将来禿げないために今から行動!ハゲたくないと思ってる時点で遅いかも

【PR】【CLINIC FORの情報提供元:CLINIC FOR】

将来禿げないための方法について解説しています。

将来禿げないための方法

将来禿げないためには、頭皮環境を整えることが第一です。

頭皮環境を整えるために、生活習慣の改善や睡眠時間の確保、適度な運動、セルフケアなどから始めていきましょう。

すでに禿げの傾向があれば、クリニックでの治療も禿げないための方法です。

食事内容

脂っこい食事や外食、ファーストフードなどは皮脂を過剰に分泌させてしまいます。

皮脂が多くあると、毛穴が詰まり髪に栄養を充分に運べなくなり薄毛の原因となります。

髪の成長に良いとされる、亜鉛、タンパク質、ビタミンなどが含まれた食事内容を心がけましょう。

食事で補えない栄養は、サプリで補うのも一つの手です。

髪に良いとされる食事内容としては、納豆は、亜鉛・タンパク質が豊富に含まれているため、薄毛予防にはおすすめのメニューです。

納豆を食べ過ぎると禿げるとの話もありますが、事実ではありません。

納豆と薄毛の関係性については、下記の記事もご参考なさってください。

納豆で「はげる」のは本当?嘘?納豆だけが原因で薄毛になることはない
納豆を食べると「はげる」との噂について解説しています。はげると言われている理由を知れば安心して納豆を食べられますよ。

睡眠時間と良質な睡眠

髪の成長ホルモンは寝てから6時間は分泌されますので、最低でも6時間は睡眠時間を確保しましょう。

睡眠時間を確保しつつ、質の良い睡眠が取れるように心がけてください。

寝る直前までスマホを触らない、寝る間に食事をしないなど、リラックスした状態で睡眠に入れるようにしていきましょう。

適度な運動

適度な運動は、ストレス発散にもつながるだけでなく、頭皮の血行も良くなるため薄毛予防に最適です。

全く運動をしてこなかった人は、軽いウォーキングや通勤で階段を使用する、一駅分を歩くなどから始めてみましょう。

禁煙をする

タバコを吸うと、血管が収縮されるため頭皮の血行も悪くなります。

また、タバコを吸うとビタミンを消費するため、髪の成長のために必要な栄養が不足してしまいます。

さらに、タバコを吸うと男性ホルモンが増加するとの研究結果もあることから、タバコを吸うことが禿げの原因となってしまいます。

将来禿げたくないのであれば禁煙をしていきましょう。

ストレスを溜め込まない

ストレスがたまると自律神経が乱れることで、頭皮に血行も悪くなります。また、ストレスを感じている人は不眠にも陥りやすくなります。

すべてのストレスを解消するのは難しいですが、自分なりのストレス発散方法を見つけておきましょう。

好きな音楽を聞く、映画を見るなど、ストレスだけを溜め込まないようにしていきましょう。

正しいヘアケア

将来禿げないためにも、早い段階で正しいヘアケアを行っていきましょう。

頭皮マッサージ

頭皮が凝り固まっていると、血行も悪い状態が続きますので頭皮マッサージを行い、凝りをほぐし血行を良くしていきましょう。

ただし、ゴシゴシと強く刺激しすぎると、頭皮を痛めてしまい、逆に薄毛の原因となるので注意しましょう。

正しい頭皮マッサージの方法は下記の動画もご参考になさってください。

シャンプーの見直し

一般的なシャンプーを使用しているのなら、アミノ酸系のシャンプーへの変更がおすすめです。

頭皮を作るタンパク質の成分と同じであるアミノ酸でシャンプーすることで、頭皮に負担なく汚れや皮脂を落とすことができます。

薄毛がきになるのであれば、アミノ酸系の育毛シャンプーを選んでいきましょう。

育毛剤の使用

育毛剤は禿げてから使用するのではなく、禿げる前から使用することでハゲ予防ができます。

ハゲる前の段階で、育毛剤でケアすることで、髪を育てることで抜けにくい髪になり、将来のハゲ予防になります。

育毛剤には発毛効果はありませんので、ハゲてから育毛剤を使用しても意味がありません。

薄毛予防として育毛剤を使用するのなら、育毛に特化した育毛剤を使用していきましょう。

AGA(男性型脱毛症)の確認は早めに行う

AGAは進行性の脱毛症ですので、治療を開始しないと薄毛の症状は進行していきます。

ですので、将来ハゲたくないのであれば、AGAの発症は早めの段階で正しく判断しなくてはいけません。

まずはAGAの発症を判断する

生え際やつむじ周辺からハゲの症状が出やすい、抜け毛の状態が細くて短い毛が多い、髪質が細く柔らかく変化するなどの特徴がAGAにはあります。

ですので、少しでもハゲの傾向を感じれば、早期にうちからAGA発症の判断を行っていきましょう。

ただし、AGAの発症には明確な基準がないため自己判断は難しいのが現状です。正確に判断するには、薄毛専門の医師から診断を受けることが最も確実であり正確です。

AGAでなければセルフケアで薄毛対策を行い、AGAであれば治療を開始していきましょう。

まずは薄毛専門のクリニックの医師に、自分の髪の状態を相談してみてください。

将来禿げないためにも先手で対策を開始

将来禿げないために必要なことは、禿げる前から予防なりの対策を行うことです。

禿げてから慌てて対策を開始しても、ハゲの症状が改善するのは難しく、また時間もかかってしまいます。

まずは意識せずとも継続ができるシャンプーの変更や、食事内容の見直し、軽い運動などできる範囲から行っていきましょう。