光にあたると髪がスカスカなのはハゲかけてる証拠?判断するチェックポイント

光にあたると髪と髪の隙間に、光が差し込むためスカスカの状態に見えやすくなります。多くの場合はハゲの心配はする必要はありませんが、薄毛になっている可能性もあります。

太陽光以外の光でもスカスカになるか、髪を散髪した直後ではないか、以前は気にならなかったのに頭皮が目立つようになったのかなどをチェックしてください。

弱めの光でも同じように頭皮が目立つ、前よりも光で頭皮が見えるようなっているのなら薄毛の傾向があると言えますので、早期に対策に動き出さなければいけません。薄毛対策をするメリットとしては、

  • 髪を太く丈夫に育てるので光でスカスカにならない
  • 抜け毛を予防し光が入り込めない髪の量をキープする
  • 早期に対策を開始するほど効果が発揮ができる

などがあります。ですから、

  • 光でスカスカになってハゲて見えるのがイヤ
  • このままハゲていくのじゃないかと不安

と悩んでいるのなら、早期に薄毛対策を開始しましょう。スカスカになっていると気がついた時点で、対策をしないと光がない状態でもスカスカになることもありますので、薄毛回復に努めてくださいね。

\光で髪がスカスカになる人へ/

※スカスカの頭皮から脱却しないとハゲるだけです

 

光にあたると髪がスカスカなのはハゲなのかチェック

  1. 髪を短く散髪した直後でないか
  2. 太陽光以外の光でもスカスカになるか
  3. 以前よりも光でスカスカ具合が上がったか

光で髪がスカスカに見えるのは、ハゲなのかハゲじゃないのかをチェックするポイントは3つあります。

髪を短く散髪した直後なら問題ない

髪を短く散髪した直後では、髪に光が入り込みやすくなりますので頭皮が目立ちやすくなります。また、髪型次第でも光の入り込み具合が変わってきます。

髪が伸びても光でスカスカ状態になっていたり、髪型を変えてもスカスカになるのであれば薄毛の可能性があります。

太陽光以外の光でもスカスカになったらヤバイ

光に当たって頭皮が目立つ理由は、髪と髪の間に光が入り込むためです。特に太陽光などの強い光だと髪の奥にまで光が届くため、より頭皮がスカスカになって見えます。

太陽光などの強い光ではない場合、例えば蛍光灯や曇り空の光であっても、頭皮がスカスカに目立っていないかの確認をしてください。弱い光であってもスカスカになるのは、髪が細く光が入り込みやすいためと考えられ、薄毛になっている可能性があります。

以前よりも光で頭皮が目立ってるのなら注意

昔は光にあたってもスカスカにはならなかったのに、最近になって気になりだしたのなら、薄毛が以前よりも進行している可能性があります。

昔は髪も太く光が奥まで差し込まなかったけれど、髪が細くなり本数が減った結果、頭皮まで光が届くようになったと考えられます。光を遮断するカーテンから、レースのカーテンのように髪質が変わったと考えてください。

光で頭皮がスカスカになっていることに気がついた時点で、ハゲになっている可能性も否定できません。

光にあたらなくても頭皮が透けていく可能性も・・・

  • 光に当たらなくても常に髪がスカスカになってしまう
  • 髪が細くなり常に「ハゲ」の状態に見えてしまう
  • 髪が濡れると、さらに頭皮が目立つのでプールにも海にも行けない

光でスカスカになっている状態を放置すると髪が細くなっていき、いずれは光があたってなくとも頭皮が透けて見える状態になっていきます。

髪が濡れると細さのため、さらにスカスカ状態になるため、プールや海、温泉を心から楽しむことはできません。強い太陽光の下でのキャンプなんて、もってのほか。頭の透け具合が気になり付き合いを断っていくと、友達や彼女から「付き合いの悪いやつ」と疎遠になっていく可能性もあります。

髪がスカスカに透ける理由

  • 髪を短くカットした
  • 薄毛の症状から髪が細くなった

髪を短くカットした直後から、頭皮の透け具合が気になったのならハゲの心配をする必要はありません。髪が伸びれば、また頭皮は目立たなくなっていくことがほとんどです。

薄毛の症状から髪が細くなった

髪が細くなると、光が髪の奥にまで届くようになり頭皮が透けやすくなりますから、スカスカに透ける状態=髪が細いと言えます。

髪が細くなる理由は、加齢によるものやAGAの発症、ストレス、食生活などの生活習慣の乱れなど多くの原因がありますが、いずれの原因にしろ薄毛の傾向があると考えられます。

薄毛は進行性のものが多いため、髪が細くなる原因の対策をしないとますます髪が細くなりますので、髪を太く育てていかなければいけません。

髪を太くする対策方法は2つ

髪の毛を太くする方法は、主に病院での治療とセルフケアでの対策があります。

病院での治療なら効果も高い

髪が細くなっている理由がAGAの発症であれば、病院での治療はかなり効果が見込めます。保険適用外となるため金銭的負担や、定期的な通院の負担はありますが、自分の症状に合わせた治療が可能ですので効果も期待できます。

特にすでにハゲてしまっている人には病院での治療を検討してください。現在では、オンラインで診察できる病院もありますから時間がない人でも昔よりも治療のハードルは下がっています。

セルフケアでの対策なら負担が少ない

髪の透け具合が気になりだした初期段階であれば、セルフケアで髪を太く育てていきましょう。食事内容の見直しや睡眠時間の確保などの生活面の見直しをしつつ、ヘアケアアイテムを使って効率的に薄毛対策を行うのがおすすめです。

シャンプーを育毛系に変更する

髪を太く育てるために、アミノ酸系や育毛系のシャンプーに変更することも有効な対策の一つです。

なぜなら、土台である頭皮環境が健康でなければ、髪も太く育てることができません。一般的に売られているシャンプーでは洗浄力が高すぎるタイプも多く、頭皮が乾燥しやすいです。

また、しっかりと汚れを落としきれないことも薄毛の原因ともなります。しっかりと汚れを落とせ、さらに育毛成分が配合されているシャンプーならば、髪を太くする対策としては最適と言えます。

育毛剤で髪を強く育てていく

育毛剤には、髪を丈夫に育てていく効果がありますから、髪を太く育てることにも繋がります。生活面の改善やシャンプーの変更などだけでは、髪を太くするにも時間がかかってしまいます。

薄毛の進行スピードを考えると少しでも早く効果を出すべきですので、髪を育てる手助けを育毛剤から得ていきましょう。

光で髪がスカスカになったサインを見逃すと将来後悔することに

以前は気にならなかったのに、最近になって光があたるとスカスカになったのなら薄毛の傾向があると言えます。昔は光が入り込めないほどの髪の太さや量があったのに、ハゲの症状から髪が細く量も減ったためです。

髪は細くなると刺激に弱くなり簡単に抜けやすくなりますので、髪を太く育てていかないとやがてはハゲていってしまいます。

光にあたって髪が透けて見える状態ならば、まだ薄毛の初期段階である人がほとんどです。「光のせいだから大丈夫」とサインを見逃さないで、今の時点から薄毛対策を開始しましょう。

生活習慣の改善をしつつ、育毛系のシャンプーに変更して髪が育ちやすい頭皮環境に改善をしていきましょう。

少しでも早く髪を太くしたいのなら、育毛剤を使うのがおすすめです。髪を育てる育毛成分が配合されていますから、髪を太く育てる手助けをしてくれます。

まだ育てる髪が残っているうちに、育毛剤で髪を育てていってくださいね。

\光で髪がスカスカになる人へ/

※まだ育てる毛が残っている今ならまだ間に合います

 

タイトルとURLをコピーしました