禿げる人のおでこの特徴と共通点!広さだけで判断しない

禿げる人のおでこの特徴や、はげを進行させないための対策などについて解説しています。

禿げる人のおでこの2つの特徴

  1. おでこの広さ
  2. 生え際の髪の細さ

1.おでこの広さ

日本人のおでこの平均の広さは6センチです。おでこが禿げている人は、6センチ以上の広さがある人が多いです。

ですが、生まれつきおでこが広い人もいますので、あくまでも目安の広さとして考えてください。

おでこの広さでハゲかどうか確認する方法は下記の記事もご参考になさってください。

おでこが広い。指4本も入るのはさすがにハゲの証拠?!
おでこに指4本入るとハゲなのかについて解説しています。おでこが広くてハゲの兆候があったときの対策も知っておきましょう。

2.生え際の髪の細さ

おでこはげの人は、生え際の髪が他の場所の髪と比べて、細くて柔らかい特徴があります。

生え際の髪が細くなったため、前髪がセットしにくくなった、髪型がキープできないなどの特徴もでてきます。

おでこはげかのチェック方法

おでこはげの特徴に該当したら、自分が本当におでこはげになっているのかを確認していきましょう。

おでこはげの傾向があれば、早期に薄毛対策に動きだして行きましょう。

以前と比べてのおでこの広さ

以前と比べて生え際が後退しているのか、おでこが広くなっているのかを確認してください。

生まれつきおでこが広い人もいますので、広さだけではハゲかどうかは判断できません。

ポイントは以前と比べておでこが広くなっていないかです。

以前よりも生え際が後退したことで、おでこが広くなっているのであればハゲの可能性があります。

生え際の髪質の変化

生え際の髪質が、細くて柔らかく変化していないかチェックしましょう。

以前と同じ方法でヘアセットしているのに、髪型をキープできなくなった、ヘアセットに時間がかかるようになっているのであれば、髪質が変化していると考えられます。

また、髪が細くなったことで、前髪がスカスカになり頭皮が透けて見えるようになった場合もハゲの可能性があります。

抜け毛の状態

シャンプー時などに抜ける毛の状態が、細くて短い毛が多いのであれば、ハゲが進行している可能性があります。

ハゲの症状により髪が細くなり、長く成長できず短いまま抜けていると考えられます。

おでこから禿げる原因

生活習慣の乱れ

生活環境が乱れていると薄毛の原因にもなります。例えば、食生活の乱れ・睡眠不足・ストレスなどがあります。

脂っこい食事が多い・外食が多いと皮脂が過剰に分泌されやすく、毛穴詰まりの原因となります。

髪の成長ホルモンは就寝中に分泌されますので、睡眠不足が続くと髪の成長に悪影響がでます。

ストレスに晒されると自律神経が乱れ頭皮の血行が悪くなり、髪にも栄養が十分に行き渡らなくなります。

髪には直接影響はないと思われがちな生活環境ですが、実は薄毛の原因となっています。

年齢によるもの

歳を重ねるどとに髪は細くなっていきます。

歳で毛細血管が老化することで、健康な状態に保つための栄養が十分に届かなくなることで髪の毛が栄養不足となり、細くなります。

また加齢に伴いヘアサイクルが乱れがちになることで、髪の成長期間が短くなることも原因です。

男性であれば20代をピークに徐々に髪が細くなり、女性であれば30代後半から髪が細くなります。

男性の方が髪が細くなる年齢が早いため、薄毛対策も若いうちから開始しなければいけません。

AGA(男性型脱毛症)の発症

AGA(男性型脱毛症)を発症すると、髪は細くなり抜け毛が増えハゲが進行していきます。

AGAの場合、前髪部分に症状が出やすい特徴ありますので、前髪が薄くなってきたと感じているのならAGAの発症も疑われます。

AGAであった場合は、セルフケアでの改善は難しく、症状の改善のためにはクリックなどで治療を行なわないといけません。

ハゲを進行させない対策

食事・睡眠・ストレス発散

まずは食生活や睡眠時間、喫煙、ストレスなどを見直して改善から開始しましょう。

育毛剤などで薄毛対策をしたとしても、生活面の改善ができていないと原因部分が残ったままとなるため、薄毛も改善されません。

脂っこい食事を控える、最低6時間は睡眠時間を確保する、ストレス発散こ心がけるなど、全ての生活面を改善させることは難しいですが、できる点からでも始めていってください。

セルフケアで髪を維持する

今以上におでこを広くせずハゲを防止するために、頭皮環境を改善しないといけません。

生活面の改善ができても、髪が育つ土台がないと髪は十分に育たたないからです。

頭皮マッサージをして頭皮の血行を改善する、シャンプーを変更して髪が育ちやすい環境作りをする、育毛剤を使用してハゲ予防を行うなどのセルフケアを行っていきましょう。

AGAならば早めに治療

AGAは進行性の脱毛症ですので、セルフケアなど対策では症状を抑えることはできても改善はできず、治療を開始しないとおでこはげの症状は進行していきます。

AGAの治療には個人の症状に合わせた薬を用いますので、薄毛対策としての効果も高いです。

まずはAGAの発症を判断する

AGAの治療を開始する前に、自分がAGAを発症しているのかを判断していきましょう。

ただし、AGAの発症には明確な基準がないため自己判断は難しいのが現状です。

正確に判断するには薄毛専門の医師から診断を受けることが最も確実であり正確です。

AGAでなければセルフケアで薄毛対策を行い、AGAであれば治療を開始していきましょう。

まずは薄毛専門のクリニックの医師に、自分の髪の状態を相談してみてください。

\引っ張るだけで髪の毛が抜ける人へ/

※まずは自分がAGAであるかを知るのが大事です

 

禿げる人のおでこに該当するなら早期に対策

禿げる人のおでこの特徴としては、

  • 以前よりもおでこが広くなった
  • 生え際の毛は細くて柔らかい

があります。

禿げる人のおでこに該当したのなら、将来おでこはげになる可能性があります。

おでこにハゲの症状がでやすい特徴がAGAにはありますので、すでにAGAの発症も疑われます。

まずは生活習慣を見直し、シャンプーの変更などのセルフケアで、今以上におでこはげが進まないように対策を開始しましょう。

すでにハゲの傾向があるのなら、AGAクリニックで専門の医師から発症の有無を判断してもらってください。

禿げる人のおでこに該当しているのに、何も対策をしないでいてもおでこは狭くなったりはせず、むしろおでこは広くなっていくなだけです。

将来ハゲたくないのであれば、今の段階から薄毛対策に動き出して行きましょう。

タイトルとURLをコピーしました