこが広くなってきたと感じている
  • 生え際の髪が細くなっている
  • おでこが後退してきた

という男性の方であれば、すでにAGAを発症している可能性があるため、早期にうちに薄毛専門のクリニックでAGA発症の判断をおこないましょう。

AGAは生え際、つまりおでこにハゲの症状がでやすい特徴があるためです。

AGAの発症の有無をを早期のうちに行うメリットとしては

  • おでこはげは早期に対策をするほど回復が期待できる
  • 症状が進むほどに回復が困難になる
  • 自分のおでこの症状にあわせた医学的根拠のある治療ができる

などがあります。

育毛剤などのセルフケアでは、すでに広くなったおでこを発毛により狭くすることはできませんが、AGA治療では発毛効果のある治療が可能です。

ですので、あなたが

  • おでこが後退してきてハゲないか不安
  • 昔よりも明らかにおでこが広くっている
  • でも、ハゲたくない

と悩んでいるのなら、放置していてもおでこの後退は止められず、むしろ広くなる可能性が高いですので、早々にAGAの発症の有無を判断していきましょう。

AGAであるかどうかに明確な基準はありませんので、正確に判断するためにも最終判断は薄毛専門の医師から判断してもらってください。

今ではオンラインからでも診察が可能なクリニックもありますので、まずは気楽に自分のおでこの状態を相談することから始めていきましょう。

AGAが原因ならばセルフケアでは改善はできません

※おでこの広さが気にならない人は相談する必要はありません

 

おでこはげはどれくらいでいうかの目安のまとめ

おでこはげの状態がどれくらいで判断できるのかに明確な基準はありません。

目安としては、以前のおでこよりも広くなった、生え際の髪の状態が細くて柔らかいなどがあります。

特に以前よりもおでこが、少しずつでも広くなっているのであれば、おでこはげになっている可能性が高いです。

おでこはげが加齢によるもの、生活習慣の乱れからくるものであれば、セルフケアの対策を行っていきましょう。

AGAが原因であるのなら、専門のクリニックで治療を開始していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました