頭皮のべたつきが急に気になりだしたときの原因と対策、放置すると薄毛が進む

頭皮のべたつきが急におきた場合の原因や対処法を解説しています。

頭皮のべたつきが急におきた場合の原因

  • ストレスの蓄積
  • 偏った食事
  • 脂漏性皮膚炎の発症

シャンプーの変更

急に頭皮のべたつきが気になりだしたのなら、まずはシャンプーが原因ではないか考えてみましょう。

べたつきが気になりだした時期にシャンプーを変更していたとしたら、シャンプーが原因と考えられます。

洗浄力の高すぎるシャンプー、シリコンや油分が使用されているシャンプーを使用していると、頭皮がべたつきやすい傾向があります。

ストレスの蓄積

慢性的にストレスを感じていると、自立神経が乱れることで頭皮が血行不良となります。

血行不良が進むと頭皮が乾燥し、乾燥から頭皮を守るために皮脂を過剰に分泌されるため頭皮のべたつきの原因となっています。

偏った食事

脂っこい食事、外食やファーストフード、コンビニのお弁当、ケーキなどの甘いお菓子など脂質の多い食事よく食べている人は髪がべたつきやすいです。

脂質の多い食事は、頭皮の皮脂の分泌も増えるためです。

脂漏性皮膚炎の発症

頭皮の色が赤っぽい、ニキビがある、フケがでるなどの症状があれば、脂漏性皮膚炎の可能性があります。

脂漏性皮膚炎を発症していると、髪を洗ってもすぐに髪がべたついてきます。

髪のべたつきがあり、すでにハゲの症状がある男性の方は、AGA(男性型脱毛症)の併発も考えられますので、早期のうちに薄毛専門のクリニックでAGAが発症の判断をしていきましょう。

頭皮のべたつきもあり、薄毛も気になっている男性の方は下記の記事もご参考になさってください。

髪の毛が油っぽい男の対策。洗ってもベタつく原因
髪の毛が油っぽい男の原因や、起こる症状、対策方法などを解説しています。

頭皮がべたつくときの対策

  • 食事内容の見直し
  • シャンプーの変更
  • 1日の汚れを落としてから寝る

食事内容の見直し

脂質の多い食事を控え、亜鉛やミネラル、ビタミンを多く含んだ食事を心がけていきましょう。

朝来はんを食べない、夜遅くに食事をしない、間食を控えるなど、食事時間にも気を配っていきましょう。

シャンプーの変更

ノンシリコンのシャンプーや、油分が少ない・使用されていないシャンプー、しっとり系よりもサッパリ系のシャンプーを使用しましょう。

また、頭皮に優しく洗浄できるアミノ酸系のシャンプーもおすすめです。

頭皮環境を乾燥から守りつつも、しっかりと汚れを落としてくれますので、頭皮のべたつきが気になっている人にはぴったりのシャンプーです。

1日の汚れを落としてから寝る

髪や頭皮についた汚れは、キレイに洗ってから寝るようにしましょう。

髪の成長ホルモンは寝ているときに分泌されますので、頭皮が汚れたままでは髪に十分に栄養補給ができません。

特に汗をかいた日、ヘアワックスなどを使用した日などは、かならずシャンプーをしてから寝てください。

ただし、シャンプーのしすぎにも注意が必要です。

汚れが気になるからといって、1日に何度もシャンプーをしすぎると、頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまいます。

不足した皮脂を補おうと、過剰に皮脂が分泌されますので、洗いすぎないようしてください。

基本的には1日に1回のシャンプーで髪の汚れは十分に落とせます。

頭皮のべたつきが急に起こったときのまとめ

今まで頭皮がべたつきていなかったのに、急に気になりだした時は、まずはシャンプーを疑ってください。

べたつく直前でシャンプーを変更しているとしたら、シャンプーが原因である可能性が高いです。

頭皮に優しく洗浄できるタイプのシャンプー、ノンシリコン、油分を使用していないシャンプーに変更して様子を見てみましょう。

その他の原因としては、慢性的なストレス、偏った食事、脂漏性皮膚炎の発症などが考えられます。

何が原因であれ頭皮のべたつ気を放置していると、薄毛へと進行していきますので、早期に対策に動き出していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました