朝シャンやめたら髪が増えたの真相。薄毛が止まるのか進むのかの正解

朝シャンをやめたら髪が増えたの噂の真相や、薄毛への影響はどうなのかについて解説しています。

朝シャンをやめたら髪が増えたの真実の理由

「朝シャンをやめたら髪が増えた」の真相は事実です。

朝シャンをやめたら薄毛が止まるのか?進むのか?と聞かれれば「止まります」との答えになります。

もちろん、100%絶対にそうだとは言いきれませんが、一般的には朝シャンは薄毛への影響を考えれば悪影響です。

ですので、朝シャンをやめたら薄毛の原因がなくなるため髪が増えるのです。

朝シャンは薄毛にはメリットよりもデメリットが大きい

朝シャンのメリットは、

  • シャンプーによるサッパリとした爽快感
  • 寝癖が取れる
  • 臭いの除去

などがあります。

逆にデメリットは、

  • 必要な皮脂まで落とす
  • 頭皮の毛穴が詰まる
  • 不十分な乾かしで髪に雑菌が繁殖しやすい

などがあります。

以上のことからメリットよりもデメリットが大きいです。

夜洗わずに朝シャンだけでは薄毛の原因となる

夜にシャンプーをせずに朝シャンだけだと、頭皮に汚れが残ったままとなり毛穴が詰まりやすくなります。夜の間も汗や皮脂が出て、さらに毛穴を詰まらせてしまいます。

毛穴が詰まると髪に必要な栄養を十分に届けられません。成長ホルモンは夜に多く分泌されますから、夜に頭皮をキレイな状態でいることが髪の成長にとっては重要です。

髪に栄養が行き渡らないと、髪が細くなり抜け毛が増える原因となり、結果薄毛へと繋がっていきます。

夜も朝もシャンプーをするのはNG行為

夜もシャンプーをしたのに、朝シャンもするのは洗いすぎです。必要な皮脂まで落としすぎてしまい頭皮の乾燥につながります。

皮脂は、紫外線やホコリなどの外部からの刺激から頭皮を守ってくれる大事な存在です。

夜のうちに新しい皮脂がでてきて翌日の刺激から守ってくれます。大事な皮脂を朝シャンで落としてしまうと、紫外線などからダメージを受けると薄毛にとっても悪影響がおきます。

なお皮脂が大事だとは言いましたが、古くなった皮脂は洗い流さないと髪に悪影響がでてきます。だからこそ、夜にシャンプーで1日の汚れてしまった皮脂を落として日に備えるのが大事です。

なお1日2回シャンプーを行うと薄毛の原因にもなる詳しい理由については、下記の記事を参考になさってください。

シャンプーを2回するとはげるの真相。キレイにして薄毛になったら意味がない
シャンプーを1日に2回も行うとはげる原因にもなることについて解説しています。適切なシャンプーの回数で洗っていくことがハゲ対策になります。

朝シャンをしないとベタベタするのは危険信号

朝シャンをやめたいけどやめられない理由として「朝に洗わないとベタベタする」という人がいます。

夜洗っても、朝起きた時点でベタベタ、お昼にはベタベタするので、仕方なしに朝シャンをしている人も多いです。

実は、ベタベタの原因は朝シャンにあります。特に夜もシャンプーをして朝シャンもしていると頭皮の皮脂を取りすぎてしまい、なくなった皮脂を戻そうと必要以上に皮脂を分泌します。

ベタベタをなくしたいから朝シャンをしているのに、実は朝シャンが原因でベタベタになる悪循環に陥っている可能性が高いです。

長年朝シャンをしている人は、朝シャンを止めてもすぐにはベタつきが取れず、頭皮の環境が正常に戻るまでは時間もかかります。

髪のベタベタをなんとかしたいのなら、髪のベタつきをガマンしてでも朝シャンを控えないと、いつまでもベタついたままとなります。

シャンプーを使わずに湯シャンだけにする

どうしても朝シャンを行いたいときや湯シャンで洗いましょう。朝はシャンプーを使わずにお湯だけでサッと洗い流す方法だと、皮脂はシャンプーほど落ちません。

湯シャンのあとは、トリートメントをして髪と頭皮を保湿しておきましょう。ただし、湯シャンはシャンプーを使わないので、爽快感は少なく物足りなさを感じやすいです。

朝シャンを続けると薄毛にもなる

髪のベタつきを防ぎたいと朝シャンを続けていると頭皮の乾燥がますます進み、薄毛の原因となります。頭皮が乾燥し血行が悪くなると、髪に十分な栄養を運べなくなります。

髪が栄養不足になると、髪が細くなり簡単に抜け落ちる弱い毛になり、薄毛が進行してしまいます。髪がベタベタしており、すでに薄毛の傾向を感じているのであれば、早々に対策を開始しないといけません。

朝シャンをしないと、朝から髪がベタベタしてしまうかもしれませんが、頭皮の乾燥が収まるとベタつきもなくなります。

長年朝シャンをしている人ほど、頭皮環境が整うまでには時間もかかりますので、ガマン強くケアをしなくていけません。

男ならAGA(男性型脱毛症)にも注意が必要

  • 髪がベタベタしている
  • 頭皮が透けてハゲにみえる
  • 抜け毛の状態が細くて短い

という男性の方であれば、すでにAGAを発症している可能性がありますので、早期のうちに薄毛専門のクリニックでAGA発症の有無を判断していきましょう。

AGAは進行性の脱毛症のため、朝シャンを止める・シャンプーを変更するなどの対策ではハゲの症状は改善できず、最悪の場合は治療の効果も見込めなくなるほどハゲてしまいます。

早期のうちにAGAの確認をしておくメリットとしては、

  • 早期に対策を開始するほど効果も発揮されやすい
  • 医学的根拠のある治療を受けられる
  • 自分の症状に合わせたAGA治療ができる

などがあります。

ですので、あなたが

  • 髪のベタつきに加えてハゲの傾向がある
  • 髪が細くなりハゲてきそうで不安
  • でも、ハゲたくない

と悩んでいるのであれば、ハゲを進行させないためにも早々に薄毛対策に動きだしていきましょう。

まずは薄毛専門のクリニックの医師に、自分の髪の状態を確認することから始めていきましょう。

AGAが原因ならばセルフケアでは改善はできません

※ハゲの傾向がない人は確認する必要はありません

 

朝シャンをやめた結果は髪には良い未来がある

  • 頭皮の臭いの改善
  • 髪のベタつきの改善
  • 抜け毛予防など薄毛対策になる

朝シャンをやめた結果は、当然個人差ありますが、髪にとってはメリットが大きいです。

頭皮の臭いも頭皮が改善されるとマシになる

夜にシャンプーをしたのに朝の時点で臭いが気になるのは、余分に皮脂がでているためと考えられます。

長年の朝シャンの影響で頭皮が乾燥し、過剰に皮脂が分泌されることが臭いの原因です。

朝シャンをやめると、じょじょに頭皮環境も改善されていきますから臭いもマシになります。

髪のベタつきがマシになる

意外かもしれませんが、髪のベタつきは頭皮の乾燥が原因です。髪がベタベタしているのに保湿すると、余計ベタつきが増しそうですが、ベタつきの改善には頭皮を保湿しなければいけません。

保湿ローションや育毛剤で、頭皮を保湿していきましょう。その際は髪に付けずに頭皮に付けることがポイントです。

髪に付けると皮脂と保湿剤の両方でベタベタしてしまいます。保湿すべきは髪ではなく頭皮です。すでに薄毛が気になっているのなら、育毛剤での保湿がおすすめです。

抜け毛予防などの育毛に繋がる

朝シャンを行うことで頭皮が乾燥しているのなら、朝シャンをやめることで頭皮の乾燥が改善されると考えれます。

また、朝シャンは髪を十分に乾かしきれないことが多く半乾きの髪に雑菌が増殖しやすいです。

頭皮の乾燥と雑菌の増殖は薄毛の原因となりますので、朝シャンをやめると薄毛のリスクを減らせます。

今よりも頭皮環境が改善されると、髪も太く長く成長し、刺激にも強い髪となり抜け毛予防に繋がります。

薄毛を気にするのなら朝シャンはやめるべき

薄毛が気になるのに朝シャンを続けていてもメリットは少なく、むしろ薄毛の原因を自ら作っているようなものです。

「朝シャンをやめたら髪が増えた」というのは嘘ではありません。

夜も朝も洗髪すると皮脂の落としすぎになり薄毛の原因となります。夜にシャンプーをしないで朝シャンだけだとしても、汚れを残したままなり就寝することで髪の成長を妨げます。

薄毛を気にするのなら、まずは朝シャンで負ったダメージをケアしないといけません。朝シャンを止めるだけでも、少しずつですが頭皮のダメージは良くなっていきます。

ですが、臭いや髪のベタつきは朝シャンをやめたからといって、すぐには改善されずケアには根気も必要です。

ベタつきが気になるからといって朝シャンを続けると、薄毛の原因を作りだし、さらに薄毛の進行スピードを上げることになります。

特に男性であればAGAの発症も考えられますので、薄毛が気になっているのなら朝シャンの習慣を見直し、ハゲたくないのであれば薄毛専門のクリニックで髪の相談を行っていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました