前髪からはげの前兆の症状を感じたら即対策を開始!今ならまだ間に合う

  • 前髪の毛が細い
  • 生え際の頭皮が透けて見える
  • 生え際からハゲてきている

という前髪からハゲの前兆がある方は、すでにAGA(男性型脱毛症)を発症している可能性がありますので、早期のうちに薄毛専門のクリニックでAGA発症の判断していきましょう。

AGAは生え際からハゲの症状がでやすい傾向があり、かつ進行性の脱毛症ですので対策を開始しないと症状は進行してしまいます。

早期のうちにAGAの確認をしておくメリットとしては、

  • 早期に対策を開始するほど効果も発揮されやすい
  • 医学的根拠のある治療を受けられる
  • 生え際の後退を防ぐAGA治療ができる

などがあります。

まずは薄毛専門のクリニックの医師に自分の生え際の状態を相談することから始めましょう。

ですので、あなたが

  • 生え際からハゲの前兆を感じている
  • おでこが広くなってきた
  • でも、ハゲたくない

と悩んでいるのであれば、生え際の後退を防ぐためにも早々に薄毛対策に動きだしていきましょう。

AGAであった場合、前髪からはげになる・M字はげやおでこが後退していくパターンが多く見られますので、早期に薄毛対策を開始してください。

\前髪からはげの前兆を感じている人へ/

※まずは自分がAGAであるかの判断が大事です

 

前髪からのはげの5つの前兆を知っておこう

  1. 前髪の毛が細い
  2. 前髪から頭皮が透ける
  3. 生え際が後退してきている
  4. 前髪がよく抜ける
  5. ヘアセットがしづらくなった

1.前髪の毛が他と比べて細い

前髪の毛の太さが他の場所の毛と比べて細い場合は、前髪から薄毛になっている可能性があります。

ヘアサイクルに異常が生じている、髪に必要な栄養が行き渡っていないなどの理由から、髪が成長できていないと考えられます。

2.前髪から頭皮が透けてスカスカになっている

前髪から頭皮が透けて見えているのであれば、髪が細くなったため前髪がスカスカになり地肌が見えてきたためと考えられます。

ハゲには髪が細くなる症状があり、以前は頭皮が透けていなかったのに最近になり前髪から透けるようになったのであれば要注意です。

3.生え際が後退してきている

生え際が以前よりも後退してきているのであれば、前髪が抜けたためと考えられます。以前よりも、おでこが広くなったのであれば薄毛になっている可能性があります。

4.前髪がよく抜ける

前髪で他の部位よりも抜け毛が多いと感じている場合は、ハゲの中でもM字ハゲになっている可能性があります。

前髪の抜け毛の状態が細くて短い毛であれば、毛が成長できないまま抜けていると考えられます。

5.ヘアセットがしづらくなった

前髪が細くて毛量もなくなるとヘアセットがしにくくなります。さらに、少しの風でも前髪が崩れることが多くなり、髪型もキープしづらくなります。

ワックスやヘアスプレーで髪を固める・髪型を変更するなどの対処方法がありますが、根本的な薄毛対策ができていないと状況は変わりません。

前髪からM字ハゲになる原因

髪はいきなり抜けるのではなく、髪が細くなり刺激に弱くなることで抜けやすくなるため抜け毛が増えていきます。

前髪がハゲてきた場合も、髪が細くなっている可能性が高いです。

髪が細くなる原因は、生活習慣の乱れ・ストレス・過激なダイエット・加齢・AGA(男性型脱毛症)の発症など様々あります。

生活面の乱れ

食事面、睡眠、ストレスなどの生活環境が乱れていると、髪が栄養不足に陥るため前髪からハゲる原因ともなります。

特に、髪の成長ホルモンは就寝中に分泌されますので、睡眠不足が続くと髪の成長を妨げてしまします。

また、ストレスに晒されると自律神経が乱れ頭皮の血行が悪くなり、髪にも栄養が十分に行き渡らなくなります。

ストレスから睡眠不足に陥ると、さらに髪は細くなっていくという負のループに陥りやすいです。

髪には直接影響はないと思われがちな生活環境ですが、実は薄毛の原因となっています。

加齢によるもの

歳を重ねるごとに髪は細くなっていきます。細い髪は簡単刺激でも抜けやすくなるため、年齢が上がるにつれハゲやすくなっていきます。

男性であれば20代をピークに徐々に髪が細くなり、女性であれば30代後半から髪が細くなります。

男性の方が髪が細くなる年齢が早いため、薄毛対策も若いうちから開始しなければいけません。

AGA(男性型脱毛症)の発症

AGA(男性型脱毛症)の症状がでやすい場所として、生え際やつむじ周辺があります。

前髪の髪が細くなってきた・生え際が後退してきたのならば、AGAの発症が薄毛の原因とも考えられます。

AGAは進行性の脱毛症ですので、セルフケアでの改善は難しく、放置しているとますます生え際は後退してしまいます。

前髪をハゲさせない対策方法

  • 外的要因を改善
  • 薄毛の原因となる生活面の見直し
  • AGAならば治療を開始

外的要因を改善

使用しているシャンプーをアミノ酸系のシャンプーに変更することも薄毛対策に繋がります。

というのも、刺激の強いシャンプーを使用していると少なからず髪に影響があるためです。

洗浄力の強いタイプだと頭皮を乾燥させてしまい抜け毛の要因となります。逆に洗浄力が弱いと毛穴に汚れが詰まり、髪に栄養をうまく運べなくなり薄毛の原因ともなります。

頭皮に少なく、それでいてしっかりと汚れを落とせるタイプのシャンプーに変更していきましょう。薄毛対策としてなら、アミノ酸系の育毛シャンプーがおすすめです。

ワックスやスプレーの使い方にも注意

前髪が薄くなると髪型をキープしようとワックスなどと使いがちですが、使用する際は頭皮に直接付かないように注意してください。

頭皮がワックスなどで蓋をされてしまい毛穴詰まりとなります。また、ワックスなどを使った日はシャンプーなどでしっかりと落とすしてください。

髪や頭皮にワックスなどが付着したままでは、髪には不健康です。

薄毛の原因となる生活面の見直し

脂っこい食事内容など偏った食生活・慢性的な睡眠不足・喫煙などは、髪の栄養不足を招く要因です。髪が栄養不足に陥ると前髪も細くなりスカスカ状態になりがちです。

バランスの取れた食事・最低6時間の睡眠時間の確保・禁煙などの生活面の見直しをしていきましょう。

ハゲの原因となっている生活面の見直しを行なわいと、前髪のハゲの進行は改善されず、いずれはM字ハゲにもなりかねません。

AGAならば治療を開始

  • 以前より生え際が後退してきた
  • 前髪がスカスカで頭皮が目立つ
  • 生え際の髪が細い

という方であれば、すでにAGA(男性型脱毛症)を発症している可能性がありますので、早期のうちに薄毛専門のクリニックでAGA発症の有無を判断していきましょう。

進行性の脱毛症のため、セルフケアなどの対策ではハゲの症状は改善できず、最悪の場合は治療の効果も見込めなくなるほどハゲてしまいます。

早期のうちにAGAの対策を行うメリットとしては、

  • 早期に対策を開始するほど効果も発揮されやすい
  • 医学的根拠のある治療を受けられる
  • 自分の生え際の症状に合わせたAGA治療ができる

などがあります。

AGAは生え際にハゲの症状がでやすい特徴がありますので、あなたが

  • 生え際からハゲそうで不安
  • おでこが広くなってきた
  • でも、ハゲたくない

と悩んでいるのであれば、生え際を今以上に後退させないためにも早々に薄毛対策に動きだしていきましょう。

まずは薄毛専門のクリニックの医師に、自分の生え際の状態を相談することから始めていきましょう。

AGAが原因ならばセルフケアでは改善はできません

※ハゲの傾向がない人は確認する必要はありません

 

前髪からのはげの前兆のサインを見逃さないこと

前髪からわかるはげの前兆としては、

  • 前髪の毛が細い
  • 前髪から頭皮が透ける
  • 生え際が後退してきている
  • 前髪がよく抜ける
  • ヘアセットがしづらくなった

などがあります。上記の前兆に1つでもあてはまるのであれば、早期に薄毛対策を開始しましょう。前髪からはげの前兆を感じ始めている現段階であれば、まだ薄毛の初期段階であると言えます。

特にAGAを発症が原因で前髪がハゲているであれば、早期での対策がハゲかたにも差を出すことになります。AGAは進行性ですので、放置していも生え際が後退していくだけです。

AGAであるかは薄毛専門の医師から判断してもらい、AGAであればそのまま治療を開始し、AGAでなければセルフケアなどで薄毛対策を行いましょう。

前髪はげの前兆を感じているのならば、できる対策から始めていってください。

タイトルとURLをコピーしました