つむじはげの初期の段階での見分け方と基準を知らいと対策できない

【PR】【CLINIC FORの情報提供元:CLINIC FOR】

つむじはげの初期の段階での見分け方や症状、対策方法について解説しています。

つむじはげ初期の基準

  • 以前よりつむじが大きくなった
  • つむじの渦の巻きが弱くなったor巻かなくなった
  • つむじ周辺の髪が細くなった

医学的な基準はない

実はつむじはげには医学的な明確な基準はありません。

生まれつきのつむじの大きさや、髪質には個人で違うため「つむじが何センチ以上でハゲ」とは決められないためです。

明確な基準はありませんが、目安としての基準としては

  • 以前よりつむじが大きくなった
  • つむじの渦の巻きが弱くなったor巻かなくなった
  • つむじ周辺の髪が細くなった

などがあります。上記にあてはまるのならば、つむじはげを発症している可能性がありますので、より的確に判断したいのであれば、薄毛専門の医師から診断を受けるのが確実です。

他人からの基準

自分ではなく他人から見て「どこからがつむじはげに見えるか?」と問われると、

  • 頭皮が透けて見える

などが見られると「つむじはげ」と判断されていることが多いです。

他の髪の部分よりも明らかにつむじの頭皮が目立っていると、他人からも「ハゲ」と認識されていると言っていいでしょう。

つむじは自分よりも他人からの方が目立つ部位ですから、自分が思っているよりも他の人から目立ってしまいます。

初期のつむじはげの見分け方

  • 頭皮の乾燥orベタつき
  • 頭皮が透けて見える
  • 頭皮の色が赤っぽい
  • ヘアスタイルが維持できないorしにくい

つむじはげの初期の段階で自分で感じやすい症状が上記になります。

頭皮の乾燥orベタつき

つむじ周辺の頭皮が乾燥していないか、もしくはベタベタしていないかを確認してください。

乾燥とベタつきは全く逆の症状と思われがちですが、実はそうではありません。

頭皮がベタつく原因は乾燥にあります。頭皮が乾燥すると、乾燥から頭皮を守ろうと過剰に皮脂を分泌してしまいます。

頭皮が乾燥していても、ベタついていても、どちらの場合であってもつむじはげの原因となっています。

頭皮が透けて見える

髪を濡らした状態・光にあたった状態で、つむじ周辺の頭皮が透けて見えるのであれば、つむじはげの可能性もあります。

特に以前は同じ状況で頭皮が透けて見えなかったのに、最近になって透けるようになったのなら要注意です。

つむじはげの症状により、髪が細くなった結果であると考えられます。

頭皮の色が赤っぽい

つむじ周辺の正常な頭皮の色は白っぽい色をしていますが、色が赤っぽい色をしていると頭皮にトラブルが起きている可能性があります。

日焼け・乾燥・頭皮の炎症などが考えられ、どの原因であっても薄毛を誘発してしまいます。

頭皮によって髪に栄養が運ばれますので、トラブルがあると髪が細くなりつむじはげの原因となります。

ヘアスタイルが維持できないorしにくくなった

朝にヘアスタイルがバッチリ決めても、昼には崩れてしまうなど、ヘアスタイルがキープできなくなったのなら、つむじはげの可能性があります。

特にトップのボリュームが出しにくくなったのであれば、つむじ周辺の髪が細くなったためと考えられます。

細く柔らかくなった髪はコシもなくなるため、ヘアスタイルができにくくなる・髪型をキープできなくなりやすいです。

つむじはげになる原因

生活面の乱れ

睡眠不足や偏った食事が続くと、髪の栄養不足に繋がり薄毛の原因となります。

つむじはげの初期段階であれば、生活面が原因で髪が細くなっていることも多いです。

髪には直接影響はないと思われがちな生活環境ですが、実は薄毛のきっかけとなっています。

加齢によるもの

歳を重ねるごとに髪は細くなっていきます。男性であれば20代をピークに徐々に髪が細くなり、女性であれば30代後半から髪が細くなります。

髪は急激に細くなるわけでななく少しづつ細くなっていきますから、つむじはげの初期段階としては、つむじ周辺の髪が細くなることがあげられます。

男性の方が髪が細くなる年齢が早いため、つむじはげ対策も若いうちから開始しなければいけません。

AGA(男性型脱毛症)の発症

AGA(男性型脱毛症)を発症すると、髪は細くなり抜け毛が増えつむじはげも進行していきます。

AGAの場合、つむじ周辺に症状が出やすい特徴ありますので、つむじが薄くなってきたと感じているのならAGAの発症も疑われます。

AGAであった場合は、セルフケアでの改善は難しく、症状の改善のためにはクリックなどで治療を行なわないといけません。

つむじはげが初期う段階での対策

生活面の見直し

つむじはげを進行させないためにも、まずは生活面の見直しからスタートさせていきましょう。

育毛剤などで薄毛対策をしたとしても、生活面の改善ができていないとつむじはげの原因部分が残ったままとなるため、薄毛も改善されません。

食生活や睡眠時間、喫煙、ストレスなどを見直して改善していってください。全ての生活面を改善させることは難しいですが、できる点からでも始めていきましょう。

セルフケアでつむじを育てる

生活面の改善ができても、髪が育つ土台がないと髪は十分に育たたないため、セルフケアで頭皮環境を改善していきましょう。

頭皮マッサージを行い頭皮の血行を良くしていく・シャンプーを変更して頭皮を清潔にする・育毛剤を使って髪を育てていくなどのセルフケアを行ってケアしていきましょう。

AGAならば治療を開始

  • つむじ周辺の頭皮が透けて目立つ
  • 以前よりつむじが大きくなった
  • つむじの髪が細くて柔らかい

という方であれば、AGAはつむじ周辺に症状がでやすい特徴があるため、すでにAGA(男性型脱毛症)を発症している可能性があります。

つむじ周辺にハゲの症状があるのなら、早期のうちに薄毛専門のクリニックでAGA発症の有無を判断していきましょう。

早期のうちにAGAの確認をしておくメリットとしては、

  • 早期に対策を開始するほど効果も発揮されやすい
  • 医学的根拠のある治療を受けられる
  • 自分のつむじの症状に合わせたAGA治療ができる

などがあります。

またAGAは進行性の脱毛症のため、セルフケアなどの対策ではハゲの症状は改善できず、最悪の場合は治療の効果も見込めなくなるほどハゲてしまいます。

ですので、あなたが

  • つむじが薄くなってハゲそうで不安
  • つむじ周りの毛がスカスカ
  • でも、ハゲたくない

と悩んでいるのであれば、つむじはげを進行させないためにも早々に薄毛対策に動きだしていきましょう。

まずは気楽に自分のつむじの状態を、薄毛専門のクリニックの医師に相談することから始めていきましょう。

AGAが原因ならばセルフケアでは改善はできません

※つむじはげの傾向がない人は確認する必要はありません

 

つむじはげの初期の症状が見られた即対応

つむじはげの初期の段階に起こりやすい症状としては、

  • 頭皮の乾燥orベタつき
  • 頭皮が透けて見える
  • 頭皮の色が赤っぽい
  • ヘアスタイルが維持できないorしにくい

などがあります。初期症状から、つむじはげが進行すると、つむじが大きくなる・渦が巻かなくなるなども見られます。

初期段階での傾向を感じたのなら、早期につむじはげ対策に乗り出してください。

つむじは自分よりも他人から目立つハゲですので、放置していると自分では気が付かずにハゲが進行していく危険性も高いです。

他人からつむじはげを指摘される前に、できるつむじはげ対策から行っていきましょう。