シャンプーを2回するとはげるの真相。キレイにして薄毛になったら意味がない

シャンプー2回するとはげるのかどうかについて解説しています。

シャンプーは2回するとはげる

シャンプーをしすぎると、はげの原因ともなります。場合にもよりますが、1日に2回もシャンプーをするのは洗いすぎです。

基本シャンプーの回数は、1日1回で十分です。

洗いすぎるとはげる原因にもなる

  • 頭皮が乾燥する
  • 髪のベタつきの原因になる

シャンプーによって皮脂を取りすぎると、頭皮が乾燥します。乾燥した頭皮は血行が悪くなるため、髪に十分に栄養を運べなくなります。

髪は栄養不足なり、毛が細くなり簡単に抜けやすくなるため薄毛が進行します。

また頭皮の乾燥が進むと、頭皮は乾燥から守ろうと皮脂を過剰に分泌させます。

皮脂が多く分泌されると髪がベタベタし、必要以上に髪を洗うことでさらに頭皮が乾燥し皮脂が増え、髪がベタベタしてしまう悪循環に陥ります。

「朝シャンをしないと昼には髪がベタベタする」という人は、実はシャンプーのしすぎで髪がベタついている可能性が高いです。

皮脂が多く分泌されると、毛穴を防いでしまい髪に必要な栄養を届けられず薄毛の原因になってしまいます。

朝と夜なら「夜」にシャンプーするのが髪にはいい

夜にシャンプーするのが髪にとっては良い影響がでます。髪の成長ホルモンは夜の午後10時から午前2時に多く分泌されます。

成長ホルモンが活発に分泌される夜に、シャンプーによって清潔な頭皮の状態にしていると髪の毛も育ちやすいです。逆に髪、特に毛穴が汚れたままでは、髪の成長を妨げてしまいます。

なお、朝にシャンプーを行うデメリットについては下記の記事もご参考になさってください。

朝シャンやめたら髪が増えたの真相。薄毛が止まるのか進むのかの正解
朝シャンをやめたら髪が増えたとの真相について解説しています。髪がベタベタするときの対応策なども紹介しています。

1度のシャンプーで2回洗うはあり

1日2回のシャンプーは洗いすぎですが、1度のシャンプーで2度洗うことは、髪や汚れの状態・使っているシャンプーの種類によってはありです。

また、髪を固めるスプレーの使用・オイルを使用したスタイリング剤の使用などがある場合も2度洗いをしていきましょう。

ただし、洗浄力の強すぎるシャンプーで2度洗うと頭皮の乾燥をまねきますので、髪や頭皮に優しく洗浄できるタイプのシャンプーを使ってください。

また、汚れを落とそうと髪や頭皮をゴシゴシと力強く洗う行為も、髪や頭皮を傷つけることになりますのでNGです。

シャンプーの回数が実ははげの原因になっていた

  • 髪に必要な皮脂まで洗い流している
  • 洗いすぎにより逆に皮脂の分泌を増やしている

髪のためを思ってシャンプーを必要以上に行うと上記のようなことが起こります。

髪に必要な皮脂まで洗い流している

皮脂はハゲの原因にもなりますが、髪にとっては必要なものでもあります。皮脂があることで、頭皮を紫外線や刺激から守ることで髪をも守っています。

シャンプーをすると汚れと一緒に頭皮も洗い流しますので、1日に2回も洗うと、頭皮に必要な皮脂まで過剰に洗い流しています。

皮脂が再び分泌されるまでには時間もかかりますので、洗いすぎると皮脂の分泌が常に少ない状態になります。

外部からのバリア機能が失われた状態の時間が長くなるため、髪が抜けやすくハゲの原因となってしまいます。

洗いすぎにより逆に皮脂の分泌を増やしている

髪がベタベタすることを防ぐために1日に何度もシャンプーをしているとしたら、実は逆に皮脂の分泌量を増やす行為となっています。

頭皮に必要な皮脂が失われると、頭皮を守ろうと必要量以上の皮脂が分泌されます。「髪を洗っているのに、すぐにベタベタする」という人は、シャンプーのしすぎが疑われます。

皮脂が必要以上に分泌されると、毛穴詰まりや雑菌の増殖などが起こりハゲの原因ともなりますので、適切なシャンプーの回数に戻さなければいけません。

朝にシャンプーをしても髪がベタつく人はすでにハゲの可能性あり

  • 髪がベタベタしている
  • 抜け毛の状態が細くて短い
  • 髪質が細くて短くなった

という男性の方であれば、すでにAGA(男性型脱毛症)を発症している可能性があります。

シャンプーの回数のせいで髪がベタついていると勘違いしたままだとハゲの症状が進み、気がついたときには治療でも改善ができないほどハゲてしまっていた、ということもありえます。

すでに薄毛の傾向を感じているのなら、早々に薄毛専門のクリニックでAGA発症の有無を判断してもらいましょう。

早期のうちにAGAの確認をしておくメリットとしては、

  • 早期に対策を開始するほど効果も発揮されやすい
  • 医学的根拠のある治療を受けられる
  • 自分の症状に合わせたAGA治療ができる

などがあります。

ですので、あなたが

  • シャンプーを2回しても髪がベタつく
  • 頭皮が透けてハゲに見える
  • でも、ハゲたくない

と悩んでいるのであれは、薄毛を進行させないための対策に動きだしていきましょう。

AGAが原因ならばセルフケアでは改善はできません

※ハゲの傾向がない人は確認する必要はありません

 

適切な回数のシャンプーに変更して育毛していこう

1日に2回もシャンプーをするのは洗いすぎです。

洗いすぎると頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまいます。すると頭皮は乾燥し、乾燥から守るために過剰に皮脂が分泌されてしまいます。

皮脂が常に詰まった状態では髪に栄養を届けにくくなり、髪が育たず抜け毛の原因になります。つまり、シャンプーのしずぎではげることもあるということです。

髪のベタベタが気になるからといって、シャンプーをしすぎていると、いつまでもベタつきは改善されません。それどころか、自分でハゲる原因を作っています。

まずはシャンプーを1日1回、できれば夜に洗うようにしていきましょう。

プラスで薄毛対策も開始する

はげることが気になるのなら、プラスで育毛剤を取り入れるのもおすすめです。

頭皮環境を整え髪を育てるのが育毛剤の効果ですので、シャンプーのしすぎで乱れてしまった頭皮環境を整えてくれます。

シャンプーの回数を減らすなどの対策を行ったのに、髪がベタつくのであれば、すでにハゲを発症している可能性もあります。

特に男性であればAGAの発症も疑われますので、自分の髪の状態からハゲの傾向を感じているのであれば、AGAの発症の有無を確認していきましょう。

AGAでなければ、シャンプーの回数を減らす、育毛剤を使用するなどのセルフケアで対策を続け、AGAであればクリニックなどで治療を開始してください。

タイトルとURLをコピーしました